北アルプス PR

日本百名山【北アルプス】8月の常念岳・2857m|一ノ沢ルート|1泊2日のテント泊

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

こんにちは、opoです(opo_85)

北アルプスの「常念岳」に登ってきました!

この記事では、一ノ沢登山口から常念乗越(常念小屋)を経由し、常念岳に登り、1泊して下山するピストンルートを紹介します

目標にしていた北アルプス登山(テント泊)に行くことができました!初めての北アルプス登山テント泊は最高の経験でした!

北アルプス・常念岳

常念岳は日本百名山に選定されてる山で、飛弾山脈(北アルプス)南部の常念山脈にある標高2857mの山です

日本百名山のほかに、「日本百高山」「信州百名山」「甲信越百名山」などにも選定されています

松本市と安曇野市にまたがる常念岳は麓からも日常的に見ることのできる山で、地元のランドマーク的存在になってるそう

登山ルート(コースタイム)

常念岳 / opoさんの常念岳の活動データ | YAMAP / ヤマップ
コース概要
総距離15km
登山口一ノ沢
日程1泊2日
高低差1619m
タイム13:26
登山ルート
DAY1
駐車場(4:51) → 一ノ沢登山口(5:11)
一ノ沢登山口(5:15) → 王滝(6:32)
王滝(6:45) → 胸突八丁(8:33)
胸突八丁(8:33) → 最終水場(9:07)
最終水場(9:07) → 常念小屋(10:15)
常念小屋(11:11) → 常念岳(12:35)
常念岳(13:04) → 常念小屋(14:07)
DAY2
常念小屋(7:12) → 最終水場(7:48)
最終水場(8:00) → 胸突八丁(8:20)
胸突八丁(8:20) → 王滝(9:45)
王滝(10:00) → 一ノ沢登山口(10:56)
一ノ沢登山口(10:56) → 駐車場(11:15)

頑張れば日帰りでも帰ってくることができますが、1泊することで行程にも余裕ができるし、テント場からの景色が絶景なので満喫するなら1泊2日がおすすめです!

駐車場

(一ノ沢第一駐車場)

駐車場は第一駐車場と第二駐車場があり、合わせると40〜50台くらいは駐車できそうなスペースです

近いのは第一駐車場で、そこから50mほど下ったところに第二駐車場があります

週末はかなり混み合うことが予想されるので、早めの行動がおすすめ

一ノ沢登山口〜胸突八丁

(一ノ沢登山口、トイレもある)

駐車場から約20分で一ノ沢登山口に到着です

登山届けが出せるほか、トイレもあるので登山者は出発前の最後の準備をしていました

次にトイレがあるのは常念小屋なので言っておいた方がいいです

ロータリーがあって、タクシーやバスなんかはここまで送迎してくれます

私が今回、1泊2日の登山で選んだバックパックはパーゴワークスのバディ33です

33Lの容量は1泊の装備をまとめるのにちょうどいいサイズで、背負いやすく、気に入っています

日帰りからテント泊までこれひとつで登っています

(山の神の祠)

登山口から歩くこと20分、山の神の鳥居と祠、そして大きな木が現れます(御神木かな?)

(王滝ベンチまでの登山道)

ひたすら樹林帯の中を歩きが続きます

登山道は沢の水が流れ出していて、ヌカるんでいる場所もあるので滑らないよう気をつけながら歩きましょう

王滝

(王滝・休憩するのにちょうどいいベンチがある)

登山口から1時間15ほど、王滝に到着

標高1610m地点なので、山頂までの標高差はまだ1200m以上もあります

王滝にはベンチが設置されているので休憩をするのにぴったりです

(王滝ベンチ近くから沢沿いにおりられる。沢沿いで気持ちがいい)
(ゴツゴツとした岩の登山道)

王滝からは登山道もゴツゴツとした岩が目立つようになり、浮石も多くなるので注意しながら歩く必要があります

(浮石も多いので通行時には注意)

登山道はしっかりと整備されていますが、急な木の階段などは気をつけながら通行しましょう

(徐々に傾斜が急になる。急な階段も)
(標高をあげると樹林帯を抜ける)

王滝ベンチからは徐々に樹林帯を抜けて、一ノ沢沿いを歩きます

振り返ると麓の方に雲海があり、きれいでした

(胸突八丁。ここからの登りが急になる)

王滝から1時間45分くらい、胸突八丁に到着です

常念乗越(常念小屋)までで一番急な登りの区間です

最終水場

(胸突八丁からすぐの階段。急なので慎重に)

胸突八丁から40分ほどで最終水場に到着

飲み口の小さいボトルでも補充しやすいようになっているので助かります

(口の小さいボトルでも入れやすいようになっている)

最終水場の名の通り、この先、常念岳山頂まで水場はありません

ここまでで飲んでしまった分は補充しておいた方がいいです

常念小屋で有料で水を買うことはできます

1Lの水を200円で購入できるので、水が足りなくなってしまった時には小屋で購入しましょう

私は今まで山の水を飲んでお腹を壊したことはありませんが、浄水器を使うようにしています

冬は浄水器は凍ってしまい、使い物にならないので使いませんが、春〜秋ではリスクを減らす意味でいつも持っていっています

ソーヤー浄水器は汎用性が高く、専用の注射器で洗って繰り返し使えるのでおすすめ

(半永久的に使えるそうです)

ソーヤー浄水器について詳しくはこちら

最終水場〜常念乗越(常念小屋)

(第2ベンチ)

最終水場を過ぎると第1ベンチ、第2ベンチ、第3ベンチを経由して常念乗越へ

登りはそこまで急ではありませんが、すでに4時間登り続けているので疲れた体にはこたえます

体力ぴよぴよの私にはハードな区間でした。ベンチで休みながら登りましょう

常念乗越に近づくと目的地の常念岳も近くに見えてきます

(常念乗越手前。絶景までいよいよ)

最終水場から大体1時間、常念乗越(標高2460m)に到着です

(常念乗越)

常念乗越には常念小屋があり、山小屋での宿泊やテント場があるのでキャンプができます

(常念小屋入り口)

今回は常念岳に登った後に、常念小屋のテント場で一泊して翌日に下山します

常念小屋
営業期間4月26日〜11月3日(積雪状況により変動あり)
テント場2,000円/1人(トイレチップ含む)
山小屋宿泊素泊まり:10,000〜
食堂11:00〜14:00
売店缶ビール、カップ麺、お茶、ジュースなど
水場なし/小屋で200円/1Lで販売
お土産Tシャツ、手拭い、バッチなど
(2023年8月調べ)

常念小屋公式ホームページ

(常念乗越から見る北アルプスの主峰)

常念乗越までくると、念願の北アルプスの山々の景色を見ることができます!

槍ヶ岳や穂高連峰をはじめとする北アルプスの主峰の景色は絶景でした!

常念小屋でテント幕営の受付を済ませ、テントを張り、必要ないものをテントに置いてから身軽な状態で山頂を目指します

寝袋やマット、食料など。ビールも持ってきていたので、それをおいたら5kg以上は軽くなりました!

常念乗越〜常念岳

(常念乗越から見上げる常念岳山頂方面)

常念岳方面を見上げるとすごく雄大で、いい景色ですが、登ってみるとかなり登りごたえのある斜面でした(キツかったです)

(登ってみると急な登りだということを実感できる)

ゴロゴロとした岩が多く、ガレた登山道をひたすら登ります

振り返れば北アルプスの絶景が見れますが、登っている間は景色が変わらず、単調なのでそれがまたしんどく感じます

(常念乗越から見えていたのはピークではないので注意)

小屋から見えていたピークあたりまで登ってみると、常念岳山頂まではさらに登りが続いていました(これにはびっくり)

永遠に続くかと思うような登りにめげそうになった回数は500回ではききません

(常念岳山頂の祠)

常念小屋から1時間20分、ひたすら登り続けてついに山頂に到着です!

山頂に到着した時には、残念ながら槍ヶ岳や穂高連峰は山頂付近が雲にかかってしまいましたが、常念小屋からは見えない山もみることができ、大パノラマが広がっていました

常念小屋まで

(山頂付近から見下ろすと小屋の小ささに高度感を感じる)

小屋までの帰りは登ってきた道をひたすら下ります

常念小屋があるのは標高2460m付近なので、常念岳とは標高差が400m近くもありますので高度感たっぷりです

上昇気流にのって湧き上がる雲とのコントラストを楽しみつつ、小屋での贅沢を求めて下ります

(常念小屋で買うことができる生ビール)

常念小屋では生ビールを買うことができます

一杯1000円と山小屋価格ですが、ここは標高2400m地点、運搬コストを考えたら納得のお値段。私のような飲兵衛にはこの贅沢はやめられません

山頂まで行った達成感と、6時間以上も歩き続けた体にビールが染み渡るのは最高の贅沢でした!

思わず一気飲みしてしまいましたが、乾いた体にビール一気するのはよくないのでおすすめはしません

後半ではテント場の紹介や、夕暮れや明け方の北アルプスの絶景について紹介!

下山ルートの解説や、登山口周辺情報もあわせて紹介します!

常念小屋・テント場

(第2テント場の方が景色がいい)

常念小屋に隣接されているテント場は第1テント場と第2テント場があり、小屋から近く、飲料の買い足しなどに便利なのが第1テント場で、第2テント場は小屋からは遠いですが、景色がいいのが特徴です

第2テント場ならテントから顔をだせば槍ヶ岳などの景色が楽しめます

今回は景色を堪能したかったので第2テント場にしました

(トイレは第1、第2テント場それぞれにある)

それぞれのテント場にはトイレが設置されていて、テント場利用者は無料で使うことができます(利用しない人はチップ100円)

標高が高い場所のトイレという事もあり、それなりに臭いがしますので、トイレ横のサイトはおすすめできません

ダンロップのVSシリーズのテント・もう5年以上使っている)

キャンプではあまり出番のないドームテントを使用しました

組み立てやすさと居住性はドームテントの右に出る者がいないと私は思っています

特にダブルウォールのドームテントは結露もしにくいし、快適です

その分、テント自体の重量は重たくなりますが、登山で睡眠は体力回復にもかなり重要なので、初心者には特にダブルウォールのドームテントがおすすめです

夕立と夕焼け

常念岳から常念小屋に戻ってきたのが14時すぎ、テントに戻ってしばらくすると雨が降ってきました

標高の高い山ではよくあることで、平地で温められた空気が山の斜面にぶつかり、上昇気流で山の上に上がると、温度差で雲が発生し、雨を降らせるようです[参考著書:山の観天望気]

この日も予報はずっと晴れだったのですが、15時過ぎから降り出した雨は17時過ぎまで降り続き、時より激しく降る時間帯もありました

早めの行動を心がけ、昼過ぎにはテントの中にいる状態にできたので濡れずに済みました

寝ずに運転して、登山をしてきたので昼寝をしている間に雨雲をやり過ごすことができました

(夕立がやんだ後の槍ヶ岳方面)

雨が上がるとすぐに晴れ間がでてきて、雲の切れ間から逆光の槍ヶ岳のシルエットを見ることができ、幻想的な風景も楽しむことができました

(日がさしてきて雲海も見ることができた)

夕暮れ前には多くの登山者がその景色を見て楽しんだり、写真に収めていました(これは見ないと損です)

山小屋の消灯時間の20時に合わせてテント場も20時過ぎには静かになりました

気温は明け方で11℃まで下がった

8月の中旬に行ったのですが、気温は明け方に手元の温度計で11℃まで下がりました

8℃〜10℃くらいを想定していたので、かなり薄手の寝袋を持っていったのですがちょうどよかったです

(イスカ・エアドライト140)

使用温度が8℃の寝袋でフードなしですが、朝まで快適に寝ることができました

夜明けの北アルプス盟主のモルゲンロート

(朝焼けに染まる槍ヶ岳と北アルプスの主峰)

山の朝は早く、3時過ぎにはそこらじゅうで目覚ましが鳴り始め、ゴソゴソと準備を始める人が増えます

縦走の途中で、これから次の目的地を目指す人もいますが、多くの人のお目当てはご来光です

標高の高い場所では遮るものがないため、きれいな日の出を見ることができます

この日は東の空に雲が多く、きれいな日の出をみることはできませんでしたが、それでも朝焼けに染まった槍ヶ岳を始めとする北アルプスのモルゲンロートを見ることができました

(朝焼けに染まる北アルプスの主峰)

テント泊の醍醐味である、夕焼け、星空、日の出、全て楽しむことができました!

下山:常念乗越〜一ノ沢登山口

私たちは2日目は下山するだけだったので出発は遅めの7時

この頃には他のハイカーのほとんどは次の目的地に向けて出発していました

(最後に見納め)

下山を始めると登山道は北アルプス主峰とは反対のため見納めです(何度見てもきれい)

(最終水場までの登山道。見晴らしがいい)

下山開始すると胸突八丁までは見晴らしもよく、気持ちのいい山歩きができます

8時過ぎで気温は15℃ほど、行動中は暑さを感じます(最終水場に着く頃には汗だく)

(胸突八丁を過ぎてしばらくは見晴らしのいい中を歩ける)

胸突八丁からはまたひたすら樹林帯歩きになります

(樹林帯に入るとそこから眺望はなし)

常念乗越から一ノ沢登山口まで帰りは4時間弱で戻ってくることができました

食料や飲水、ビールが減った分、荷が軽くなったので早く下山することができました

(一ノ沢登山口。タクシーがたくさん迎えにきていた)

一ノ沢登山口から駐車場に戻る途中、お猿の群れが仲良く食事をしていました

(駐車場までの林道で猿に遭遇)

人間を見ても逃げるそぶりもせず、ひたすらに何かを食べる猿

かわいいとは思いつつ、日光猿軍団の怒った猿を想像しながら怖くなり、その場を立ち去りました

常念岳、1泊2日のコースは日程にも余裕があり、体力は入りますが、クサリ場など難所もないので初心者や北アルプスデビューにおすすめのコースでした!

北アルプスの魅力にどっぷりとハマってしまったので、縦走や違う山々にもチャレンジしていきたいと思います!

最寄りのコンビニ

登山口から一番近いのはセブンイレブン穂高牧店です

他にも安曇野市内にはたくさんコンビニがあるので、高速道路を降りたら登山口に行くまでに寄れるコンビニは多くあります

立ち寄り湯

登山口からより安い温泉施設を二つ紹介します

日帰り温泉
  • AMBIENT 安曇野ホテル
  • シャクナゲの湯

AMBIENT 安曇野ホテル

駐車場から一番近いのがAMBIENT安曇野ホテルです(読み方が分かりません笑、アンビエントかな)

ホテルですが、日帰り入浴も可能です

AMBIENT安曇野ホテル
入浴利用料大人:1,200円
小人:600円
営業時間5:00~10:00 / 14:00~24:00
(2023年8月調べ)

AMBIENT 安曇野ホテル公式ホームページ

シャクナゲの湯

もう一つは日帰り温泉施設のシャクナゲの湯です

入浴料が安く、コスパ的にもおすすめです

シャクナゲの湯

料金大人:平日600円 土日祝700円 
子供:400円
開館時間9:30~21:30(最終受付20:30)
休館日第1水曜日(祝祭日の場合は翌日)
(2023年8月調べ)

シャクナゲの湯公式ホームページ

おわりに 

初めての北アルプス登山では最高の体験をすることができました

圧倒的なスケールの絶景は見る価値ありです!

最後まで読んでいただきありがとうございました

ではまた!

ABOUT ME
opo85
キャンプ、登山、釣り、ウインタースポーツなどアウトドアが大好きな30代。小さい頃から大好きだったキャンプを中心にアウトドアを楽しんでいます。
パタゴニア

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA