スリーピング

比較【ナンガ】オーロラライトとUDDの違いを徹底解説|どちらにするか迷っている人へ|

こんにちは、opoです(opo_85)

ナンガの寝袋を購入しようと思っている人でUDDにするか、オーロラライトにするかで迷っていませんか?

opo

実際に私もどちらにするかでかなり迷いました

今回は私が3シーズン用の寝袋の購入をするにあたってUDDにするかオーロラライトにするかで比較・検討しました

  •  
  • UDDとオーロラライトで迷っている
  • 違いが知りたい
  • どちらがいいか知りたい
  • 比較一覧が見たい

選ぶにあたって実際に試してみたり、触ってみたりもしてみて、その違いを確かめてみたりした感想と、スペックの違いや比較一覧の解説です

あなたの寝袋選びの参考になれば嬉しいです

結論:選んだのはオーロラライト

私が比較・検討した結果、選んだのは

オーロラライトです

オーロラライトにした理由は後半で解説します

それではオーロラライトとUDDの違いや比較を詳しくみていきましょう

UDDとオーロラライトの三つの大きな違い

UDDとオーロラライトの違いは三つ

  1. 水濡れからダウンを守るための方法ダウンの品質(FP)の使っている生地

水濡れから守るための方法の違い 

UDDとオーロラライトの性能の違いは水濡れから守るための方法が違うことです

水濡れから守る、というのは雨だったり、身体からでる汗だったり、テント内の結露だったりです

直接雨に当たらなくても外気温とテント内の気温差が大きくなると結露が発生します

その結露が原因でダウンが濡れてしまうこともあるんです

ダウンは濡れてしまうと保温の効果が大きく下がってしまいます

それを防ぐためにダウンが濡れないようにするため対策が必要です

UDDはダウンそのものに撥水加工

UDDはダウンに超撥水加工がされています

DXの羽毛に超撥水加工を施した高品質で高機能なダウンで、フィルパワーは770FP。羽毛と撥水剤の樹脂を分子レベルで結合し、細かな粒子の壁を作ることで水の侵入を防ぐ。「湿気を通すが、水を吸わない」最適なダウンです。

引用:NANGA

ダウン自体に撥水加工をすることで水濡れ対策をしています

ダウンの弱点は水濡れ! 

これまで水濡れに強いとされて選ばれていたのは化繊ですが、UDDはダウンながら水濡れに強いので、弱点を克服しています

また軽く小さく暖かいのがいいところ

湿気を通しやすいのも特徴で、体から出る汗などの影響で寝袋内部に溜まる湿気も発散させてくれます

撥水加工はされていますが防水ではないので雨には注意

天候が悪い時にはカバーをかけるなどの対策は必要でしょう

オーロラライトは生地に防水加工

オーロラライトはUDDと違って生地の防水性を高めることで水濡れに対応しています

オーロラテックという生地を使っていて、

多孔質ポリウレタン防水コーティング加工を施したナイロン生地。防水性を高めると蒸気透湿性が低下するという問題を高レベルで解決した素材。2レイヤー地で20,000mm・透湿性6,000g/m2/24hrs、という高レベルの防水透湿性能を持っています。

