バックパック PR

ミステリーランチ【ウィングマンハイドロ】ボトルホルスターを使ってみたのでレビュー

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

登山やハイキングで行動中の水分補給をもっと便利にしたい

そんな人にミステリーランチのウィングマンハイドロがおすすめです

この記事ではバックパックのショルダーベルトに取り付けるボトルホルスター「ウィングマンハイドロ」の特徴を解説します

ショルダーベルトに取り付けるボトルホルスターは初めて使いましたが想像よりもずっと便利で、行動中のストレスが軽減しました!

ウィングマンハイドロ・基本情報/特徴

スペック詳細
サイズ18㎝x10cmx1cm
重量49g(実測)
素材Durable stretch-woven fabric
カラーブラック、フォリッジ、ペブル

ほとんどのバックパックに取り付け可能

ウィングマンハイドロは取り付け方がシンプルなため、汎用性が高く、ほとんどのバックパックに取り付けが可能です

私はパーゴワークスのバディ33というバックパックに取り付けて使っています

マジックテープでの取り付けですが、二重になっているので、ズレたり、落ちてきにくきうなっています

チェストストラップを通すための穴も開いているので、バックパックの機能を妨げることなく使用する事が可能!

チェストストラップを通す事でズレ落ちにくい構造になっています(チェストストラップのないバックパックはボトルの重みでズレ落ちてくることもあります)

直径7.6cm以下のボトルに対応 

直径が7.6cm以下のボトルに対応しています

7.29cmのボトルで使用してみたところ結構ギチギチでした(使うには問題なしです)

一般的な500mlのペットボトルサイズなら問題なく使用できます

ナルゲンボトルは500mlで直径6.9cmで使用可能ですが、1Lは直径が9.3cmなので使えません

実測で49gと軽量 

本体の重量は実測で49グラムと軽量なので取り付けた時にも重さは気になりません

伸縮性のあるコードでボトルが落ちないようにロックできる

本体上部にはボトルをロックできるように伸縮性のあるコードがついているので体制を変えた時にボトルが落ちたりしないようになっています

このコードにはつかみやすいようにベルトが付いているので操作性がよく、片手での操作も可能です

使ってみて感じた事 

ここからは実際に使ってみた感想をお伝えしていきます

行動中の水分補給のストレスが軽減

今まではバックパックのサイドポケットにボトルを入れて、水分補給をする時にはその都度バックパックのサイドに手を伸ばしてボトルを取っていたのですが、

見えない状態で操作するのでやりにくさは感じていました

ショルダーベルトに取り付けるウィングマンハイドロはボトルが見えるところにあるので素出し入れがしやすく、ストレスもありません

水分補給がめんどうに感じてついつい水分補給をおろそかにしてしまい、後で喉が渇いてしまうことも少なくなりました

歩きながらの水分補給には本当に便利です

ボトルを出し入れしやすいように工夫されていて使いやすい!

ボトルを取り出す時や、収納する時に抑える事ができるので出し入れのストレスがかかりません

購入時には気が付かなかったポイントですが実際に使ってみるとすごく便利でした

使うボトルの径が大きいと片手での操作が難しい 

細めのボトルを使うときは片手での操作ができますが、ボトルの径が大きくなると出すときはいいですが収納するときは片手での操作ができなくなります

ボトルへのアクセスがよくなったのでそこまでストレスはありませんが、片手で出し入れをしたい場合には細めのボトルを使うのがおすすめ

操作性を考えるならサイクリング用のボトルがおすすめ

 

出典:アマゾン

サイクリングで使うようなボトルは片手で操作できるタイプのボトルが多く、登山での使用もおすすめです

片手でキャップの開閉ができるので片手にストックを持ちながら、片手で水分補給ができるようになります

細めのボトルの方が出し入れはしやすいので購入時にはボトルの外径を気にしましょう

片側に荷重がかかるのは気にならない

ボトルホルスターを使用する前に気になっていたのが、肩にかかる荷重の違いです

片側にボトルを取り付けたら荷重が変わってしまい、取り付けている方の肩が痛くなるのかと心配していましたが、

まったく気になりませんでした

感じ方は人によって違いますが、少なくとも私は500mlのボトルを取り付けても違いははっきりと分からなかったので使っていて問題にはなりませんでした

形状からボトルホルスターとしてしか使えないのはちょっと残念

軽量化のためか、底面にはしっかりと穴があいている形状なので、

ポケットとしては使えません

状況に合わせてポケットとしても使えたりするとより便利なんですけど、ボトル用としてしか使えないのはちょっと残念なポイントです

ソフトタイプのウォーターボトルとの相性は良くない 

 

出典:アマゾン

使わない時は折り畳めたりするするソフトタイプのボトルは相性がよくありません

水が満タンに入っている状態ではまだ使えますが、減ってくると形がぐにゃぐにゃとしてしまうので出し入れがしにくくなります  

まとめ

特徴
  • シンプルな構造でほとんどのバックパックにも取り付け可能
  • 直径7.6cmまでのボトルに対応しているので幅広く使う事ができる
  • 49gと軽量なので装備を軽くしたい人にもおすすめ
  • 伸縮性のコードでボトルが落ちないようロックできるから安心

おわりに 

ミステリーランチ・ウィングマンハイドロの特徴解説でした

冒頭でもお伝えしましたが、ボトルホルスターは行動中の水分補給に便利でストレスが本当に減ります

ハイキングや登山にはぜったいおすすめです

最後まで読んでいただきありがとうございました

何かみなさんの道具選びの参考になれば嬉しいです

ABOUT ME
opo85
キャンプ、登山、釣り、ウインタースポーツなどアウトドアが大好きな30代。小さい頃から大好きだったキャンプを中心にアウトドアを楽しんでいます。
パタゴニア

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA