テント・ハンモック

おすすめ!【DD スーパーライトピラミッドテント】を使う「7つの理由」

こんにちは、opoです。(opo_85)

キャンプに行くならテントは必要になる道具の一つですよね。

私はDDスーパーライトピラミッドテントを使っています。

テントはいくつか持っていますが、DDテントはすごく気に入っているテントで、これからソロキャンプを始める人や、ブッシュクラフトキャンプが気になっている人にもおすすめできるテントです。

  • DDスーパーライトピラミッドテントが気になる
  • 使っている人の感想が知りたい
  • ブッシュクラフトキャンプに向いているテントが欲しい
  • どんな人に向いているか知りたい

本日はDDテントを使っている理由を紹介しつつ、使ってみた感想も合わせて解説します。

何かみなさんの道具選びの参考になれば嬉しいです。

DD HAMMOCKS・ スーパーライトピラミッドテント 

DD Hammocksは、インドネシアのロンボクからスコットランドのエジンバラまで、東南アジア、中国、モンゴル、ロシア、そしてその後ヨーロッパ経由で、陸路の旅を含む世界各地を旅行してきたニック・ヴァンシッタールによって設立されました。詳しくはこちら

DD スーパーライトピラミッドテント

サイズ:L 260cm, W 245cm, H 120cm

重 量:460g

付属品:本体
    SuperLightペグ x 13
    ガイライン (2m) x 5

価格:¥25,300

 

created by Rinker
¥25,300 (2022/10/02 06:47:41時点 Amazon調べ-詳細)

DD スーパーライトピラミッドテントを使う理由 

大きさ

設営したときのサイズが2人が寝れるくらいの大きさで、ソロキャンプで自分の荷物と寝床を確保するのにいいサイズです。

DD HAMMOCKS HP より抜粋

実際に寝てみた感じも十分な大きさでした。

これまで一人用のテントを使ってきた私にとっては少し大きいとさえ感じるくらいのスペースです。

ただ、二人で使うなら結構ギリギリの大きさです。

ワンポールテントは真ん中が一番高さがあり、そこからどんどん低くなっていくので、居住スペースはサイズより狭く感じます。

これまでドームテントになれていた私はこの居住スペースが狭いと感じるのに慣れるのにちょっと時間がかかりました

重量・収納サイズ

重量は460gと軽量です。

収納サイズも30cm x 15cm x 10cmとコンパクトなのでバックパック一つでキャンプに行くのにこの軽さ・コンパクトさは魅力です。

ちなみに、インナーテントは565gで合わせると1025g。

約1kgなのでテントしては軽量な方です。

隣に置いたのは500mlのペットボトルです。

ペグや収納バッグを合わせた総重量は648g

らくらく設営・撤収 

ワンポールテントはドームテントのようにフレームをテントに入れたりする作業がないので、慣れれば設営は簡単・らくらくです。

角をペグダウンしてポールを立てればいいだけです。

このスーパーライトテントはきちんと折りたたまなくても収納バックに押し込んでいくだけで撤収ができます。

ズボラな私にとってはすごくありがたいことです。

バックに押し込んでいけば収納できます。

簡単です。

次に使う時に設営すればシワはなくなります。

ホームページに“素材の強度・性能を保つために同じ折り目で折り畳みはやめてください”