引用:NANGA

防水性を高める分、寝袋内部の湿気は溜まりがちかと思われますが、透湿性もあるので、寝袋内部の湿気も発散してくれます

ですが、UDDと比べるとその通気性は劣ります

例えば、よく汗をかく人なんかは、発散が追いつかずに蒸れてしまい不快さを感じることもあるかもしれません

生地自体の防水性が高いので雨には強く、カバーもよほどのことがない限りは必要ないでしょう

フィルパワー(ダウンの品質)の違い

ダウンの品質は”FP(フィルパワー)”という単位で表示されます。

ダウンの測定基準で、「ダウンの強度」「その圧力に対する反発力」「かさ高さ」を数値で表したものです

数値が高いほど高品質と言われていて、詳しくは過去の記事で書いているのでもしよければ読んでみてください

UDDで使用されているダウンは770FP、オーロラライトは760FPです

若干UDDの方が高いFPのダウンになっています

肌触りの違い 

実際に触ってみると生地の違いがわかります

生地自体はUDDの方が柔らかくて触っていて気持ち良いです

オーロラライトはUDDと比べると若干ゴワゴワしていて硬さを感じますが、防水性の高い生地を使っているのが分かります

寝てみた感じ 

実際に寝てみた感じですが、生地が柔らかい分、UDDの方が気持ちが良いです

オーロラライトは肌ざわりがゴワゴワしていますが、寝てみると気になりませんでした

外側は防水性を高めるためにゴワゴワしていますが内側は柔らかいです

比較一覧

オーロラライト:スペック一覧  

モデル名快適温度下限温度収納サイズ(cm)重量(g)価格(税込)
LEVEL8-23オーロラ-13℃-23℃φ21 × 41cm約1,670g¥96,800
LEVEL8-13オーロラ-8℃-13℃φ17 × 31cm約1,260g¥82,500
オーロラライト900DX-10℃-19℃φ21 × 41cm約1,400g¥69,300
オーロラライト750DX-8℃-16℃φ19 × 31cm約1,280g¥63,800
オーロラライト600DX-4℃-11℃φ17 × 31cm約1,100g¥58,300
オーロラライト450DX0℃-5℃φ14 × 30cm約865g¥45,100
オーロラライト350DX5℃0℃φ13 × 25cm約730g¥38,500

LEVEL8シリーズからもオーロラライトがベースになっているモデルが2つあります

UDD BAG:スペック一覧 

モデル名快適温度下限温度収納サイズ(cm)重量(g)価格(税込)
-20 UDD BAG-11℃-20℃φ21 × 41cm約1,540g¥94,600
-10 UDD BAG-5℃-10℃φ17 × 31cm約1,140g¥80,300
UDD1000DX-9℃-16℃φ21 × 41cm約1,450g¥77,000
UDD810DX-7℃-13℃φ19 × 31cm約1,260g¥63,800
UDD630DX-5℃-10℃φ17 × 31cm約1,045g¥55,000
UDD450DX1℃-4℃φ14 × 30cm約825g¥44,000
UDD380DX3℃-2℃φ13 × 25cm約680g¥39,500
UDD280DX8℃4℃φ13 × 20cm約550g¥34,100
UDD180DX11℃7℃φ12 × 20cm約450g¥29,700
UDDキルト3505℃(想定)φ13 × 25cm約550g¥35,850

オーロラライトと同様にLEVEL8シリーズはUDDBAGがベースになっているモデルが2つあります

UDDBAGシリーズにはキルト型の寝袋もあり、キルト型は使用温度がナンガ独自の想定使用温度として設定されています

シリーズ別の比較 

UDDとオーロラライトをシリーズ別にまとめてみるとこんな感じです

オーロラライトUDD BAG
LEVEL8-23 オーロラライト
対応温度:-13℃ / -23℃
収納サイズ:φ21 × 41cm
重量:約1,670g
価格:¥96,800
LEVEL8-20 UDD
対応温度:-11℃ / -20℃
収納サイズ:φ21 × 41cm
重量:約1,540g
価格:¥94,600
LEVEL8-13 オーロラライト
対応温度:-8℃ / -13℃
収納サイズ:φ17 × 31cm
重量:約1,260g
価格:¥82,500
LEVEL8-10 UDD
対応温度:-5℃ / -10℃
収納サイズ:φ17 × 31cm
重量:約1,140g
価格:¥80,300
オーロラライト900DX
対応温度:-10℃ / -19℃
収納サイズ:φ21 × 41cm
重量:約1,400g
価格:¥69,300
UDD1000DX
対応温度:-9℃ / -16℃
収納サイズ:φ21 × 41cm
重量:約1,450g
価格:¥77,000
オーロラライト750DX
対応温度:-8℃ / -16℃
収納サイズ:φ19 × 31cm
重量:約1,200g
価格:¥63,800
UDD810DX
対応温度:-7℃ / -13℃
収納サイズ:φ19 × 31cm
重量:約1,260g
価格:¥63,800
オーロラライト600DX
対応温度:-4℃ / -11℃
収納サイズ:φ17 × 31cm
重量:約1,050g
価格:¥58,300 
UDD630DX
対応温度:-5℃ / -10℃
収納サイズ:φ17 × 31cm
重量:約1,045g
価格:¥55,000
オーロラライト450DX
対応温度:0℃ / -5℃
収納サイズ:φ14 × 30cm
重量:約865g
価格:¥45,100
UDD450DX
対応温度:1℃ / -4℃
収納サイズ:φ14 × 30cm 
重量:約825g
価格:¥44,000
オーロラライト350DX
対応温度:5℃ / 0℃
収納サイズ:φ13 × 25cm
重量:約750g
価格:¥38,500 
UDD380DX
対応温度:3℃ / -2℃
収納サイズ:φ13 × 25cm
重量:約680g
価格:¥39,050
 UDD280DX
対応温度:8℃ / 4℃
収納サイズ:φ13 × 20cm
重量:約550g
価格:¥34,100
 UDD180DX
対応温度:11℃ / 7℃
収納サイズ:φ12 × 20cm
重量:約450g
価格:¥29,700
UDD350 キルト
想定使用温度:5℃
収納サイズ:φ13 × 25cm
重量:約550g
価格:¥35,850
2022年3月調べ・価格は税込

