スリーピング

比較【ナンガ】オーロラとオーロラライトって何が違うの?徹底解説!

こんにちは、opoです

ナンガの寝袋・オーロラとオーロラライトの違いってなに?

名前似てるけど違いあるの?

って思った人いませんか?

  • オーロラとオーロラライトの違いってなに?
  • オーロラとオーロラライトどっちにしようか迷っている
  • 違うことで何がどうなるの?
  • どちらがいいの? 

そんな悩みを持っている人へオーロラとオーロラライトの違いの解説です

比較する寝袋はオーロラ750とオーロラライト750DXでの違いの比較になります

違いを解説しつつ、それぞれのメリットもお伝えします

みなさんの寝袋選びの参考になれば嬉しいです

オーロラとオーロラライトの違い

オーロラシリーズとオーロラライトシリーズの大きな違いは二つです 

  • 生地
  • ダウン

オーロラ

生地

表地:オーロラテックス

裏地:40Dナイロンタフタ

ダウン

スパニッシュダウン

フィルパワー650FP

オーロラライト

生地

表地:15Dオーロラテックス

裏地:15Dリップストップナイロン

ダウン

スペイン産ダックダウン

フィルパワー760FP

生地の厚さ 

違いの一つ目は生地の厚さです

オーロラは40Dナイロンタフタ

オーロラライトは15Dリップストップナイロンを使用していま

DとはデニールのDで、数値が小さいほど薄い生地になります

薄い生地の方が軽量で、高価な生地となります

オーロラライトの方が薄い生地を使用していることから、軽量・高価という特徴があります

一方オーロラは、生地は厚いですが、薄い生地と比べると安価になります

ちなみに、15Dと40Dで比べると、15Dの方が薄いですが、40Dも十分薄い部類になります

使用しているダウン 

オーロラとオーロラライトで使用しているダウンの品質に違いがあります

オーロラ

 スパニッシュダウン:FP650

オーロラライト

スペイン産ダックダウン:FP760

オーロラライトの方がFPの高いダウンが使用されています

FPとはフィルパワーの事です

フィルパワーとは、ダウンの品質を表すもので、

ダウンの測定基準で、「ダウンの強度」「その圧力に対する反発力」「かさ高さ」を数値で表したものです

数値が高いほど高品質と言われていて、FPが高いダウンほど保温性が高くなります

詳しくは過去の記事にも記載しているのでもしよければ読んでみてください

 

違いから生まれるスペックの差

生地・ダウンの品質の違いから生まれるスペックの違いは以下3つ

  1. 快適使用温度/下限温度
  2. 収納サイズ・重量
  3. 価格 

使用温度/下限温度 

快適使用温度、下限温度の違いは以下の通り

オーロラ750

快適使用温度-6℃
下限温度-14℃

オーロラライト750DX

快適使用温度-8℃
下限温度-16℃

使用しているダウンの品質の違いから、快適使用温度、下限温度に差があります

オーロラライトのダウンの方がFPが高い分、ダウン量が同じならより低い気温の中でも使う事ができます

収納サイズ・重量

オーロラ750

収納サイズφ22 × 32cm
重量1,490g

オーロラライト750DX

収納サイズφ19 × 31cm
重量1,280g

オーロラライトの方が使っている生地が薄く、高品質なダウンを使用しているので軽量であり、重量も軽くなっています

オーロラライトの方がコンパクトで軽量です

オーロラライトの方がコンパクトですが、オーロラもバックパックに入る事ができるくらいコンパクトです

価格 

オーロラ750

created by Rinker
¥44,000 (2022/10/01 11:57:33時点 Amazon調べ-詳細)

44,000円(税込)

2022年5月時点

オーロラライト750DX

63,800円(税込)

2022年5月時点

高品質で薄くて丈夫な生地を使用している分、同じダウン量なので快適使用温度もハイスペックなオーロラライトの方が値段も高価になります

オーロラはオーロラライトに比べるとリーズナブルでありながらしっかりと保温性の高い寝袋でコストを抑えたいけど保温性は確保したい人にはおすすめです

私もオーロラとオーロラライトでどちらにするか迷いましたが、オーロラ750を使っています

まとめ 

オーロラ・オーロラライトの違い
  • 生地
  • ダウン 

オーロラ

表地オーロラテックス
裏地40Dナイロンタフタ
ダウンフィルパワー650FP

 

オーロラライト

表地15Dオーロラテックス
裏地15Dリップストップナイロン
ダウンフィルパワー760FP

 

違いから生まれるスペックの差
  • 快適使用温度/下限温度
  • 収納サイズ・重量
  • 価格

オーロラ750

快適使用温度-6℃
下限温度-14℃
収納サイズφ22 × 32cm
重量1,490g
価格44,000円(税込)

オーロラライト750DX

快適使用温度-8℃
下限温度-16℃
収納サイズφ19 × 31cm
重量1,280g
価格63,800円(税込)
オーロラはこんな人におすすめ

コストを抑えつつ、しっかりした品質の寝袋がほしい人

収納サイズ・重量にそこまでこだわらない人

これからキャンプを始める人

オーロラライトはこんな人におすすめ

コンパクトさにこだわる人

できるだけ装備を軽くしたい人

登山もする人

おわりに 

いかがでしたでしょうか

オーロラとオーロラライトの違いについてでした

私はオーロラ・750を使用していますがすごく暖かくて気に入っています

ですが、大きさはもう少しコンパクトな方がいいな、というのが本音です

予算が取れるならオーロラライトがおすすめ

自分に合った寝袋を選んでキャンプで快適に眠りましょう

最後まで読んでいただきありがとうございました

何かみなさんの寝袋選びの参考になれば嬉しいです

created by Rinker
¥44,000 (2022/10/01 11:57:33時点 Amazon調べ-詳細)


ABOUT ME
opo85
キャンプ、登山、釣り、ウインタースポーツなどアウトドアが大好きな30代。小さい頃から大好きだったキャンプを中心にアウトドアを楽しんでいます。