寝袋(シュラフ) PR

ナンガ【オーロラライトとUDDBAG】どちらにするか迷っている人へ|徹底比較!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

こんにちは、opoです(opo_85)

ナンガの寝袋を購入しようと思った時、UDDBAGにするか、オーロラライトにするかで迷いませんか?

私自身もナンガの寝袋を購入する時、UDDBAGにするか、オーロラライトにするかですごく迷いました

  • UDDとオーロラライトで迷っている
  • 違いが知りたい
  • 比較一覧が見たい

この記事では、UDDBAGとオーロラライトそれぞれの特徴を解説しつつ、両者の違いやスペック比較をしていきます

実際に両方を触ってみたり、試してみて感じたことをお伝えします

あなたの寝袋選びの参考になれば嬉しいです

UDD BAGとオーロラライトのどちらにするか悩んだ結果、私が選んだのはオーロラライトです!

後半では私がオーロラライトにした理由もお伝えします!

UDD BAGの基本情報・特徴

UDD BAGシリーズはダウンそのものに撥水加工を施すことでダウンの弱点である水濡れを克服している寝袋です

高品質なスペイン産のダックダウンを使用し、撥水加工をした770FP(※)の強い反発力を持つダウンは素早く膨らみ、寒さから素早く身を守ることができます

生地は15D(※)のナイロンシレ加工が施された柔らかい質感の極薄の生地が使われています

UDD BAGの強み

  • 撥水加工で水濡れを克服
  • 生地にも撥水加工をすることで2重対策
  • 軽量で長距離のトレイルや登山にも向いている

UDD BAGシリーズの最大の強みはダウンそのものに撥水加工が施されていることです。これによりダウンの水濡れによる保温力の低下を防ぎ、安定した保温力を発揮してくれます

UDD BAGはダウン本体だけでなく、生地にも撥水加工がしてあるので2重で対策がされているので結露したテント内や、汗などによる濡れにも効果を発揮してくれます

突然の悪天候や多湿な状況などあらゆる環境に想定しなければならない自然環境の中でどんな時も快適性と保温力を発揮してくれます

UDD BAGはしなやかな触り心地

15Dの生地は寝袋本体の軽量化を実現し、軽く・コンパクトになることで携帯性に優れています

UDD BAGのラインナップ

2024年の3月時点ではUDDBAGシリーズのラインナップは4つ

  • UDD BAG 810
  • UDD BAG 630
  • UDD BAG 450
  • UDD BAG 380

となっています

ナンガの公式ホームページから記載がなくなってしまったモデル

UDDBAG1000、UDDBAG280、UDDBAG180

UDD BAGシリーズ・スペック表

UDD810DX(4シーズン)
対応温度:-7℃ 〜 -13℃
収納サイズ:φ19 × 31cm
重量:約1,260g
価格:¥70,400
UDD630DX(4シーズン)
対応温度:-5℃ 〜 -10℃
収納サイズ:φ17 × 31cm
重量:約1,045g
価格:¥60,500
UDD450DX(3シーズン)
対応温度:1℃ 〜 -4℃
収納サイズ:φ14 × 30cm 
重量:約825g
価格:¥49,500
UDD380DX(3シーズン)
対応温度:3℃ 〜 -2℃
収納サイズ:φ13 × 25cm
重量:約680g
価格:¥42,900
2024年3月調べ・価格は税込

オーロラライトの基本情報・特徴

オーロラライトシリーズはナンガが独自に開発した防水透湿素材オーロラライトを使用した寝袋で、悪天候に対してもカバーなしで使える寝袋です

高品質なスペイン産の760FPのダックダウンを使用し、ダウン量が600g以上のモデルには顔まわりと足元にチタンスパッタリング材(※)を採用することで輻射による蓄熱・保温性能を高めるなどナンガの技術・テクノロジーがふんだんに盛り込まれているシリーズです

「カバーのいらない寝袋」はナンガの売り文句。オーロラライトはナンガのフラッグシップモデルです

オーロラライトシリーズの強み

  • 悪天候でもカバーのいらない高い防水透湿素材を生地に採用
  • 軽く・コンパクトで携帯性に優れ、長距離のトレイルからキャンプまで幅広く使える

オーロラライトシリーズの最大の強みと言えるのが防水性の高さです

多孔質ポリウレタン防水コーティング加工を施したナイロン生地。防水性を高めると蒸気透湿性が低下するという問題を高レベルで解決した素材。2レイヤ地で20,000mm・透湿性6,000g/m2/24hrs、という高レベルの防水透湿性能を持っています。

引用:NANGA

耐水圧が20,000mmというのはかなり高品質なスキーウエアと同じくらいの品質で、嵐にも耐えうるほどです(傘の耐水圧は250mm)

透湿性6,000g/㎡/24hであれば、1日(24h)で1平方メートルあたり、6,000g(6kg)の水蒸気の汗を透過する(外に出す)能力があるということになります

また、オーロライトに使われている生地は15Dの極薄生地なのて本体重量を極限まで軽くしています

カバーが必要ないことから幅広いアウトドアシーンで誰でも使うことができる万能モデルです

オーロラライトのラインナップ

2024年の3月時点ではオーロラライトシリーズのラインナップは5つ

  • オーロラライト 900DX
  • オーロラライト 750DX
  • オーロラライト 600DX
  • オーロラライト 450DX
  • オーロラライト 350DX
SPDXシリーズも合わせると全10種

オーロラライトシリーズには、SPDX(860FPのグースダウン)を使用したモデルもあり、それを含めると全部で10種のラインナップとなっています

オーロラライトシリーズ・スペック表

オーロラライト900DX(4シーズン)
対応温度:-10℃ / -19℃(SPDX:-27℃)
収納サイズ:φ21 × 41cm
重量:約1,400g
価格:¥71,500(SPDX:¥148,000)
オーロラライト750DX(4シーズン)
対応温度:-8℃ / -16℃(SPDX:-22℃)
収納サイズ:φ19 × 31cm
重量:約1,200g
価格:¥66,000(SPDX:¥132,000)
オーロラライト600DX(4シーズン)
対応温度:-4℃ / -11℃(SPDX:-18℃)
収納サイズ:φ17 × 31cm
重量:約1,050g
価格:¥59,400 (SPDX:¥110,000)
オーロラライト450DX(3シーズン)
対応温度:0℃ / -5℃(SPDX:-13℃)
収納サイズ:φ14 × 30cm
重量:約865g
価格:¥47,300(SPDX:¥88,000)
オーロラライト350DX(3シーズン)
対応温度:5℃ / 0℃(SPDX:-6℃)
収納サイズ:φ13 × 25cm
重量:約750g
価格:¥41,800(SPDX:¥66,000)
2024年3月調べ・価格は税込

UDDBAGとオーロラライト違いは大きく3つ

UDDとオーロラライトの違いは3つです

UDDとオーロラライトの3つの違い
  1. 水濡れからダウンを守るための方法(防水のアプローチ)
  2. ダウンの品質
  3. 使っている生地

この3つ違いについて詳しくみていきましょう

違い1:水濡れから守るための方法の違い(防水の方法) 

UDDとオーロラライトの性能の違いは水濡れから守るための方法が違うことです

水濡れから守る、

というのは雨だったり、身体からでる汗だったり、テント内の結露だったりです

ダウンの弱点は水に濡れると保温力が低下してしまうことです

ダウンは通常、ダウンの中にデッドエアーを溜め込み、膨らんだ状態(ロフト)で最大限の保温力を発揮します

ダウンが水に濡れてしまうことでダウンのロフトが潰れてしまうことで保温力が低下してしまう原因になってしまいます

ダウン製の寝袋やウエアは、保温力低下を防ぐためにダウンが水に濡れないように対策をしています

水濡れから守る方法
  • UDDは「ダウン」に撥水加工をして対策!
  • オーロラライトは「生地」に防水加工をして対策!

UDDはダウンそのものに撥水加工して対策している!

UDDはダウンそのものに超撥水加工をすることで水濡れに対する対策をしています

これまで水濡れに強いとされて選ばれていたのは化繊ですが、UDDは撥水加工で水濡れに強いので、弱点を克服しています

UDDはDXの羽毛に超撥水加工を施した高品質で高機能なダウンで、フィルパワーは770FP。羽毛と撥水剤の樹脂を分子レベルで結合し、細かな粒子の壁を作ることで水の侵入を防ぐ。「湿気を通すが、水を吸わない」最適なダウンです。

引用:NANGA

撥水加工はされていますが防水ではないので雨には注意。天候が悪い時にはカバーをかけるなどの対策は必要になりますが、言い換えればカバーなどを使うことにより、より幅広い環境で快適に使用することができます

“UDD”とは、「ウルトラ ドライ ダウン」の頭文字をとって名付けられています

オーロラライトは防水生地を使って防水している

オーロラライトは生地の防水性を高めることで水濡れに対応しています

ですが、

UDDと比べると生地の通気性は劣ります

例えば、よく汗をかく人なんかは、発散が追いつかずに蒸れてしまい不快さを感じることもあるかもしれません

生地自体の防水性が高いので雨には強く、カバーがなくても使用することができるのはオーロラライトのメリットですが、多湿な環境ではUDDに比べ蒸れやすいという側面もあります

違い2:フィルパワー(FP)ダウンの品質の違い

ダウンの品質は”FP(フィルパワー)”という単位で表示されます。

フィルパワーとは

ダウンの測定基準で、「ダウンの強度」「その圧力に対する反発力」「かさ高さ」を数値で表したものです

数値が高いほど高品質と言われていて、同じダウン量ではFP数値の高い方が保温力が高いです

オーロラライトUDD
760FP770FP

誤差の範囲内のような気もしますが、若干UDDの方が高いFPのダウンになっています(同等のダウン量の場合、UDDダウンの方が保温力が高いということ)

違い3:使っている生地の違い

UDDとオーロラライトは使用されている生地に違いがあります

実際に触ってみると生地の違いがわかります

それぞれの生地の素材と厚さ
オーロラライトUDD
表地15D オーロラテックス®15Dナイロンシレ撥水加工
裏地15Dリップストップナイロン15Dナイロンシレ撥水加工

生地の厚さは同じでも、UDDの方が柔らかくて触っていて気持ち良いです

生地の厚さは生地の厚さは15D(デニール)の生地を使用していてオーロラライトもUDDも15D(デニール)の生地を使用していて同じですが、オーロラライトは防水性の高い生地(オーロラテックス)を使用しているので、触った感じではハリやガサガサ感を感じます

UDDとオーロラライト、実際に寝てみた感じ 

オーロラライトは触ってみた感じはパリッとしていて、ゴワゴワ感がありますが、寝てみると触った時に感じたほど気になりませんでした

外側は防水性を高めるためにゴワゴワしていますが内側は柔らかいです

使ってみて感じたこと:スペック表記では分からない「蒸れにくさ」と「コンパクトさ」のポテンシャル

オーロラライトとUDD、それぞれの寝袋で実際に寝てみて感じたのは、UDDBAGの通気性の高さです

UDDBAGはダウンに撥水加工をし、生地にも撥水加工がされていますが、防水ではありません

防水ではない分、デメリットに感じますが、

寝ていて「蒸れ」を感じる事がありませんでした

人間は寝ている時に自然に汗をかくので蒸れにくさは快適な睡眠に大きく影響します

オーロラライトも透湿性の高い素材が使われていますが、UDDBAGと比べると、「蒸れ」を感じます

寝袋選びで重要なのってやっぱり保温力だとは思うんですけど、実際に寝てみて、スペックでは分からない「通気性」も重要だと感じさせてもらいました

コンパクトさのポテンシャルはUDDBAGが上

スペックの近いUDDBAG380とオーロラライト350の大きさを比べてみるとメーカー表記は同じ収納サイズ(φ13 × 25cm)ですが、UDDBAGの方が生地がしなやかで柔らかいので圧縮した時によりコンパクトにできるのはUDDBAGです

過度な圧縮はダウンを痛めてしまう可能性があるので必要以上に圧縮することは控えた方がいいです

比較一覧

ここからはオーロライト、UDDBAGのそれぞれのシリーズのスペック一覧と比較表をみていきましょう

2024年最新:オーロラライト vs UDDBAGスペック比較 

LEVEL8シリーズも含めたUDDとオーロラライトをシリーズ別にまとめてみるとこんな感じです

(リストはスクロールすることができます)

オーロラライトUDD BAG
LEVEL8-23 オーロラライト
対応温度:-13℃ / -23℃
収納サイズ:φ21 × 41cm
重量:約1,670g
価格:¥106,700
LEVEL8-20 UDD
対応温度:-11℃ / -20℃
収納サイズ:φ21 × 41cm
重量:約1,540g
価格:¥104,500
LEVEL8-13 オーロラライト
対応温度:-8℃ / -13℃
収納サイズ:φ17 × 31cm
重量:約1,260g
価格:¥82,500
LEVEL8-10 UDD
対応温度:-5℃ / -10℃
収納サイズ:φ17 × 31cm
重量:約1,140g
価格:¥80,300
オーロラライト900DX
対応温度:-10℃ / -19℃
収納サイズ:φ21 × 41cm
重量:約1,400g
価格:¥71,500
UDD1000DX
対応温度:-9℃ / -16℃
収納サイズ:φ21 × 41cm
重量:約1,450g
価格:¥77,000
オーロラライト750DX
対応温度:-8℃ / -16℃
収納サイズ:φ19 × 31cm
重量:約1,200g
価格:¥66,000
UDD810DX
対応温度:-7℃ / -13℃
収納サイズ:φ19 × 31cm
重量:約1,260g
価格:¥70,400
オーロラライト600DX
対応温度:-4℃ / -11℃
収納サイズ:φ17 × 31cm
重量:約1,050g
価格:¥59,400 
UDD630DX
対応温度:-5℃ / -10℃
収納サイズ:φ17 × 31cm
重量:約1,045g
価格:¥60,500
オーロラライト450DX
対応温度:0℃ / -5℃
収納サイズ:φ14 × 30cm
重量:約865g
価格:¥47,300
UDD450DX
対応温度:1℃ / -4℃
収納サイズ:φ14 × 30cm 
重量:約825g
価格:¥49,500
オーロラライト350DX
対応温度:5℃ / 0℃
収納サイズ:φ13 × 25cm
重量:約750g
価格:¥41,800
UDD380DX
対応温度:3℃ / -2℃
収納サイズ:φ13 × 25cm
重量:約680g
価格:¥42,900
 UDD280DX
対応温度:8℃ / 4℃
収納サイズ:φ13 × 20cm
重量:約550g
価格:¥34,100
 UDD180DX
対応温度:11℃ / 7℃
収納サイズ:φ12 × 20cm
重量:約450g
価格:¥29,700
UDD350 キルト
想定使用温度:5℃
収納サイズ:φ13 × 25cm
重量:約550g
価格:¥35,850
2024年3月調べ・価格は税込

上記のラインナップにはNANGAのホームページに載っているモデルに加え、廃盤になっているけど、アマゾンなどで販売されているモデルも含めています

UDDBAGシリーズにはキルト型の寝袋もあり、キルト型は使用温度がナンガ独自の想定使用温度として設定されています

まとめ・結局どちらにするか 

比較してみて分かること
  • 対応温度はオーロラライトの方がスペックが高い
  • 価格はUDDBAGのほうが若干高い
  • 重量はUDDの方が若干軽い(例外あり)
  • 収納サイズはほぼ同じ(圧縮するポテンシャルはUDDBAGの方が上)
  • UDDにはオーロラライトにない夏用モデルがある(廃盤あり) 

実際にスペックを比較してみる、どちらもそんなに大きく違うところはなく若干の差です

どちらがいいとは断言することはできません(どっちもすごくいい寝袋だから)

ですが、特徴の違いからどちらがいいか、というのはあります

どちらにするかを選ぶ時の要素

オーロラライトとUDDBAGを比較してみて、スペックだけを見ていると、そこまでの差はありません

どちらにするかの決め手はなんなのか?

どちらもいい寝袋であることは間違いないので選ぶのが難しいところではありますが、以下の要素をもとに優先させたいことを考えると選びやすくなります

選ぶ時の要素・何を優先させるか
  • 重量:より軽い方がいいのであればUDDBAG
  • 通気性:快適な眠りに重要なのは通気性。通気性を重視するならUDDBAG
  • 防水性:カバーなしでもガンガン使いたいならオーロラライト
  • 耐候性:山岳地帯の悪天候でも使うならやっぱり「カバー」はあった方がいい。カバーを使うならUDDBAGにしておくのがベター

何を優先させるかを決めたら、使う環境(温度帯)に合わせてダウン量を選ぶと寝袋を決めやすいです

UDDはこんな人におすすめ!
  • 山岳地帯での使用がメインの人
  • 縦走やロングトレイルでの使用をする人
  • 気候・用途によってカバーを使用することを前提としている人
オーロラライトはこんな人におすすめ
  • キャンプから登山まで幅広く使いたい人
  • カバーなしでガンガン使いたい人