比較してわかること 

  • 対応温度はオーロラライトの方がスペックが高い
  • 価格はだいたい同じだが、モデルによって例外あり
  • 重量はUDDの方が若干軽い(例外あり)
  • 収納サイズはほぼ同じ
  • UDDにはオーロラライトにない夏用モデルがある 

どちらもそんなに大きく違うところはなく若干の差です

それぞれのメリット・デメリットは以下のとおり

結局どちらにするか 

どちらもすごくいい寝袋であることは間違いありません

比較してみた結果どちらがいいとは断言はできませんでした

ですが、特徴に違いがあるので人によってどちらがいいか、というのはあります

UDDがいい理由
  • 通気性が高いので蒸れにくい
  • 汗をかく時期に通気性が高いのは効果大
  • 生地が柔らかくて肌さわりがいい
オーロラライトがいい理由
  • 悪天候でもカバーなしで平気
  • 通気性はUDDに劣るけど、蒸れを軽減してくれる
  • カバーを持っていく必要がないので持ち物が減らせる
  • UDDよりカラーバリエーションが多い

私はオーロラライトにしました

UDDではなくオーロラライトにした理由

先述しましたが、私が選んだのはオーロラライトです

比較して悩んだ結果、オーロラライトにしました

オーロラライトを選んだ理由は以下三つ

  1. 防水性が高い方が良かった
  2. 通気性はジッパーの開閉で調整
  3. 生地のゴワゴワは気にならなかった 

カバーのいらない防水性 

カバーをするのは面倒だし、できるだけ持ち物は減らしたいので防水性が高いのを重視しました

蒸れ対策はジッパーの開閉でできる 

通気性ではUDDには劣るオーロラライトですが、正直暑い時にはジッパーを開ければいいし、寝袋に入らずに掛け布団のようにすることで調節が可能なので通気性は重視しませんでした

ゴワゴワした生地は寝てみると気にならない 

UDDと比べるとゴワゴワ・ガサガサしてるんですけど、実際気になりませんでした

寝袋に入ってみた感じもまったく気になりませんでした

私がオーロラライト450DXを選んだ理由   

3シーズン用の寝袋を新調するにあたって私が最後まで悩んだのがオーロラライト350DXにするか450DXにするかでした

オーロラライト450DXにした理由
  • ほぼ4シーズン使える
  • 暑い時期は寝袋使わない
  • 「コンパクト」「軽さ」よりも「あたたかさ」重視
  • 今のバックパックなら450DXでも十分入る 
  • 価格
created by Rinker
¥45,100 (2023/01/29 14:22:23時点 Amazon調べ-詳細)

選んだ理由について詳しくはこちらからご覧ください

【ナンガ】オーロラライト450DXを選んだ「5つの理由」と「使っている感想をレビュー」

おすすめの寝袋 

さかいやスポーツ別注 

オーロラライトにしようと思っている人におすすめしたいのが「さかいやスポーツ」が別注で作っているオーロラライトシリーズです

創業70年を超える老舗アウトドア用品店が別注している寝袋で、価格がリーズナブルなのが魅力です

詳しくはこちらから

【さかいやスポーツ】別注|ナンガ・オーロラライトDX|違いは何?【オリジナルとの比較】

私がさかいやスポーツ別注のオーロラライトにしなかったのは

ロングサイズがないからでした

身長制限から私はロングサイズが適正だったために諦めるしかありませんでした

これから買う人には絶対おすすめできる寝袋です 

おわりに

いかがでしたでしょうか

UDDもオーロラライトも間違いなくすごくいい寝袋です

どちらを選んだとしても後悔することはないと思います

それぞれの特徴から自分にあった寝袋を選んてみてください

何かあなたの寝袋選びの参考になれば嬉しいです

最後まで読んでいただきありがとうございました

created by Rinker
¥45,100 (2023/01/29 14:22:23時点 Amazon調べ-詳細)
ABOUT ME
opo85
キャンプ、登山、釣り、ウインタースポーツなどアウトドアが大好きな30代。小さい頃から大好きだったキャンプを中心にアウトドアを楽しんでいます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA