バックパック PR

レビュー【パーゴワークス・バディ33】2年間使い込んだ耐久性と使用感について

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

こんにちは、opoです(opo_85)

  • バディ33が気になっている
  • 機能について知りたい
  • サイズ感が知りたい

パーゴワークスのバディ33を使い始めて2年。実際に使ってみてすごくいいバックパックだったのでレビューします

この記事では、バディ33の特徴や機能を紹介しつつ、使ってみて気づいた便利なところや拡張性についても徹底解説します!

容量が33Lは日帰りには大きすぎるし、テント泊には小さい中途半端なバックパックとも言えますが。ULパッキングを目指している人や、日帰りでもカメラなどを持ち歩く人にとってはちょうどいいサイズ感です

拡張性が高く、でアイデア次第で便利に使うことができるバックパックです!

何かみなさんのバックパック選びの参考になれば嬉しいです

パーゴワークス・BUDDY33(バディ33)

パーゴワークスとは

(出典:パーゴワークス)

パーゴワークスは2011年にスタートした日本のアウトドアブランドです

震災でみんながアウトドアから遠ざかっていた時、Pack and Go!(荷物を詰め込んで出かけよう!)という意味を込めて、PAAGOWORKSと言うブランド名になったそうです

商品もバックパックだけでなく、テントやタープから焚き火台などのキャンプギアもあればジョギングからアドベンチャーレースに対応できるようなギアも扱っていたり、どれもすごくユニークなこだわりが詰まった商品になっていて、たくさんのラインナップがあります

PAAGO WORKS 公式ホームページ

パーゴワークス・BUDDY33(バディ33)の基本情報 

スペック詳細
容量33L
重量1100g
サイズ600x250x250 mm
主素材ナイロン 330D テフロンコーティング
カラーダークベージュ、アーバングレー、モスグリーン
レビューレビューを見る
created by Rinker
¥26,400 (2024/06/19 17:15:21時点 Amazon調べ-詳細)

特徴・機能

機能に関しての詳細は公式ホームページでも確認できるので割愛します(詳しく知りたい人は公式ホームページへ)

使ってみて感じたこと

実際に使ってみて感じたことをいいところも悪いところもレビューします

しっかりフィットしてくれて、腰荷重で背負えるバックパック

ユニークなデザインですが、しっかりと腰荷重で背負えるヒップベルト、バックパックを背中と密着させてくれるショルダースタビライザー、肩の負担を軽減させるチェストストラップなど本格的な登山用のバックパックの機能が備わっています

背中にフィットするための湾曲したフレームも入っているので高いフィット感があります

UL装備(ウルトラライト)でも、食料や水、燃料を全て合わせたパックウエイトは10kgほどになります(肩だけで背負うと痛くなってきます)

腰荷重で背負えるバックパックは荷重を分散してくれるので楽に背負えます

行動中はメインポケットにアクセスしなくていい各ポケット

バディ33はメイン収納の他に上部に2つ、背面、下部に各1つ、両サイドにポケットがあります

使用する頻度の高いものを各ポケットに分別することで行動中にメイン収納にアクセスしなくても済みます

背面ポケットも容量があり、行動中に暑くて脱いだウエアなど入れておくのに便利です

背面ポケットはジッパーがなく、フック状のカラビナが付いているだなのでアクセスしやすく、行動中によく使うものを入れておくのにちょうどいいポケットです

下部ポケットにはレインウエアをいれたりするのに便利。背負ったままアクセスできるので行動食を入れればすぐに取り出せます

created by Rinker
¥26,400 (2024/06/19 17:15:21時点 Amazon調べ-詳細)

使いやすさを追求したディティール

サイドポケットには落下防止のドローコードが付いていて、落下防止してくれます

各ポケットのジッパーには手袋をしていても開閉しやすいループがついていて、分厚い手袋をしたままでも操作しやすいです

蒸れにくい「背面パッド」

背面パッドが容易に外せます

背面パッドは釣りや登山をしていると汗で濡れてきます

特に暖かい時期は汗で濡れてそれが不快に思うことも多いですが、背面パッドが容易に外せる事で、休憩時などに乾かしたりする事が可能です

created by Rinker
¥26,400 (2024/06/19 17:15:21時点 Amazon調べ-詳細)

好きな位置に付け替えができるサイドストラップ・取り外しも可能 

サイドストラップは取り外し可能で、簡単に好きなところに位置を変えることができます

バックパックの中に入れている荷物をずれにくくするためのサイドストラップですが、それだけではなく、ストックやテントポールなどをホールドするのにも便利です

サイドストラップには他にもギミックが!ポールやピッケルの固定が可能!

サイドストラップは好きな位置に取り付けできるだけでなく、ポールやピッケルなどを固定することができます

無段階で調整が簡単なチェストベルト

無段階で好きなところで調整できるチェストベルト

スライド式で調整が簡単!

しかもチェストベルトはゴムになっていてテンションがかかるので締め付けすぎず、程よい感じになっています

created by Rinker
¥26,400 (2024/06/19 17:15:21時点 Amazon調べ-詳細)

荷物はバックパックに入れて、プラス食材を手に持てばなんとかいけます

残念なところ

いいところばかりではありません

メイン収納への上からのアクセスがめんどう

メイン収納は上からとサイドからアクセスできますが、パッキングをした状態で上からアクセスするのがちょっとめんどうです

スタビライザーベルトのバンドを2つ外して、ヒモを緩めるとアクセスができるんですが、これがやってみると思いの外、手間です

慣れてしまうか、サイドからのアクセスで解決できますが、実際に使ってみてちょっとストレスに感じたところではあります

ポケットの数が多すぎて使いきれない

バディ33には外側のポケットも含めると全部で7箇所もあります

私は基本的にメインポケットにガンガン荷物を入れていくようなシンプルなバックパックを好んで使っていたので、バディ33のようにポケットがいくつかあるバックパックに慣れるのに時間がかかりました

小分けにしていたポーチは、そのまま入れるとバランスが悪いのでバラバラにしてバディ33のポケットに入れました。そうすると、どこに何を入れたか分からなくなってしまい、それがストレスになりました

付属のフレームは外した方が使いやすかった

フレームはフィット感を高めてくれたり、荷重分散などメリットになることも多いとは思いますが、フレームが湾曲していることで荷物が入れにくく、使いにくいです

私はない方が使いやすいと感じました

背面側にマットを差し込んでフレームがわりにしています

エバニューのFPmat100は、厚さが5mmと薄く、お折りたたんだ状態でも2cmなのでバディ33の背面側に入れることでフレームの代わりになってくれます

サイドポケットの耐久性

使いはじめて2年ほどになるわけですが、サイドポケットが穴があき始めました

手荒に使っているので、地面と擦れる下部に穴があくなら理解できるのですが、サイドの縫い目近くに穴があいてしまったのは残念なところ

機能しないわけではないので使用に問題はありませんが、2年でこうなるのは想定外です

サイドからのアクセスがしにくい

便利に見えるサイドジッパーですが、実際に使ってみると、サイドストラップが邪魔で開閉しにくく感じました

サイドストラップが邪魔でアクセスしにくいので結局上からアクセスすることもあります

バディ33の拡張性について 

バディ33の購入の決め手のひとつになったのが拡張性の高さです

サイドについているループで拡張

サイドストラップをつけているループを利用すれば自在に拡張ができます

別売のベルトやゴム紐などを用意すればバックパックの外にテントやスリーピングマットを取り付けることも可能です

opo

アイデア次第で拡張性は無限大です

ゴム紐などを使用すればすぐに取り出したいウエアなどをくくりつけることができます

created by Rinker
¥26,400 (2024/06/19 17:15:21時点 Amazon調べ-詳細)

パーゴワークスが作るポーチで拡張可能 

パーゴワークスから発売されているポーチを使えばより便利に拡張ができます

別売のポーチを取り付けることが可能です

私が使っているのはスナップスイッチMです

これは登山の時だけでなく釣りの時にもすごく便利で、釣り道具を入れたり、カメラを携帯する人はカメラのアクセアリーを入れたりと使い方はいろいろ

created by Rinker
¥4,400 (2024/06/18 23:33:48時点 楽天市場調べ-詳細)

容量を増やしたい時におすすめのアイテム

あとちょっと容量が足りない

そんな時ってありませんか?

そんな時に便利な容量をアップさせるアクセサリーを紹介します

グラナイトギアのパックポーチはバックパックのサイドベルトに取り付け可能なポーチで汎用性が高く、バディ33にも取り付け可能!

私が使っているLサイズは容量が3.7リットルで、350mlの缶ビールを4本入れてもまだ余裕のあるサイズ感です

他にはエクスペドのフラッシュパックポケットもバディ33に取り付けて容量を増やせる便利なアイテムです

メッシュになっているので出し入れが頻繁なものを入れておくのに便利!

汎用性の高いバックパックの拡張に便利なアイテムについて詳しくはこちら

リニューアルしたバディ33!

ショルダーポケットにメッシュポケットが標準装備!

バディ33はリニューアルしました

便利な機能はそのままに、ショルダーベルトのところにメッシュポケットが付いています

パーゴワークスホームページより

バディ16には元々付いていたポケットで、バディ33にもほしいと思っていた機能がついにつきました

ポーチ「SNAP」の取り付けはできない!? 

私は旧タイプのバディを使っているのでショルダーベルトのポケットがありません

そのため、パーゴワークスのSNAPというポーチを使用しています

今回のリニューアルにより幅が広くなったため、SNAPはつけることができなくなりました

メッシュポケットが標準装備されたことでスナップは必要なくなったわけですが、スナップの収納性に使い慣れている私としてはちょっと残念

カメラホルスターを使っている人は要注意

カメラを携帯するためのホルスターを使っている人も注意が必要です

ショルダーベルトの幅が広くなっているのでホルスターの取り付けができなくなってしまいます

ホルスターとはカメラを固定するためのアタッチメントで、ショルダーベルトに挟み込んで使います

コンパクトなデジカメならメッシュポケットに入れてしまうこともできますが、大型のカメラはそうもいきません

ホルスターを使う人はバディを購入する前に取り付けができるか確認しましょう

チェストバックを取り付けるためのアタッチメントリング 

パーゴワークスホームページより

新たに加わったモスグリーン 

さらに、バディ33に新しいカラー「モスグリーン」が追加されました

 

出典:アマゾン

私はベージュを使っていますが、もし選択肢にモスグリーンがあったら迷っていたと思います

バディ33の口コミやレビュー

アマゾンのレビューでは星2つ以下のレビューはなく、総合で星4.5つと高いレビューでした

その中からいくつか紹介します

 2023年6月 登山➕普段使い

登山ザック20Lでは少し容量が足りなく、新調するために購入。人と被るのが嫌だったため、オシャレで普段使いにも出来るザック探していたところパーゴワークスに出会いました。次回のキャンプ登山に使用します。

 2022年12月 背負心地良く、他のサイズも欲しい

30L程度ならULザックを使っており、山と道に買い替えを考えていた時に偶々試着して気に入ってしまった。ロールトップの使いにくさと、山と道の半額程度の価格が決め手となり購入。背負心地は、ベルト類をキチンと締めた途端、重さが軽くなる不思議さ!ショルダーベルトの幅が広いので、肩に負担が集中しないようで、ハードな山行でも肩こりは出無かったです。ヘリノックス的な折畳椅子をトップに挟んで歩きましたが、硬い物で圧迫される肩の違和感はあるけど、然程負担にならず終日歩けました。他のザックだと、収納場所が無く下に下げるようだが、それだと重さが出て負担でした。ULザックに慣れているので、パッキングはすこぶる楽。重量配分を然程気にしなくても背負えるので準備が早くなった。

サイドポケットが広く使いやすい。緩いと感じたら、背負ったままドローコードを引いて締められるのは便利。コンプレッションベルトがポケットの邪魔をしない作りも良い。レインカバーが付属していないので、手持ちを流用。トップの雨仕舞に悩む。どうしても隙間ができてしまう。

 2023年1月 登山登山していないとこがいい

ガチ登山に見えないところが差別化できてて良いかと思います。

引用:アマゾン

おわりに 

パーゴワークス・バディ33のバックパックについて解説しました

装備を絞っている人ならテント泊に使えますし、カメラ機材を持ち歩く人にはたっぷりな容量があるバディ33

拡張性も高いのでアイデア次第で便利に使えるバックパックです

最後まで読んでいただきありがとうございました

何かみなさんのバックパック選びの参考になれば嬉しいです

created by Rinker
¥26,400 (2024/06/19 17:15:21時点 Amazon調べ-詳細)
ABOUT ME
opo85
キャンプ、登山、釣り、ウインタースポーツなどアウトドアが大好きな30代。小さい頃から大好きだったキャンプを中心にアウトドアを楽しんでいます。
パタゴニア

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA