テント・ハンモック

【ソロキャンプ】建築資材・タイベックシートをグランドシートとして使うのをおすすめする

こんにちは、opoです(opo_85)

建築資材などで使われるタイベックをご存知でしょうか?

防護服に使われたり、農業用資材に使われたりもするタイベックですが、キャンプでの使用にも便利でした

タイベックシートをキャンプで実際に使って感じたメリット・デメリットをお伝えします

  • タイベックシートって何?
  • 最近よく聞くけどどうなの?
  • メリット・デメリットが知りたい
  • 今よりも装備を軽量化したいんだけど

そんな人は是非この記事を読んでみてください

何かみなさんの道具選びの参考になれば嬉しいです

デュポン・タイベック

タイベック(Tyvek)とは、化学系複合企業”デュポン”が開発した高密度ポリエチレン繊維不織布であり、その登録商標である

用途として、化学防護服、屋内の湿度を屋外に逃がし雨などの水を防ぐ壁材である透湿防水シートのほか、アメリカ合衆国郵便公社の速達封筒など科学・医療・農業分野など多様な使われ方をされている。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

より詳しく知りたい方は旭・デュポン フラッシュスパン プロダクツ株式会社ホームページをご覧ください 

デュポン・タイベック・シルバー

本記事で紹介するのは建築資材に使われるタイベックシルバーです

タイベック®シルバーは、高密度ポリエチレン不織布タイベック®にアルミニウムを蒸着させ、さらに繊維の一本いっぽんにアルミニウムの劣化を防ぐ抗酸化樹脂コーティングを施した遮熱シートです。薄い防水フィルムに透湿アルミニウムを挟んだだけの他社製品とは異なり、長期間使用しても遮熱性、防水性の劣化が少ない、強靭な建材です。

出典:旭・デュポン フラッシュスパン プロダクツ株式会社HPより

このタイベックシルバーのシートをキャンプでグランドシートとして使用してみました

タイベックシルバーの8つの性能  

  1. 遮熱性
  2. 遮熱耐久性
  3. 透湿性
  4. 防水性
  5. 防水耐久性
  6. 強靭性
  7. 夏型結露にも有効な遮熱性
  8. 防蟻防腐剤の影響を受けにくい 

遮熱耐久性、防水耐久性とは、数十年のテストをした耐久性の事です

この8つの性能は建築資材として使った時に効果を最大限発揮する性能になります

気になるのはアウトドアの使用においての性能はどうか?

ですよね

キャンプや登山での使用の場合、防水性、遮熱性、透湿性、強靭性あたりが特に気になるところじゃないですか?

実際に使ってみた感想は後述しますので気になる方はそちらまで飛ばしてみてください

有名ULアウトドアブランドからも

ULギアブランドもタイベックを使って製品を作っています

それだけ注目されているってことですね

シックスムーンデザインからフットプリント(テント用のシート)があります

また、ローカスギアからはテントや、タープやシートとして使えるマルチシートも発売されています

LOCUS GEAR ホームページより

LOCUS GEAR ホームページより

ローカスギアはコロナ禍でタイベックは医療用品にも使用されるため、現在タイベックを使用した商品の製造を中断しているようです

タイベックシートの魅力

重量 

グランドシートやレジャーシートと比べてすごく軽いです

実際に私が使用しているサバイバルシートとテントのグランドシートとの比較です

サバイバルシート:325.5g
テント専用グラントシート:211g
タイベックシルバー:128.5g

サバイバルシートが325.5g、テント専用グランドシートが211g、タイベックシルバーが128.5gなのでサバイバルシートと比べてなんと197gも軽量です

テント専用のグランドシートと比べても82.5g軽量です

大きさが同じではないのでこの比較はあくまで参考値です

私が重量を測った3つの大きさは以下の通り

  • サイズはサバイバルシートが213 x 140cm
  • テントグランドシートが205 x 90cm
  • タイベックシートが210 x 100cm

タイベックシートの210 x 100cmはソロで使うには十分な大きさです

価格 

価格は210 x100 cmで1309円(2022年4月時点)

この値段ならコスパもいいですね

他にもサイズがあるので自分にあったサイズを選ぶこともできます

手に入りやすい 

アマゾンや楽天で購入することができます

その他、ホームセンターなどでも購入ができるので手に入りやすいです

ちなみに、ホームセンターなどではロールで売っていたりするので、必要な分だけでいい人はアマゾンや楽天で切り売りされているものを購入するのがいいでしょう

使ってみた感想 

実際に使用したのは、晴れが続いていて、地面が乾いた状態での使用でした

役割は十分果たしてくれる 

私はキャンプでは地べたスタイルで過ごすことがほとんどで、スリーピングマットの上に座って過ごしています

グランドシートとして使ってみて、普段使っているグランドシートと比較して大きな違いは感じませんでした

グランドシートとして、テントやスリーピングマットを汚れや傷つきから守ってくれる役割は十分果たしてくれます

透湿性の高さ 

使っていて気になったのは翌朝のこと

シートの上に敷いていたスリーピングマットが湿っていました

これはタイベックシートの透湿性の高さによるものだと思います

触ってみるとスリーピングマットは少し湿っていました

他にもシートの上に置いていたものは少し湿り気を感じる状態でした

私はシートの上には座らず、スリーピングマットの上に座っていたので着ている洋服が湿ってしまうことはありませんでしたが、直接座っていたら湿ってしまいそうです

グランドシートとしての役割は十分果たしてくれますが、直接物を置くと、若干湿ってしまいます

丈夫さ 

シートそのものがすごく薄いので、小石などですぐに穴が空いてしまうのではと心配していましたが小石などで穴が開くことはありませんでした

強靭性も高いといえます

軽さゆえの注意点 

グランドシートとして使用する場合、テント専用のグランドシートではないのでテントとの連結はできません

軽量なので風に飛ばされたりしないよう注意が必要です

遮熱性 

タイベックシルバーは片側にアルミニウムを蒸着させているので遮熱性が高いのが特徴ですが、実際に使ってみて遮熱効果を感じられるほどではありませんでした

遮熱に関しての効果は寒い季節の方が感じることができそうです

使って感じたメリット・デメリット 

使ってみて感じたことは以下の通り

今回は晴れていた中での使用でしたが、雨での使用や、地面が濡れている時の使用も気になります

今後、雨で使う機会がありましたらその時の感想を追加しますのでお楽しみに

まとめ 

まとめ
  • 安価なのでコストを抑えることができる
  • アマゾンなどで購入することができるので手に入りやすい
  • 軽量なので装備を軽くすることができる
  • テントやスリーピングマットを地面からの汚れや傷つきから保護することができる
  • 薄いけど強靭性が高いので穴が空きにくい
  • 見た目の良し悪しには個人差がでる(無骨・雰囲気重視の人には向かない)
こんな人におすすめ
  • コストをとにかく抑えたい人
  • 装備を軽くしたい人
  • 見た目にこだわらない人
  • バックパックひとつでキャンプに行く人
  • 登山などで使用する人で最低限の機能でいい人

終わりに 

いかがでしたでしょうか

建築資材で使われているタイベックの紹介でした

見た目よりも装備を軽量にしたい人にはタイベックはおすすめの素材です

私は無骨・雰囲気にこだわりたいと思っていますが、できるだけ荷物も軽くしたいので今後も使っていこうと思います

グランドシートならほとんど見えないので気にならないですよね

装備を軽量化してバックパックひとつでキャンプや登山に出かけましょう

最後まで読んでいただきありがとうございました

何かみなさんの参考になれば嬉しいです

ABOUT ME
opo85
キャンプ、登山、釣り、ウインタースポーツなどアウトドアが大好きな30代。小さい頃から大好きだったキャンプを中心にアウトドアを楽しんでいます。