料理・調理

【EVERNEW】バックカントリーアルミポッド「レビュー」シンプルながら魅力いっぱい!

こんにちは、opoです

エバニューから復活したバックカントリーアルミポッド

発売と同時に人気が爆発し、欠品状態が続いていましたがようやく購入できるようになってきましたね

そんな人気のクッカーには魅力がいっぱいです

ようやく購入できるようになって、気になっている人も多いのでは?

バックカントリーアルミポッドの特徴・機能を伝えつつ、一年ほど使ってみた感想の紹介です

何かみなさんの道具選びの参考になれば嬉しいです

エバニュー・バックカントリーアルミポッド 

スペック

  • サイズ:径122×深さ67mm
  • 素材:アルミニウム(アルマイト加工) 本体:ステンレス・ハンドル
  • 質量:140g
  • 生産国:日本製

購入のきっかけ 

実は吊り下げできるタイプのクッカーを買うのはこのバックカントリーアルミポッドが初めてでした

これまでは吊り下げることにそんなにこだわっていなかったためです

私が吊り下げることに興味を持ち始めたのは2015年ごろ、

「ブッシュクラフト」という言葉をよく耳にするようになり、そこから私のキャンプスタイルは大きく変わりました

それまでは焚き火に直接クッカーをぶち込むだけだったのが、

木を集め、削り、組んだりして、

吊り下げる、という行為が楽しくなったのです

そこから私の吊り下げることに対してのモチベーションは上がり、今ではすっかりその虜になってしまいました

このクッカーを持つまではステンレスボトルにボトルハンガーを取り付けて吊り下げたりしていました

そんな中で発売されたエバニューのバックカントリーアルミポッドは私にとって魅力的なクッカーだったわけです

購入のきっかけはシンプルで単純な理由でした

近年のエバニューはパッケージもおしゃれです

昔とは大違いですね

単純な理由で購入したアルミポッドですが、使ってみると魅力がいっぱい

特徴や機能など詳しくみていきましょう

特徴 

紹介したい特徴は以下4つ

  1. ハンドル
  2. ふた
  3. 加工
  4. 容量 

ハンドル 

先にも伝えましたが、ハンドルが特徴的です

まずはみてわかる通り、吊り下げることが可能になっています

このクッカーの一番の魅力と言ってもいいですね

これからブッシュクラフトをしたい方にもおすすめです

この取手は簡単に取り外しができます

例えば登山などでバーナーを使うときなんかは外して使うのもアリですね

その場合、別でハンドルが必要になります

このハンドルはまだ特徴があります

一方は立ち上がった状態をキープできるようにストッパーがついています

これが便利です!

立ち上がった状態をキープできるので直で焚き火にかけている時でもハンドルが熱くならずにすみます 

ふた 

ふたもユニークな構造になっています

つまみが真ん中についているのではなく、端っこについています

これが便利です!

落ちている小枝を利用してテコの原理を使えば直接つかまなくてもふたを開けることができます

小枝を引っ掛けてテコの原理を使えば中の確認ができます

料理の加減を確認するときとかすごく便利ですよ

このつまみは自立してくれます

ですので調理の時は立てておいて、小枝を使えば熱さを感じずにクッカーの中の状態が確認できます

自立してくれるふた

シンプルなアルミだけのフタなので、ふたの上に炭をおいてオーブン調理も可能です

料理にこだわりたい人には魅力的ですね

私は料理は簡単なものばかりですのでふたに炭を載せることはしたことがありません

加工 

このクッカーはコーティングなどはされていません

施されているのはアルマイト加工のみです

アルマイト加工とは、簡単にいうと表面に皮膜を作って、アルミニウムの耐食性・耐摩耗性を向上させるための加工です

余計な加工がされていないので焚き火でガンガン使うことができます

商品パッケージにも煤焦げた写真が使われていたり、焚き火で使う事が可能で、オリジナルクッカーに育てようと公式ページでも記載があります

容量 

容量はギリギリまで入れて約750mlでした

また、容量がわかりやすいように、200ml、400ml、600mlのところにメモリがついています

シンプルに線だけですが、これがあるだけで容量がわかりやすいので便利です

実際に使ってみた総合的な感想としては、ソロキャンプで使うのには困らないです

冬に鍋料理をするときはちょっと小ささを感じましたが、それ以外では困ることはありません

opo

冬は暖かい料理で暖をとったりします

バックカントリーポッドだと1回に作れる量が少ないので何度か作り直す必要があります

作り直す時に味を変えたりすることで小ささを楽しみに変えることもできますね

メンテナンス 

シーズニング「米のとぎ汁で煮る」

もしクッカーのコゲ付きを予防したい人は米ぬかを使ってシーズニングをすることで多少の予防はできます(焚き火にかける場合は外側の煤汚れは防げません)

シーズニングしておくことでクッカーの中のコゲつきを予防したり、汚れを落としやすくできます

シーズニングについて詳しくは過去の記事があるのでご覧ください

焚き火の煤汚れは「お酢で煮る」と簡単に落とせる!

「焚き火で使うなら汚れてなんぼ」

ですが、もしも使用後にキレイに汚れを落としたいのであれば

お酢で煮ることでゴシゴシと力任せに擦り続けなくてもキレイにすることができます

使用後のクッカーをキレイにしたい人にはおすすめです

スタッキングについて 

 

公式ホームページにも記載があるように、同メーカーのTi570cupがピッタリ入ります

このカップはチタン製で軽量なので装備を軽くしたい人におすすめ

created by Rinker
¥2,970 (2022/10/01 06:08:26時点 楽天市場調べ-詳細)

他のブランドですと、ベルモントのチタンシェラカップがピッタリ入ります

ピッタリスタッキングできるわけではありませんが、スノーピーク・トレック900が収まります

クッカーを二つ持っていきたい人はトレック900と組み合わせるのもアリですね

created by Rinker
¥2,970 (2022/10/01 08:14:13時点 Amazon調べ-詳細)


https://opo85-outdoor.com/treck900/4032/

合わせて使いたいハンドル・コジー 

このサイズのクッカーの場合、直接食べることがほとんどかと思います

直接食べる時は吊り下げ用のハンドルではうまく持つ事ができないのでハンドルがあると便利です

私はエバニューのNABETSUCAM・ナベツカムを使っています

NABETSUCAM・ネーミングとスペルにこだわりを感じずにはいられませんね

ナベツカムの紹介と、アルミハンドルとの比較した記事もありますのでよかったらご覧ください

ハンドルが必要というのは欠点でもあります

追加で必要なわけですから、クッカー + ハンドルだとコストも増えます

お財布との相談も必要ですね

ハンドルを持ちたくない人はケースとしてコジーを使うのもアリです

バックカントリーアルミポッドは専用のケースは付属していないのでコジーをケースとして使えばハンドルは入りません

created by Rinker
¥1,483 (2022/10/01 06:08:26時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ 

機能・特徴のまとめ
  • 吊り下げ可能なハンドルは取り外しも簡単
  • ハンドルは立てた状態をキープできるので熱くなりにくい 
  • ふたのつまみは小枝を使って開閉ができるので火傷しにくい
  • シンプルなアルミのふたは炭を載せてオーブン調理も可能
  • ふたのつまみは自立しててくれるので掴みやすい
  • 容量はソロキャンプにちょうどいいが鍋料理などでは小ささを感じる
  • 目盛りがついているので容量が測りやすい
  • ハンドルを携帯することでさらに使いやすくなる
  • 追加でハンドルを用意するなら余分にコストがかかる
  • 専用のケースが付属していないので別で用意する必要がある
  • ハンドルを持ちたくない人はケースとして使うといい
こんな人におすすめ
  • バックパックひとつでキャンプにいく
  • ソロキャンプで使うクッカーを探している
  • ブッシュクラフトに興味がある・やってみたい
  • 焚き火に吊り下げるのにロマンを感じる・やってみたい 

おわりに 

いかがでしたでしょうか

アルミのクッカーにしてはちょっと高いかな、ハンドル、ケースも用意するとなるコストかかるな、と思いましたが、使ってみる細部までこだわっていることを感じることができ、つ実際に使いやすい大満足のクッカーです

これからクッカーの購入を考えている人や、吊り下げることに魅力を感じる人には絶対おすすめ

キャンプだけでなく、登山や釣りなどでも幅広く活躍してくれますよ

お気に入りのクッカーを持ってアウトドアに行きましょう

最後まで読んでいただきありがとうございました

何かみなさんの道具選びの参考になれば嬉しいです

ではまた

created by Rinker
¥2,970 (2022/10/01 06:08:26時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,483 (2022/10/01 06:08:26時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,600 (2022/10/01 11:11:18時点 Amazon調べ-詳細)


ABOUT ME
opo85
キャンプ、登山、釣り、ウインタースポーツなどアウトドアが大好きな30代。小さい頃から大好きだったキャンプを中心にアウトドアを楽しんでいます。