その他

【カメラ】星空撮影にチャレンジ!「必要なもの」

こんにちは、opoです。

本日はカメラのはなしです。

強風の為キャンプに行く事ができなかったので星空撮影に行ってきました。

星空撮影は暗い中で撮影するので難しいイメージがあり行った事がありませんでした。

インスタとかで天の川をすごく綺麗に撮影している投稿を見ていて憧れがあったので星空撮影は初心者の私がトライしてみました。

  • 持ち物が知りたい
  • 初心者でもできるの?
  • 撮影場所ってどうするの?
  • 実際にやってみた感想が知りたい
  • あったほうがいいものが知りたい 

そんなことが気になる人は是非読んでみてください。

何かみなさんの参考になれば嬉しいです。

持ち物

 持ち物は以下のとおり

f:id:Bachi:20210218204006j:image

行ったのは2月だったので防寒着やカイロなどは必須でした。

車で行く場合は調理道具などはいらないと思います。

今回はコーヒーを飲みたかったので持って行きました。

三脚はとりあえず激安の物を用意しました。

場所探し・下調べ

今はネットで検索すれば有名なスポットは知る事ができるし、すごく便利です。

トイレや駐車場があるかも丁寧に解説してくれている記事などがあるので参考にしてみてください。

それから光害マップを載せてくれている方もいるのでぜひ参考にしてみてください。

光害マップとは都心の明かりの影響が受けやすい場所などを色分けしているマップのことで、都心の明かりの影響を受けると星が見えにくくなります。

よりたくさんの星を撮影する場合にはなるべく都心の明かりの影響を受けない地域をマップで確認して撮影に行くのが良さそうです。

時期によって天の川が見える方向や時間も違うのでそれも調べておいた方がいいです。

私が行ったのは2月でしたので、天の川は夜中に東の空から見ることができました。

今回は、より暗い所にはそんなにこだわらすに、車で行ける、海がある場所にしよう思い、千葉県の房総半島に行くことにしました。

理由はもう一つあって、何度か行った事があったので駐車場がある場所を知っていたからです。

撮影

元々行った事がある場所だったので明るいうちに下見はしませんでした。

知らない所に行く場合はしっかりと下見をしましょう。

撮影時は夜中です。

当然暗いのでどこに何があるか気づきにくいし危険も大きくなります。

現地に着いたのは午前12時頃。

風は強いものの、スッキリ晴れていたので肉眼でも星はよく見えました。

f:id:Bachi:20210218204828j:image

難しかったのはピント調整。

レンズをマニュアルフォーカスにして、ピントを無限の位置にしてから少しずつ調整していきピントを合わせます。

こういったコツコツした作業は個人的に好きですが、なかなか難しかったです。

iso感度とシャッタースピード、ピント調整しながら撮影していきますがなかなかうまく撮れません。

場所を移動して撮影することにしました。

f:id:Bachi:20210223095358j:image
f:id:Bachi:20210223095401j:image

それでもなんとかマニュアルフォーカスで少しずつ調整し、うっすらと天の川を撮影する事ができました。

インスタとかで見るすごい星空を撮影するにはもっと細かい設定や編集技術が必要になってくると思うのですが、第一歩としては大満足です。

今後はより綺麗に撮影する事はもちろん、構図とかも考えていけたらと思います。

ちなみに時間があれば朝日の写真も撮ったりできる楽しみもあります。

星空撮影がメインの人ばっかりだったので朝日が昇る頃には私だけでした。

あってよかった・あった方がいいもの

今回星空撮影に行ってみてあってよかった・あった方がいいなと思った物は以下の通りです。

  • レンズ
  • 予備のバッテリー
  • テープ
  • しっかりした三脚
  • レリーズシャッター 

レンズ

F値をより小さくできるレンズがあるとシャッター速度を速くする事ができるのであった方がいいと実感しました。また欲しいものが増えた。。

予備バッテリー

寒さの影響もあるのか、撮影数も多くなるし、予備バッテリーは一つでは足りませんでした。撮りたくても撮れないのはストレスになります。

テープ

ピントを合わせたらタープを貼ってズレないようにすると便利。ってブログに書いてくれている人がいたのに忘れました。これあった方がいいです。

しっかりした三脚

私が持っているのが激安の三脚なので風で倒れそうになる事がよくありました。

やっぱりしっかりした三脚の方が撮影に集中できるし絶対あった方がいいですね。

レリーズシャッター

なければセルフタイマーでもいいですがやっぱりあると便利でした。

終わりに

いかがでしたでしょうか。

ピントを合わせながらキレイに撮影できるように試行錯誤するのは楽しかったです。

夜明けまでいたのでキレイな朝日も見ることができました。

編集などを細かくすることでより綺麗な写真に仕上げることもできるようなので今後は編集にもチャレンジしたいと思います。

おまけに太陽が出たあとは他にいたカメラマンたちは帰って行ったのでゆっくりコーヒーを飲む時間もとれました。

真冬に行ったのですごく寒かったです。

これから暖かくなってくるので撮影には行きやすいと思います。ぜひトライしてみてください。

私もこれからもトライしていこうと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

何か参考になれば嬉しいです。

ABOUT ME
opo85
キャンプ、登山、釣り、ウインタースポーツなどアウトドアが大好きな30代。小さい頃から大好きだったキャンプを中心にアウトドアを楽しんでいます。