UDDBAGではなくオーロラライトにした3つの理由

それぞれの特徴やスペックを比較して悩んだ結果、UDDBAGの方がメリットが多いことも感じつつ・・・

私はオーロラライトにしました

私がオーロラライトを選んだ理由は以下三つ

  1. 防水性が高い方が良かった(単体でもガンガンタープ泊したい)
  2. コスト面
  3. 通気性はジッパーの開閉で調整すればいい

カバーなしでOKな防水性の高さ 

カバーをするのは面倒だし、できるだけ持ち物は減らしたいので防水性が高いのを重視しました

コスト面

カバーなしでも使えるというのは、実はコスト面でもメリットになります

寝袋台+カバー代となると初期費用はさらにかかってしまいます

単体では軽量でも、「カバー+寝袋」となると結果的にUDDBAGの方が重たくなることも・・・

カバーがなくても使えるのは出入りがしやすいのもメリットです

カバーがある場合、出入りの時にメインの寝袋のジッパーとカバーのジッパーを開閉しなくてはいけませんが、寝袋だけならジッパーは一つなのでちょっとだけ楽です

蒸れ対策はジッパーの開閉でできる 

通気性ではUDDBAGには劣るオーロラライトです

実際に寝てみた時もUDDBAGの通気性の高さはかなり良かったのですが・・・

正直、暑い時にはジッパーを開ければいいし、寝袋に入らずに掛け布団のようにすることで調節が可能なので通気性は重視しませんでした

実際に使ってみて感じたこと

オーロラライトを使って実際に寝てみて蒸れを感じたことはほとんどありません

(カバーを使用した時には蒸れを感じます)

オーロラライトおすすめモデル3選

どちらのシリーズに決めたら次はどのモデルにするかです

使う季節や環境に合わせて寝袋を選びます

オーロラライトでおすすめする3つのモデルのうち、2つは実際に私が使っているモデルです!

「寒がり」な人にはオーロラライト750DX

オーロラライト750DXは快適使用温度がマイナス8℃のハイスペックな寝袋

キャンプでの使用がメインなら最強クラスです

冬キャンプへの寒さに不安がある人でもオーロラライト750DXなら大抵のキャンプで寒さを感じずに安心して寝る事ができます

created by Rinker
¥66,000 (2024/05/24 15:25:40時点 Amazon調べ-詳細)

山岳地帯での使用でも十分に対応していくことができるスペックです

冬用の寝袋でコンパクトさを重視するならオーロラライト600DX

冬用の寝袋が欲しいけど、

  • 装備はコンパクトに軽くしたい
  • そこまでハイスペックな寝袋はいらない
  • でも寒い思いはしたくない

そんな人におすすめなのがオーロラライト600DXです

750DXに比べるとスペックは劣りますが、軽量でコンパクトになるのがオーロラライト600DXのいいところ

快適使用温度はマイナス4℃ですが、冬キャンプなら問題ありません

created by Rinker
¥48,120 (2024/05/23 23:36:49時点 Amazon調べ-詳細)

登山でのテント泊でマイナス8℃の環境でキャンプをした時にオーロラライト600DXを使った時はまったく問題ありませんでした

最強の3シーズン用寝袋:オーロラライト450DX   

created by Rinker
¥47,300 (2024/05/24 02:14:29時点 Amazon調べ-詳細)

3シーズン用の寝袋を新調するにあたって私が最後まで悩んだのがオーロラライト350DXにするか450DXにするかでした

で、450DXにしたわけですが、

オーロラライト450DXにした理由
  • ほぼ4シーズン使える
  • 暑い時期は寝袋使わない
  • 「コンパクト」「軽さ」よりも「あたたかさ」重視
  • 今のバックパックなら450DXでも十分入る 
  • 価格

詳しくはこちらで解説しています

少しでもコストを抑えたい人におすすめ!さかいやスポーツ別注オーロラライト

オーロラライトにしたいけど、できるだけコストを抑えて手に入れたい

そんな人におすすめしたいのが「さかいやスポーツ」が別注で作っているオーロラライトシリーズです

創業70年を超える老舗アウトドア用品店が別注している寝袋で、オリジナルのオーロラライトに比べて価格がリーズナブルなのが魅力です

さかいやスポーツ別注のオーロラライトについてより詳しくはこちらで解説しています

私が現在使っている冬用の寝袋がさかいや別注のオーロラライト600DXです

使用感など詳しくはこちらから

まとめ

おわりに

いかがでしたでしょうか

UDDもオーロラライトも間違いなくすごくいい寝袋です

それぞれの特徴から自分にあった寝袋を選んてみてください

何かあなたの寝袋選びの参考になれば嬉しいです

最後まで読んでいただきありがとうございました!何か参考になれば嬉しいです

ではまた!

ABOUT ME
opo85
キャンプ、登山、釣り、ウインタースポーツなどアウトドアが大好きな30代。小さい頃から大好きだったキャンプを中心にアウトドアを楽しんでいます。
パタゴニア

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA