バックパック PR

【パーゴワークス・バディ33】機能・特徴を徹底解説!|日帰りからテント泊までこれでOK!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

こんにちは、opoです(opo_85)

私は釣りや登山、普段使いで使えるようなバックパックを探していて、バディ33に出会いました

実際に使ってみてすごくいいバックパックだったのでレビューします

  • バディ33が気になっている
  • 機能について知りたい
  • サイズ感が知りたい
  • 多機能なバックパックをさがしている
  • 人と被らないバックパック探している

この記事では、バディ33の特徴や機能を紹介しつつ、デザイン・設計、使ってみて気づいた便利なところや拡張性についても徹底解説!

この記事を読めばバディ33の機能や特徴、メリットデメリットが全て分かります

何かみなさんのバックパック選びの参考になれば嬉しいです

目次
  1. パーゴワークスとは
  2. パーゴワークス・BUDDY33(バディ33) 
    1. キャンプや登山で使った時のサイズ感 
  3. 特徴・機能の詳細
    1. ジッパーのない出し入れの容易なフロントポケット
    2. アクセスしやすいトップポケット 
    3. 両側にあるボトルが2本入るサイドポケット
    4. ボトムポケット 
    5. メイン収納内のメッシュポケット・背面ポケット
    6. 脱着可能な背面パッド・ヒップベルト
    7. 調整が簡単なチェストベルト
    8. 好きな位置に付け替えができるサイドストラップ 
    9. マットなどを挟み込むことができるスタビライザーベルト 
  4. ユニークなデザイン・設計 
    1. 人とかぶりにくいデザイン
    2. 重心バランスを高めにした逆台形デザイン 
    3. 背中にフィットするように湾曲したアルミフレーム
    4. 荷物をしっかり背中にフィットさせるためのスタビライザーベルト 
  5. 使ってみて気づく便利なところ
    1. チャックについたループは手袋をしていても開閉しやすい 
    2. メイン収納は開閉が一瞬でできる構造
    3. サイドからもメイン収納にアクセスできるのは便利
    4. サイドポケットにはドローコードがついていて落ちにくくなっている
  6. その他・使ってみた感想
    1. メイン収納への上からのアクセスがめんどう
    2. ポケットの多さに慣れるのに時間がかかった 
    3. 付属のフレームは外した方が使いやすかった
  7. 便利な拡張性 
    1. サイドについているループで拡張
    2. 別売のバッグでの拡張 
    3. バディ33に使える他社製品のアクセサリー・容量を増やしたい時に!
  8. バディ33はこんな人におすすめ 
    1. リニューアルしたバディ33!
    2. リニューアルによるデメリットも 
  9. まとめ 
  10. 終わりに 

パーゴワークスとは

(出典:パーゴワークス)
opo

そもそもパーゴワークスって何?って思った人もいるはず

パーゴワークスは2011年にスタートした日本のアウトドアブランドです

震災でみんながアウトドアから遠ざかっていた時、Pack and Go!(荷物を詰め込んで出かけよう!)という意味を込めて、PAAGOWORKSと言うブランド名になったそうです

商品もバックパックだけでなく、テントやタープから焚き火台などのキャンプギアもあればジョギングからアドベンチャーレースに対応できるようなギアも扱っていたり、どれもすごくユニークなこだわりが詰まった商品になっていて、たくさんのラインナップがあります

PAAGO WORKS 公式ホームページ

パーゴワークス・BUDDY33(バディ33) 

スペック詳細
容量33L
重量1100g
サイズ600x250x250 mm
主素材ナイロン 330D テフロンコーティング
カラーダークベージュ、アーバングレー、モスグリーン
レビューレビューを見る
created by Rinker
¥26,400 (2024/02/26 22:20:01時点 Amazon調べ-詳細)

キャンプや登山で使った時のサイズ感 

実際に私が釣りやキャンプ、登山で使用してみて感じたバディ33のサイズ感について解説します

日帰り登山

日帰り登山での使用ではバディ33では容量が大きく、使いにくいです

日帰り登山での使用をメインに考えるなら、バディ22かバディ16がおすすめです!

登山(テント泊)

テントを背負って登山に行く場合、初夏〜真夏なら問題なく装備を入れることができます

(1泊2日で北アルプスに行った時は拡張などしなくてもパッキングできました)

夏場は寝袋や防寒着もコンパクトになるのでパッキングできましたが、秋冬のテント泊登山では拡張などしないとパッキングできなくなりそうです

テント泊での登山でも夏場であったり、荷物を厳選すれば十分使うことができます

ULハイカーなら十分な容量ですね

3泊、4泊の縦走となるともう少し大きい容量が欲しいところです

渓流釣り・テンカラ釣行での使用

渓流釣りでも、日帰りであればウェーディングシューズをバックパックの中に入れていける十分な容量です

私はいつもバックパックの中にヘルメットも入れるのでバディ33の容量がちょうどいいです

泊まりがけとなるともう少し容量の大きいバックパックが必要になります

キャンプ 

キャンプを楽しむにはバディ33の容量では少し小さいです

ただし、装備を絞ればバディ33にまとめることは可能です

冬キャンプでの装備を厳選してパッキングするとこんな感じ 

食料も全部入れるとなるとキャンプでの使用はむずかしいですが、装備だけなら入ります

(ハンモックキャンプの時の写真・食料は別でクーラーバッグを用意しました)

普段使い 

容量が33リットルなので普段使いには大きいくらいですが、私の場合、買い物の時にも背負っていくのでこの容量はありがたいです

買い物で使用する場合、バディ33は結構入るので便利です

特徴・機能の詳細

私が使っていて感じたサイズ感について解説してきました

ここからは主な機能や特徴は以下の通りです

それでは機能や特徴を詳しく見ていきましょう

ジッパーのない出し入れの容易なフロントポケット

外側に付いているジッパーのないポケットはフック一つで止めてあるだけなので出し入れが容易

容量も見た目以上で、脱ぎ着するウエアや雨具、行動食などガンガン詰めこめます

フックはカラビナのようになっているのですぐに外れてしまう、なんてことはありません

フックの取り付けベルトはループになっているので荷物によって位置を調整することができるのでバタつき防止になります

このカラビナが意外と外しにくいのがちょっと残念なポイントです(私は毎回このカラビナにてこずります。せっかくアクセスしやすいのに)

アクセスしやすいトップポケット 

ここも容量があるので雨具などすぐに取り出したい物を入れることができます

両側にあるボトルが2本入るサイドポケット

ボトルが2本入るサイズのサイドポケットが左右についているので水筒を入れつつ、テントポールなどの長物を収納するのに便利です

サーマレストのZシートを入れておけばちょっと休憩の時にサッと出せるので便利です

ボトムポケット 

背負ったままでも取り出しやすいボトムポケットにはザックカバーを入れたり、スパッツを入れたりできます

メイン収納内のメッシュポケット・背面ポケット

メイン収納の中にも小物を入れておけるポケット

この小さなポケットにはヘッドライトやモバイルバッテリーなどのガジェットをまとめて入れるのに使っています

外側のポケットに比べるとアクセスが悪いので必要な時に使うものをいれておくのに便利なポケットです

メイン収納の背面にもポケットがあって、本などを収納したり、予備の水なんかを入れるのに使っています

脱着可能な背面パッド・ヒップベルト

背面パッドが容易に外せます

背面パッドは釣りや登山をしていると汗で濡れてきます

特に暖かい時期は汗で濡れてそれが不快に思うことも多いですが、背面パッドが容易に外せる事で、休憩時などに乾かしたりする事が可能です

実際に使ってみると休憩時とかにそんなに外したりはしないです

ヒップベルトが外せるのも嬉しい機能です

日常的にも使用する場合、ヒップベルトって邪魔だったりしませんか?

普段使いがメインの人にはヒップベルトはいらないのでそんな時は外しておく事で邪魔になりません

ヒップベルトの脱着はちょっと面倒です

やってみると意外と大変でした

調整が簡単なチェストベルト

無段階で好きなところで調整できるチェストベルト

スライド式で調整が簡単!

しかもチェストベルトはゴムになっていてテンションがかかるので締め付けすぎず、程よい感じになっています

好きな位置に付け替えができるサイドストラップ 

バックパックの中に入れている荷物をずれにくくするためのサイドストラップですが、それだけではなく、ストックやテントポール、釣竿などをホールドするのにも便利です

このサイドストラップは簡単に好きなところに位置を変えることができるのも大きな特徴です

収納しているものに合わせて簡単に位置を変えられます

サイドストラップには他にもギミックが!ポールやピッケルの固定が可能!

サイドストラップは好きな位置に取り付けできるだけでなく、ポールやピッケルなどを固定することができます

輪っかの部分にポールなどを固定することができるんです

マットなどを挟み込むことができるスタビライザーベルト 

上部にはマットやテント・上着などの荷物を挟み込むことのできるベルトがついています

このベルトは背負うためのショルダーベルトに連結、荷物を背中に密着させるためのスタビライザーベルトとしての機能も兼ね備えています

脱着は容易なので脱いだ上着などを丸めて収納できます

スリーピングマットなどを挟み込んでおくことも可能

ただし、挟み込めるのは限界があります

スリーピングマットを挟み込む場合、フルサイズのクローズドセルマットを挟むのは難しいです 

フルサイズのマットを挟むと首のあたりに圧迫感を感じてしまうので背負いにくいです

厚さにもよりますが、挟めてもハーフサイズ(120cm)くらいです

created by Rinker
¥26,400 (2024/02/26 22:20:01時点 Amazon調べ-詳細)

ユニークなデザイン・設計 

デザインにユニークな個性がありつつもしっかりと設計されています

人とかぶりにくいデザイン

ユニークなデザインなので他の人とかぶりにくいです

一見シンプルなバックパックですが、雨蓋の開閉が逆だったりとユニークなデザインになっています

opo

私はまだ街で見かけたことはありません

なのでかぶりにくいと勝手に思っています

重心バランスを高めにした逆台形デザイン 

 

出典:パーゴワークスホームページより

写真はホームページより引用

逆台形デザインにすることで、重心を高めに設定することで身体への負担を軽減させるデザインになっています

背中にフィットするように湾曲したアルミフレーム

背中にフィットするように湾曲して造られたアルミフレーム

このフレームがあることで背中へのフィット感が高くなっているように感じます

opo

ちなみに外した状態でも使用はできます

荷物をしっかり背中にフィットさせるためのスタビライザーベルト 

このベルトは背負うためのショルダーベルトに連結、荷物を背中に密着させるためのスタビライザーベルトとしての機能も兼ね備えています

ショルダーベルトと連結されるスタビライザーベルトは締めることで荷物を体に密着させることができ、荷重を適正化させることができます

特徴として荷物が挟み込めることを紹介しましたが、この特徴は設計面でも大きく役に立つ設計になっています

使ってみて気づく便利なところ

チャックについたループは手袋をしていても開閉しやすい 

このループが取り付けられていることで手袋をしたままチャックの開閉ができます

これが使ってみるとすごく便利でした

メイン収納は開閉が一瞬でできる構造

開きたい時にはオレンジ色のベルトを外側に引っ張れば開けられます

閉めるのは紐を引っ張れば閉められます

サイドからもメイン収納にアクセスできるのは便利

サイドからメイン収納にアクセスできるのは本当に便利です

休憩時にバーナーを取り出したりも簡単にできます

サイドポケットにはドローコードがついていて落ちにくくなっている

ドローコードで締めればサイドポケットに入れているものが落ちにくくなります

このドローコードは片手での操作ができるので背負ったままで大丈夫です

その他・使ってみた感想

メイン収納への上からのアクセスがめんどう

メイン収納は上からとサイドからアクセスできますが、パッキングをした状態で上からアクセスするのがちょっとめんどうに感じます

スタビライザーベルトのバンドを2つ外して、ヒモを緩めるとアクセスができるんですが、これがやってみると思いの外、手間です

慣れてしまうか、サイドからのアクセスで解決できますが、実際に使ってみてちょっとストレスに感じたところではあります

ポケットの多さに慣れるのに時間がかかった 

私は基本的にメインポケットにガンガン荷物を入れていくようなシンプルなバックパックを好んで使っていたので、バディ33のようにポケットがいくつかあるバックパックに慣れるのに時間がかかりました

小分けにしていたポーチは、そのまま入れるとバランスが悪いのでバラバラにしてバディ33のポケットに入れました。そうすると、どこに何を入れたか分からなくなってしまい、それがストレスになりました

今ではなれましたが使い慣れたバックパックと構造や機能の違うバックパックを使う時にはあ事前に何度か使用してなれておく必要があります

バディ33には外側のポケットも含めると全部で7箇所もあります

付属のフレームは外した方が使いやすかった

背中にフィットするデザインのアルミフレームですが、

私はない方が使いやすいと感じました

アルミフレームが湾曲していることで荷物が入れにくい、うまく入らなかったのですが、アルミフレームを外すことでそれを解決することができました

テントを背負っての登山など、装備の重量が重たくなる時にはフレームがあることで背負いやすくなります

北アルプスに1泊2日で行った時にはパッキングウエイト(総重量)が12kgほどだったのでフレームを取り付けて使いましたが、フレームがあることによって背中にフィットしてくれて荷重が均等にかかり、背負っていて疲れにくかったです

背面側にマットを差し込んでフレームがわりに

フレームを外している時は、背中側にマットを差し込むことでフレームの役割を果たしてくれます

エバニューのFPmat100は、厚さが5mmと薄く、お折りたたんだ状態でも2cmなのでバディ33の背面側に入れることでフレームの代わりになってくれます

エバニューのFPmatは硬めのスリーピングパッドで、単体での使用時にはかなりハードな寝心地ですが、エアマットとの併用したり、上半身は厚めのクローズドセルマットを使うなどするとかなり便利に使うことができるマットです

便利な拡張性 

サイドについているループで拡張

サイドストラップをつけているループを利用すれば自在に拡張ができます

別売のベルトやゴム紐などを用意すればバックパックの外にテントやスリーピングマットを取り付けることも可能です

opo

アイデア次第で拡張性は無限大です

ゴム紐などを使用すればすぐに取り出したいウエアなどをくくりつけることができます

別売のバッグでの拡張 

パーゴワークスから発売されているポーチを使えばより便利に拡張ができます

別売のポーチを取り付けることが可能です

私が使っているのはスナップスイッチMです

これは登山の時だけでなく釣りの時にもすごく便利で、釣り道具を入れたり、カメラを携帯する人はカメラのアクセアリーを入れたりと使い方はいろいろ

created by Rinker
¥4,400 (2024/02/27 04:43:30時点 楽天市場調べ-詳細)

バディ33に使える他社製品のアクセサリー・容量を増やしたい時に!

あとちょっと容量が足りない

そんな時ってありませんか?

そんな時に便利な容量をアップさせるアクセサリーを紹介します

グラナイトギアのパックポーチはバックパックのサイドベルトに取り付け可能なポーチで汎用性が高く、バディ33にも取り付け可能!

私が使っているLサイズは容量が3.7リットルで、350mlの缶ビールを4本入れてもまだ余裕のあるサイズ感です

エクスペドのフラッシュパックポケットもバディ33に取り付けて容量を増やせる便利なアイテムです

メッシュになっているので出し入れが頻繁なものを入れておくのに便利!

汎用性の高いバックパックの拡張に便利なアイテムについて詳しくはこちら

バディ33はこんな人におすすめ 

  • 容量が30リットルくらいのバックパックを探している人
  • デザインがユニークで人と被らないバックパックを探している人
  • 登山などのアウトドアから普段使いまでできるバックパックを探している人
  • 多機能なバックパックを探している人
  • 汗をよくかく人
  • 状況に応じて拡張性のあるバックパックをさがしている人 

リニューアルしたバディ33!

ショルダーポケットが便利!

2022年にバディ33はリニューアルしました

便利な機能はそのままに、ショルダーベルトのところにメッシュポケットが付いています

パーゴワークスホームページより

バディ16には元々付いていたポケットで、バディ33にもほしいと思っていた機能がついにつきました

opo

このショルダーポケットは本当に便利です

携帯を入れたりカメラを入れたり、水や行動食を入れられます!

チェストバックを取り付けるためのアタッチメントリング 

パーゴワークスホームページより

新たに加わったモスグリーン 

さらに、バディ33に新しいカラー「モスグリーン」が追加されました

 

出典:アマゾン

私はベージュを使っていますが、もし選択肢にモスグリーンがあったら迷っていたと思います

リニューアルによるデメリットも 

ポーチ「SNAP」の取り付けはできない!? 

私は旧タイプのバディを使っているのでショルダーベルトのポケットがありません

そのため、パーゴワークスのSNAPというポーチを使用しています

今回のリニューアルにより幅が広くなったため、SNAPはつけることができなくなってしまったのが残念なポイント

SNAPについてより詳しく知りたい方はこちらの記事もご覧ください

カメラホルスターを使っている人は要注意

カメラを携帯するためのホルスターを使っている人も注意が必要です

ショルダーベルトの幅が広くなっているのでホルスターの取り付けができなくなってしまいます

ホルスターとはカメラを固定するためのアタッチメントで、ショルダーベルトに挟み込んで使います

コンパクトなデジカメならメッシュポケットに入れてしまうこともできますが、大型のカメラはそうもいきません

ホルスターを使う人はバディを購入する前に取り付けができるか確認しましょう

まとめ 

スペック詳細
容量33L
重量1100g
サイズ600x250x250 mm
主素材ナイロン 330D テフロンコーティング
カラーダークベージュ、アーバングレー、モスグリーン
レビューレビューを見る
特徴・機能
  • ジッパーのない出し入れの容易なフロントポケット
  • アクセスしやすいトップポケット
  • 両側にあるボトルが2本入るサイドポケット
  • トップポケット裏にもあるポケット
  • ボトムポケット
  • メイン収納
  • メイン収納内のメッシュポケット
  • 脱着可能な背面パッド
  • 脱着可能なヒップベルト
  • 調整が簡単なチェストベルト
  • 好きな位置に付け替えができるサイドストラップ
  • マットなどを挟み込むことができるスタビライザーベルト

終わりに 

いかがでしたでしょうか

パーゴワークス・バディ33のバックパックについて解説しました

ユニークなデザインだけでなく、機能的で拡張性の高いバックパックを探している人には絶対おすすめのバックパックです

バディシリーズは今回紹介したバディ33の他に、一回り小さい22、さらにコンパクトな16とラインナップがあります

是非自分にあったバックパックを探してみてください

最後まで読んでいただきありがとうございました

何かみなさんのバックパック選びの参考になれば嬉しいです

created by Rinker
¥26,400 (2024/02/26 22:20:01時点 Amazon調べ-詳細)
ABOUT ME
opo85
キャンプ、登山、釣り、ウインタースポーツなどアウトドアが大好きな30代。小さい頃から大好きだったキャンプを中心にアウトドアを楽しんでいます。
パタゴニア

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA