キッチン PR

レビュー【イスカ】保冷も保温もOKなソフトクーラー「フォールドアップクーラー」

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

こんにちは、opoです(opo_85)

  • コンパクトなクーラーを探している
  • 山頂でビールを飲みたい

そんな人に是非おすすめなのがイスカのフォールドアップクーラーです

フォールドアップクーラーはソロキャンプから登山、海水浴などのレジャーまで幅広く使える優れもの

装備をコンパクトにしたい人や今持っているクーラーの容量が足りない人にもおすすめです

ざっくり自己紹介
  • キャンプ歴は20年以上
  • 渓流釣り(テンカラ)5年目
  • 最近では登山の魅力にハマり、アルプスから低山まで山登りに夢中
  • 装備はできるだけ軽く、ULなスタイルで歩き回っている(現在ベースウエイト4.5kg)詳しくはこちら

ISUKA(イスカ) フォールドアップクーラー

ISUKA(イスカ)とは

 

出典:イスカ

イスカは大阪に拠点をかまえる日本のアウトドアブランドです。

シュラフ(寝袋)を中心にザックカバーや、スタッフバックなど登山用品を中心に扱っています

ISUKA(イスカ) フォールドアップクーラーの基本情報

ロールアップ式のイスカ・フォールドアップクーラーにはSサイズとLサイズがあります

左:Lサイズ、右:Sサイズ
SサイズLサイズ
重量70g105g
サイズ36×23cm40×29cm
収納サイズ8×23×3cm9×29×4cm
レビューレビューレビュー
created by Rinker
¥1,980 (2024/07/16 02:53:41時点 Amazon調べ-詳細)

SサイズとLサイズの仕様の違い

使っている素材などは同じですが、大きさ以外にもSサイズとLサイズで仕様の違いがあります

Lサイズは持ち手がついている

基本的な特徴は同じですが、違いとしては大きさと、Lサイズには持ち手がついています

ISUKA(イスカ) フォールドアップクーラーの魅力

  • バックパックの中に入れることのできるサイズ感
  • 使わない時は丸めて収納できるコンパクトさ
  • 保冷だけでなく保温もいける

フォールドアップクーラーの使用インプレ

  • コンパクトなサイズ感でバックパックの中に入る
  • 使わないときは折りたためるのでサブとしても使える
  • キャンプ以外でも多用途に使える
  • コストパフォーマンスに優れるリーズナブルな価格
  • 結露しにくい
  • 保温にも使える

実際に使ってみて感じたことをいいところも残念なところもレビューします

ソロキャンプなら食材は十分入る

バックパック一つでキャンプにいく時に私にとって一人分の食材を入れるのにちょうどいいサイズです。

食材は贅沢するだけの量は入りませんが、お肉、たまご、チーズや野菜など最低限の食材を入れる事ができます(Sサイズ)

使わないときは折りたためるのでサブとしても使える

使わない時は丸めてコンパクトに収納できる事もオススメする理由です。

キャンプでも使わない時はコンパクトに収納しておいて、使いたい時にサブのクーラーとして使うのもアリです。

キャンプ以外でも多用途に使える

キャンプだけでなく、釣りや登山、仕事や旅行に子供とのレジャーや運動会など、普段から使えます。

アウトドアでの出番よりも普段の方が出番が多いです

溶けやすいチョコなどはフォールドアップクーラーに入れておくことで溶けにくくなるので便利です!

コストパフォーマンスに優れるリーズナブルな価格

Sサイズは1,430円(税込)で、Lサイズが2,090円(税込)です(2023年5月)

数十回使ってもヘタってないのでコストパフォーマンスはかなり高いと実感しています。

結露しにくい

100均のソフトクーラーを使う時は、保冷剤を入れてると結露するんです。

中にキッチンペーパーとか敷けば大丈夫なんですが、イスカのソフトクーラーは結露しにくいのもいい所です。

絶対に結露しないわけではありません。ソフトクーラーなので気温の高い時などで保冷剤を入れていると多少染み出してはきます

保冷剤やクーラーの内側にキッチンシートを巻いておくと結露がしにくくなります(実体験)。

保温にも使える 

保冷だけでなく、保温にも使えるのが良いところです。

アルファ米を食べる時はお湯を入れて15分待たないと食べれません。

登山などで標高の高い、気温の低い場所で15分も経てば冷めてしまい、美味しくなくなってしまいます。

そんな時に保温できるものがあると完成後に温かいご飯を食べることができます。

アルファ米を食べる時のコジーとしてはSサイズの方が使いやすいです。

半分に折り畳んだ状態で使うと、アルファ米が食べやすいサイズになります!

デメリット 

実際に使っていて感じるデメリットは二つ

  1. サイズ
  2. 保冷力

サイズが小さい

容量12リットルのクーラー

コンパクトなサイズ感はバックパックの中に入るという点ではメリットですが、持てる食材が限られてしまうため、食材をたくさん持って行くには小さくて不便です。

一人分(ソロ)なら十分ですが、二人、三人と複数人分の食材を入れるとなるとLサイズでも足りません。

ハードクーラーと比べて弱い保冷力

何よりも保冷力を優先させたい時にはフォールドアップクーラーは向きません。

重量・コンパクトさを優先させて作られているのでハードクーラーとの保冷力の差は歴然です。

保冷力について検証

保冷力についてちょっとした検証をしてみました。

よくケーキ屋などでもらえる小型の保冷剤を入れてどのくらいで溶けるかテストをしてみたところ2時間2分で溶けました。

なし(左)ビックスカイ(中)イスカS(右)
1時間2時間15分2時間2分

実際に使用する時は食材も冷凍させたり、アウトドア用の保冷剤を使うことで保冷時間をより長く持続させることは可能です(それでも連泊はきびしい)

SサイズとLサイズ、おすすめはどっち?

両方のサイズを実際に使ってみてどちらがおすすめかと言うと、

Lサイズの方がおすすめです

Lサイズがおすすめな理由
  • Sサイズと比べると容量に余裕がある
  • 2リットルのペットボトルが2本入るのでソロキャンプには十分な容量

Sサイズでも食料を入れることはできますが、結構ギリギリです

ちょっとでも軽い方がいい人にはSサイズをおすすめしますが、

Sサイズの場合には食材と飲み物(ビール)を一緒に入れるのが難しいので結果クーラーを二つ用意したりする必要があります

大きさに余裕のあるLサイズならビールを入れて保冷剤も入れることもできます(持って行く食材の量が同じ場合)

Sサイズとの比較・Lサイズのサイズ感

Sサイズと比較するとこんな感じ

Lサイズは2Lのペットボトルが2本入ります

サイズ感は、Sサイズはソロキャンプでの食材がギリギリ入るくらいで、Lサイズは食材だけだったら余裕で入ります

最低限の食材とビール2本くらいだったらLサイズで入りますのでソロキャンプでの使用にピッタリです

詳細の比較
重量サイズ収納時
Sサイズ70g36×23cm8×23×3cm
Lサイズ105g40×29cm9×29×4

実用例

アウトドア用の保冷剤を使ってビールをキンキンに保冷して持っていく場合、Sサイズだとビールが4本、Lサイズだとビール6本に500mlのペットボトル一本入れる事ができます

保冷剤はロゴスの保冷剤を使っていて、クーラーバックのサイズに合わせて大きさを変えて使っています

保冷力が高いのと、フラットなので使いやすいです

ロゴスの保冷剤を入れるとバック内と外気の温度差が大きくなり、結露は大きくなります

(保冷剤にキッチンペーパーなどを巻くことで多少は緩和できます)

created by Rinker
¥1,280 (2024/07/16 02:53:41時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,595 (2024/07/16 02:53:43時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

フォールドアップクーラーの魅力
  • コンパクトなサイズ感でバックパックの中に入る
  • 使わない時は折りたためてコンパクトに収納できる
  • シンプルなデザインでアウトドア以外のレジャーでも活躍
  • 結露しにくいので他の荷物が濡れにくい
  • 保冷だけでなく、保温にも使える

おわりに

オススメしたソフトクーラー以外にもイスカのソフトクーラーはサイズが豊富にあるので、自身が持っていく食材の量などに合わせて買い足しでいくつか持っているとすごく便利です。

いかがでしたでしょうか。

みなさんの道具選びの参考になれば嬉しいです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

created by Rinker
¥1,980 (2024/07/16 02:53:41時点 Amazon調べ-詳細)
ABOUT ME
opo85
キャンプ、登山、釣り、ウインタースポーツなどアウトドアが大好きな30代。小さい頃から大好きだったキャンプを中心にアウトドアを楽しんでいます。
パタゴニア

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA