料理・調理

便利!ステンレスボトルをキャンプに持っていく「5つの理由」

opoです。

ステンレスボトルを持っていく5つの理由を紹介します。

  • ステンレスボトルが欲しい
  • シングルウォールのボトルってどうなの?
  • 直火かけていいの?
  • メリットデメリットが知りたい 

など気になっている方は読んでみてください。

みなさんの道具選びの参考になれば嬉しいです。

シングルウォール・ステンレスボトル

私はクリーンカンティーンのシングルウォール・ステンレスボトルをサイズ違いで2本持っていて、季節によって使い分けています。

リフレクトボトル18oz(532ml) 

f:id:Bachi:20210217203205j:image
  • 容量:532ml
  • 重量:170g
  • 注ぎ口口径:44 mm
  • サイズ:H17.8cm×7φcm
  • 本体素材:18/8ステンレス
  • キャップ素材:18/8ステンレス バンブー(竹)

ワイドボトル27oz(800ml)

f:id:Bachi:20210217205110j:image
  • 容量:800ml
  • 重量:215g
  • 注ぎ口口径:54 mm
  • サイズ:H22cm×7.5φcm
  • 本体素材:18/8ステンレス
  • キャップ素材:ポリプロピレン#5製

共通の特徴

  • 18/8 ステンレススチール素材
  • 内側は電解研磨が施こされ、有害な製造工程はなく、湾曲したコーナーの仕上げでお手入れも簡単です
  • 底がステンレス製のループキャップによる総ステンレスの内部
  • 食洗器使用可能
  • BPA Free

どちらもシングルウォールで、保温・保冷はできません。

春から晩秋までは容量の小さい方を使い、冬は大きい方を使っています。

やっぱり寒い時期の方がお湯をたくさん使うので容量が大きい方が便利です

持っていく5つの理由

見た目

見た目、もうこれです。

海外のブッシュクラフターがステンレスボトルを直接火にかけてるのを見てカッコよかったんです。

直火にかけられる

シングルウォールのステンレス素材なのでキャップを外せば火にかける事ができます

これが私が買った一番の理由です。

f:id:Bachi:20210217203515j:image

一台二役・水筒として、ケトルとして

直火にかけることができるので水筒としてはもちろんケトルとしても使用可能。ボトルでお湯が沸かせるからケトルを持っていく必要がなくなるのが収納スペースがセーブできます。(ボトルとケトル両方持っていく時もあります)

コーヒーやお酒飲む時にはお湯はかかせませんのでキャンプに行く時には必ず持っていきます。

寒さ対策・お湯を入れれば湯たんぽに

寒い季節には湯たんぽとして使用できます。

寝る前に沸かしたお湯を入れて、コットンの袋とか、タオルでくるんで入れておくと寝る時に寝袋が暖かいのですぐに入眠できます。

寝る時だけではなく、焚き火に当たっている時も沸騰させた状態でキャップを閉めれば即席カイロとして使えます。

で、冷めたらまた火にかけて沸かすと暖かい飲み物を飲みながら足や手を暖めるのに便利なんです。

ステンレスボトルによってはお湯を満タンまで入れてキャップを閉めると漏れてくることがありますので注意が必要です

真冬には常時使うことが多いです。

凍結対策・翌朝の飲み水の確保

これも寒さ対策になるんですが、真冬にキャンプに行くと、氷点下になる所では朝に水が凍ってるなんて事があります。

当然浄水器も凍ってしまうので、川の水を汲んでも浄水できません。

寝る前にステンレスボトルに水を入れておけば翌朝もそのまま火にかけて飲む事ができるので重宝します。

設備の整ったキャンプ場だと氷点下でも水がでるので心配はいりませんが、そうでないキャンプ場の場合は凍結対策は必須です。

注意点

焚き火に入れる時

直火にかける時にはキャップは必ず外します。

不安定な状態で焚き火に入れてると倒れて大惨事。

なんて事もあるのでしっかり安定するようにしてください。

前に冬キャンプで朝に沸騰寸前のボトルを倒してしまい、水が無くなってしまったのでコーヒーもスープも飲めずに帰った事があります。

火傷に注意

直火にかけているボトルは当然熱いので、持つときは必ず軍手などしてください。

湯たんぽとして使う時も熱いので注意が必要です。布の袋に入れたり、タオルを巻くなどしましょう。

お湯を沸かす能力、使いやすさはヤカンの勝ちです。

ヤカンはやっぱりお湯を沸かす為の道具なのでヤカンの方が早く沸かせます。

こんな人にオススメ

  • 荷物をできるだけ減らしたい人
  • 暖をとる道具を増やしたい人
  • 冬にキャンプする人
  • これからヤカン買うか迷ってる人
  • ソロキャンプに行く人

その他の種類

今回紹介したボトル以外にもさらに大きい1182mlなどがあります。

クリーンカンティーン以外にも直火にかけられるボトルがありますし、素材もチタンを使っている物もあっりするのでぜひ自分に合う、一番カッコいいと思うボトルを探してみて下さい。

ステンレスボトルの購入をする場合は必ず火にかけらるか確認してから購入しましょう。

終わりに

最後にもう一つ。

広口のタイプであれば、別売のマウスオープナーを使用すれば、枝などに吊るす事も可能です。マウスオープナーはアマゾンとか楽天で検索するとでてきます。

f:id:Bachi:20210217224702j:image
f:id:Bachi:20210217224644j:image
f:id:Bachi:20210217205323j:image

これがなかなかにカッコいいなと。個人的に好きなんです、こういうの。

キャンプだけではなく、登山や釣りでの使用にもオススメです。

いかがてしたでしょうか。みなさんのキャンプギア選びの参考になればうれしいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ABOUT ME
opo85
キャンプ、登山、釣り、ウインタースポーツなどアウトドアが大好きな30代。小さい頃から大好きだったキャンプを中心にアウトドアを楽しんでいます。