キャンプ

【バックパック】SAVOTTA・339を選んだ「5つの理由」

こんにちは、opoです。

キャンプに行く時はバックパックでいきます。

私が使っているバックパックはSavotta (サボッタ)Saddle Sack 339(サドルサック339)を使っています。

  • サボッタ339が気になっている
  • 機能が知りたい
  • メリット・デメリットが知りたい
  • 使い勝手はどうか知りたい 

そんなことが気になっている方にこの記事はおすすめです

サボッタ339の機能を紹介しつつ、私がこのバックパックを選んだ理由とデメリットを紹介します。

Savotta 

サヴォッタ(サボッタ)は、北欧・フィンランドで1955年に誕生したバックパックやネイチャーストーブ、サウナテントなどを展開するブランドです。

フィンランド国防軍との提携で製品開発を行ってきたサヴォッタ(サボッタ)では、軍の装備品に用いている素材を一般向け商品でも使用しています。
※サボッタホームページより引用

少し前までは日本公式サイトはなかったと思うのですが、最近公式サイトができましたね。現在では正規取扱い店もあります。

Savotta 339 スペック

メインコンパートメントに外側にサイドポケットが3か所ついています

外観の寸法:W:45cm x H:50cm x D:35cm
容量:約55~65リットル
重量:約1.9kg(フレーム重量:650g)
素材:パラフィン加工のコットン、ポリアミド紐
フレーム:スチール

created by Rinker
¥29,700 (2022/10/01 17:18:57時点 楽天市場調べ-詳細)

選んだ5つの理由

シンプルな構造

メインのコンパートメント、外側にポケットが3つ。
このすごくシンプルなデザインが私には使いやすいです。

登山用のバックパックは高機能で、サイドポケットもたくさんあって便利なのですが、どこに何を入れたか忘れてしまうんです。
そして片付けるときも、アレをココに入れて、、コレをここに入れて、、とこの作業が面倒に感じてしまうんです。
全てメインコンパートメントにいれて、おしまい!サイドポケットも3つなので大体の把握が可能です。


これがすごく楽で。


サイドポケットも3つなので、あれどこ入れたっけ?ってなってもすぐに見つけられます。
このシンプルな構造がめんどくさがりで忘れっぽい私にはベストなバックパックでした。

容量


容量は55〜65Lです。
荷物はできるだけ少なく、軽くしたいとは思うのですが、今の私にはまだこのくらいの容量が必要なので拡張できるのはありがたい機能です。


それと、あんまりバックパックの外にたくさんくくりつけるのが好みではないのでこの容量ならほとんどの荷物が中に入るのもポイントでした。
さらに大きくしなかった理由はこれ以上大きいと重くなりすぎてつらいから。

65Lくらいがギリギリです。年齢と共に当然体力も落ちるので今後はもっと荷物を減らしていきたいなと思っています。

拡張性


サイドの紐を絞る事で55L〜65Lに調整できるのも魅力でした。

サイドの紐を調整することで拡張ができるのが便利で、荷物が多くなる冬には紐を緩めて容量を広げ、荷物が少ない時期には紐を締めることで季節に対応できます。
またこの紐にポールや斧、釣り竿など取り付けも可能。

この紐を絞ることで拡張が可能

 

ポールや斧、釣り竿など取り付けも可能

さらに雨蓋とメインコンパートメントの間にブランケットやテントを挟む事ができるのも便利。荷物が多くなってしまってもなんとかなります。

デザイン・色

無骨さも感じるレトロなデザインも好きなポイントです。
色は言うまでもありません。カーキとか緑とか大好きです。

憧れ

このバックパックにする前は登山用のを使っていましたが、海外のブッシュクラフターの動画をよく見ていて、このバックパックを使っていたので憧れがありました。

325と悩んだ結果

サボッタからは325というバックパックも発売されています。

339よりもクラシカルで皮のストラップが使われていたり、正直325の方が好みでした。
ですが容量が50Lと少し小さく、拡張もできなかった為、今の私にはもう少し大きいバックパックの方が安心できたので339を購入しました。

デメリッ

重い

素材はコットンでスチールフレームなので重いです。

バックパックだけで1.9キロあるので、軽量化を目指してる人にはオススメできません。

素材

コットンなので雨に弱いです。

パラフィンワックスなどで撥水性を高める事はできますが、手間がかかります。
撥水性を高めても登山用のバックパックより防水性に劣るので雨に弱いのはデメリット。
個人的には撥水加工をしたり手間をかける事で愛着が深まるのでいいと思っていますが。

アレンジができない

モールシステムのバックパックなどは拡張したりストラップで何かくくりつけたりアレンジがききますが、シンプルなデザインなのでアレンジするにはストラップを縫い付けたりする必要があります。

まとめ 

機能
  • メインのコンパートメント、外側にポケットが3つあるのでシンプルに仕分け可能
  • 容量は55〜65Lに拡張可能なので季節を通して使用できる 
  • 雨蓋に荷物を挟み込めるのでさらに容量が増やせるので食料などもバックパックにすべてまとることができる
  • サイドの紐にはポールや斧などをくくりつけることができるので長い物の持ち運びも可能

6.終わりに

いかがでしたでしょうか。
バックパックも長く使える道具なのでぜひ自分の好みに合ったものを選んでみてください。

何か参考になればうれしいです。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

created by Rinker
¥29,700 (2022/10/01 17:18:57時点 楽天市場調べ-詳細)

コットンバックの撥水加工の方法↓

ABOUT ME
opo85
キャンプ、登山、釣り、ウインタースポーツなどアウトドアが大好きな30代。小さい頃から大好きだったキャンプを中心にアウトドアを楽しんでいます。