と記載があるのでぐちゃぐちゃに入れていけば毎回折り目は変わります。

と、ズボラな撤収を正当化しています。

インナーテントが別売だったこと

よくあるテントはインナーとフライがセットになっています。

インナーは別の蚊帳を持っているので必要なかったため、インナーテントが別売だったことは私にはメリットでした。

ちなみに私が使っている蚊帳はSEA TO SUMMITのシングルタイプ。

ピラミッドなのでDDテントとの相性も良く、蚊など虫がいる時期は使います。

重量は96gで超軽量でコンパクトです。

コストも安く済ませることができます

この蚊帳はグランドシートがないので虫の侵入を100%防げるわけではありませんが今のところこの蚊帳を使っていて虫の被害にあったことはありません。

ポーランド軍幕への憧れ

私は軍幕への憧れがあります。

海外のブッシュクラフターも愛用している人が多く、無骨な雰囲気も好きです。

ですが、コットンの軍幕はどうしても重く、バックパックひとつで行動したい私にとっては重量がデメリットでした

ですのでワンポールで軽量な軍幕っぽいのテントを探していました。

DDテントはオリーブグリーンで、ワンポールテント。

軍幕はやっぱり雰囲気抜群ですが、軽さ・コンパクトさはDDテントの方が小さく、軽量だったのでDDテントを選びました。

アレンジできる設営 

トップループがついているから設営がアレンジできる楽しさがあります

  • 木から吊るす
  • 木にロープを張って吊るす
  • 木の枝を組んでポールレスにする  

自然のものを使って設営してみるのを楽しみたい人にオススメなんです。

木から吊るして設営したりすることでテント内のスペースを有効に使えます

設営は意外と難しいのでうまく張れたときの嬉しさは人一倍、設営するのも楽しくなります

しっかりした機能 

結露を防ぐための大きめのベンチレーションも付いていますし、ペグダウンするところ以外に4か所のロープを取り付けるトグルがあるので強風の時の対策もできます。

デメリット

インナーテントとセットだと値段が高い 

インナーテントと合わせると46090円になります。

使っている素材や機能を考えると妥当だとおもうのですが、、合わせて買うと初期コストがかかります。

普段はDDテントを張って、インナーテントは使用せずにシートを敷いてその上で寝るのですが、地面を歩く虫の侵入はありえます。

実際に使用していて虫の侵入で困った経験はありませんが、虫が苦手で、侵入を絶対に許したくない人はインナーテントと合わせて使うのがいいと思います。

大きさが中途半端 

二人だと結構ギリギリなサイズで、一人だとスペースが余る

正直ちょっと中途半端なサイズかな、と思うところがあります

居住スペースはサイズよりも狭いのでテント内で二人で過ごすには狭いです

ポールレスにして設営するとテント内を有効に使えるので設営を工夫することで対策できます

全室が記載のサイズよりも狭まく感じる 

設営するとわかるのですが、テントの全室になる部分が先に行くほど地面と近くなるので、記載のサイズほど使えません

インナーテントなしで設営した場合、全室の狭さはカバーできます

移動ができない 

自立式ではないため、一度設営してから移動する場合は手間がかかります。

例えば設営した後に地面がデコボコしていて、寝心地を考えてちょっと移動するとか、風向きが悪いから移動するとか。

ってなった時は面倒です。

設営が大変な時

地面に岩があってペグが上手く刺さらない時や、河原で設営する時は石にくくりつけたりするなどしないといけないので少し手間がかかることもあります。

火気厳禁 

火に弱いので、テントのそばで焚火をすると簡単に穴があきます。

わたしもすでに2箇所穴をあけてしまいました。

こんな人におすすめ

  • バックパック一つでキャンプに行く人
  • ブッシュクラフトキャンプしたい人
  • 軽量なテントを探している人
  • ワンポールテントを検討している人
  • 無骨な雰囲気のテント探してる人

終わりに

いかがでしたでしょうか。

さまざまなタイプのテントがあり、どれもいいところがありますが、やっぱり自分が気に入ったテントを使ってキャンプするのは楽しいです。

私はよくタープ泊でキャンプをしたりもしますが、その度に「やっぱりテントはいいなー」と思います。

包まれた自分だけの空間を確保できるし、自然の中に身を置くことは野生動物とも隣り合わせ。

時にはドキドキすることもありますが、そんな時にテントの中にいると少し安心できます。

ベストなテントを背負ってキャンプに行きましょう。

何かみなさんの道具選びの参考になればうれしいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

created by Rinker
¥25,300 (2022/10/02 06:47:41時点 Amazon調べ-詳細)
ABOUT ME
opo85
キャンプ、登山、釣り、ウインタースポーツなどアウトドアが大好きな30代。小さい頃から大好きだったキャンプを中心にアウトドアを楽しんでいます。