料理・調理

【スノーピーク・トレック900】2年間使い倒した感想「かなり良いです」ソロにピッタリ!

こんにちは、opoです(opo_85)

私は今まで20年以上使ってきたクッカーがあります(クッカーの寿命は長い)

そのクッカーの持ち手が折れてしまったのをきっかけにトレック900に買い替え、2年ほど使ってきました

本日はトレック900を使ってみた感想です

クッカーを探していて、トレック900が気になっている人に私が実際に使っている使いやすさや、デメリットなどを紹介しつつ、「どんなひとに合うのか」をお伝えできればと思います

何かみなさんの道具選びの参考になればうれしいです

スノーピーク・トレック900 

重量:265g

素材:アルミ素材

容量:900ml

created by Rinker
¥2,970 (2022/12/08 06:30:19時点 Amazon調べ-詳細)

別売のトレック700、1400とスタッキング可能です

一石二鳥

フタがフライパンとして使えるのが便利です

と言っても大きさには余裕がないのでウィンナーを炒めたり、目玉焼きを作るくらい

ですがソロキャンプではそれで十分

ちょうどいいサイズ感

本体の容量が900mlあるのでソロキャンプに置いて鍋やラーメン、スープなど作るのに十分な大きさです

一人分を作るのにぴったりですが、二人、三人となると頼りないサイズです

持ち方の好みは分かれる

クッカーの取っ手の形状で好みは分かれます

手前がトレック900です

奥はトレック900とは違う形状のクッカーです

 

トレック900は持ち手が大きく握るように持つのでそのまま食べやすく、持っていて疲れにくいです

しっかり握ることができるので水分が多く重くな理がちな鍋料理なんかもこのまま食べれます

こちらはトレックとは違い、掴むように持つタイプ

トレックと比べてずっと持ち続けるのはちょっと疲れます

食べにくいというわけではありませんが、好みが分かれるところだと思います

持ち手が長いので焚き火料理に向いています

持ち手が長い分熱くなりにくいです

安価であること 

3000円弱と割と安価で購入できるのもいいところ

チタン製などは高価なので、コスパ重視ならアルミ製がオススメです

熱伝導も高いので、炊飯などにも向いています

 

opo

フライパンになるフタとクッカーで3000円弱はコスパはいい方かなと思います

クッカーにメモリが付いているのも便利ですよ

スタッキングの相性

ガスバーナーのボンベがぴったり入ります

さらにまだスペースがありますのでガスバーナーも一緒に入れたりすることも可能です

opo

登山に行く際にできだけ装備をコンパクトにまとめたい場合にはありがたいですね

クッカー自体が深型なので一緒にバーナ本体やライターなども一緒に入れることが可能です

私はエバニューのバックカントリーアルミポッドを使っていますが、バックカントリーアルミポッドの中にトレック900はピッタリハマります

クッカーを複数持って行きたいときにピッタリスタッキングできるのはありがたいですね

それと、もうひとつ、パスファインダーのクッカーがぴったり入ります

パスファインダーのユニークなデザインで使いやすいステンレスクッカーについて詳しくは過去の記事で紹介していますのでよかったらそちらもご覧ください

デメリット

焚き火調理には向いていないハンドル  

掴みやすいハンドルですが、短いので焚き火での調理の場合、熱くなりやすいです

焚き火で使うならハンドルが長いタイプの方がおすすめ

実際に私は焚き火でもガンガン使ってしまっていますが、置く場所を考えてハンドルが熱くならないように工夫しています

手袋は必須です

深型であること 

深型クッカーは噴きこぼれにくいメリットもありますが深いことがデメリットにもなります

熱伝導のいいアルミを使用していますが、深型のクッカーなので、熱が直接当たる面積が小さい分、浅型よりも調理がしにくいと感じることがあります

また、食べる時も最後の方は深型は取りにくいです

フライパンが小さい 

ウィンナーを炒めたり、目玉焼きを作ったりとちょっとした炒め物はできますが、しっかりした料理をしたい場合には小さすぎます

また、フライパンを使うとフタがない状態になるので、料理のメニューによっては別でフライパンを用意する方がいいでしょう

付属の収納袋は頼りない 

付属でメッシュの収納袋が付いていますが、正直これはかなり頼りないです

使い始めてすぐに穴があいてしまいました

 

収納袋は別で用意する必要があります

アルミクッカーのメンテナンス

使用前のシーズニング「米のとぎ汁で煮る」

トレック900のようにコーティング加工されていないアルミのクッカーは使用前にシーズニングをする事で調理の時にコゲ付きにくくしたり、汚れを落としやすくすることができます

その方法はすごく簡単で、

米のとぎ汁で煮ることです

そうすることで膜を形成してくれて、汚れにくくなり、また汚れは落としやすくなります

opo

効果があるのは調理の時のコゲつきや汚れです

焚き火にかけた時の煤汚れが落としやすくなるわけではありません

詳しい方法などについては以下の記事で解説していますのでぜひ参考にしてみてください

使用前だけでなく、定期的にしずニングすることで効果は持続できますよ

焚き火の煤汚れを簡単に落とす方法「お酢で煮る」 

焚き火での煤汚れは汚れてなんぼ

私はそんなふうに考えてあまりしっかりと煤汚れは落としませんが、焚き火での煤汚れを簡単にしっかり落としたい人におすすめなのが、

お酢で煮ることです

お酢で煮ることでゴシゴシとかすらなくても簡単に汚れを落とすことができます

詳しい方法は以下の記事をご覧ください

汚れを落としてキレイにした後にセットでシーズニングをすることをおすすめします

まとめ・こんな人におすすめ!

トレック900はこんな人におすすめです

荷物が少なくしたい人・フタがフライパンになるので荷物が少なくてすむ!

クッカーをしっかり持ちたい人・持ち手がしっかり握れるタイプなので安定感がある!

安価なクッカーを探している人フライパンにもなるフタなので一石二鳥、コスパ重視ならおすすめ! 

スタッキングしやすいサイズになっている・ガスボンベなど持っていくなら中にぴったり入る!

おわりに

いかがでしたでしょうか

クッカーもたくさんの種類があり、選ぶのも大変です

でもキャンプギアって選んでる時もワクワクしたりしますよね

みなさんのクッカー選びの参考になればうれしいです

最後まで読んでいただきありがとうございました

created by Rinker
¥2,970 (2022/12/08 06:30:19時点 Amazon調べ-詳細)
ABOUT ME
opo85
キャンプ、登山、釣り、ウインタースポーツなどアウトドアが大好きな30代。小さい頃から大好きだったキャンプを中心にアウトドアを楽しんでいます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA