バーナー・ストーブ PR

チタン五徳・エバニュー【T0.3 triveTi】日帰りならこれでよし!|装備の軽量化に最適|

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

こんにちは、opoです(opo_85)

荷物(装備)を1gでも軽くしたい!

そんな人におすすめしたいのがエバニューのアルコールストーブ用十字五徳「T0.3 triveTi」です

この記事ではT0.3 triveTiの特徴や使い方を解説します(実際に使ってみて感じたことも合わせて紹介!)

アルコールストーブを使う人も、使わない人にもおすすめなアイテムでした

何かみなさんの道具選びの参考になれば嬉しいです

T0.3 triveTi(ECA623)の基本情報・特徴

T0.3 triveTiは2023年に発売になった商品で、エバニューが発売しているアルコールストーブ用の五徳では最軽量の五徳です

T0.3 triveTiの特徴

T0.3 triveTiの特徴を見ていきましょう

特徴
  • 従来の五徳よりも12.5g軽量化
  • 収納時には省スペースになる構造
  • 強度面から乗せるカップと水の総重量は600g以下にすること!

重量3.5g、従来の五徳よりも 12.5gも軽量化!

重量は驚異の3.5g

純チタン製で厚さ0.3mmと極限まで薄くすることで超軽量な五徳となっています

私がずっと使っていた十字五徳(こちらもエバニューのチタンのやつ)も重量が16gと軽量なんですが、

T0.3 triveTiは12.5gも軽量になっています

チタン十字五徳の必要ないところをカットして使っていましたがカットした状態でも重量は9.5g

収納時は省スペースになる構造

収納時には分解することでクッカーの底などに収納しやすくなっています

エバニューのカップの中で一番小さいデミタスカップ(220ml)の中にピッタリ入るようになっています

エバニューのラインナップの中でも一番小さいカップの中にピッタリと入るあたりは軽量化だけでなくコンパクトさや携帯性にもこだわっている事を感じますね

強度面から乗せるカップと水の総重量は600g以下にすること!

「軽く」「薄い」いうことは強度が弱くなるということです

耐荷重は乗せるカップと合わせて600g以下となっているので作る料理に注意が必要です

登山や釣りなどの行動食としてカップラーメンや即席麺を食べるには問題無し!

けど、キャンプで鍋料理などするときには注意が必要!

T0.3 triveTiのスペック(仕様)

サイズ75 x 35mm(厚さ0.3mm)
重量3.5g
素材純チタン
生産国日本
レビューレビューを見る
created by Rinker
¥1,289 (2024/02/27 15:13:29時点 Amazon調べ-詳細)

T0.3 triveTiの使い方

アルコールストーブの五徳として

基本の使い方はアルコールストーブの五徳として使う方法です

直径が5.4cmまでのアルコールストーブに使用可能で、トランギアのアルコールストーブには装着する事ができました

固形燃料との相性良し!

T0.3 triveTiはアルコールストーブ用の五徳ですが、使い方はそれだけではありません

構造上、十字になっている所の真下に空間があるのでそこに熱源を置く事で使用する事ができます

つまり、

固形燃料の五徳としても使う事ができちゃうんです

固形燃料はアルコールのように液体ではなく、個体なので扱いや携帯が簡単だったり、小分けにすることで必要分だけ持ち出せたりと使い勝手のいい燃料です

エスビットの固形燃料は一つ4gになっていて、約5分間燃焼します

コーヒー用(150~200ml)なら一つ、カップ麺(300ml)なら二つ〜三つ使えばOKなので液体燃料のように計量する必要もありません

固形燃料を4つ(12g)もっていけばカップ麺とコーヒー一杯分のお湯が作れます

液体はこぼれたりするリスクがあるから扱いはデリケート

固形燃料はそんな心配はいらないので初心者にも扱いやすい燃料です

実際に使ってみて:日帰りでの新しいかたち

実際に釣りや登山の時に使ってみたのですが、日帰りでの行動で、コーヒーやカップ麺、スープを飲む程度での使用にはちょうどよかったです

今まではアルコールストーブに燃料を30ml〜50mlほど持って行っていましたが、固形燃料の方がだいぶ楽でした(ハマりそうです)

全長が75mmなので小さめのクッカーとの相性がいい

T0.3 triveTiはクッカーを乗せるところの長さが75mmなので大きくはありません

使うなら小さめのカップや深型のクッカーの方がいいです

エバニューのTi400との相性が良かったです

浅型の大きいクッカーに使うには不安定

浅型の底面が大きいクッカーでも使えないことはありませんが、安定感が悪くなり、倒れる危険性も増すのであまりおすすめできません

安定感に不安あり!

T0.3 triveTiは厚さが0.3mmと極薄なのでクッカーを乗せる時に安定感に不安を感じます

乗せる時にグラグラするのを感じるので「大丈夫?」ってなります

実際に使ってみて、大丈夫でしたが正直ちょっと不安です(乗せるのは600g以下にするのは納得です)

がっつりキャンプ飯を楽しむには向かない(そんな人には従来の五徳がおすすめ)

キャンプではがっつりお肉を食べたいし、冬には鍋料理をお腹いっぱい食べたい

そんな時にはこの五徳は向きません

それなら従来の五徳の方が安定感があり、強度もあるのでおすすめです

風防、燃料と合わせて27.5gでOK!

私の持っている道具で組み合わせると風防、ライター、燃料とT0.3 triveTiを合わせて27.5gになります

コーヒーやスープを飲む程度ならこれでOKなので最軽量のキッチンセットが完成しました

これまでの最軽量はブルーノートストーブでしたが、固形燃料とT0.3 triveTiの組み合わせならさらに軽くする事ができました

カップ麺を食べる時には300mlちょいのお湯が必要なのでTi400のカップにコーヒ用のコップなども合わせるとその時の重量は131gです

まとめ

特徴
  • 重量3.5gと計量なので装備を軽くする事ができる
  • 使わない時は分解すれば省スペースになる構造なのでかさばらない
  • 乗せられる重量は600gまでなので軽食向き 
  • 固形燃料でも使う事ができる
  • 直径が5.4cmまでのアルコールストーブに使用可能
使ってみて感じた事
  • ガッツリとキャンプ飯を楽しみたい時には向かないけど、日帰りでの行動食を食べる時などには活躍してくれる
  • 全長が75mmなので径の小さいカップや深型クッカーとの相性がいい
  • 安定感には若干の不安あり
  • がっつり調理したい時に使うのには向いていない、湯沸かし程度限定

T0.3 triveTiはこんなひとにおすすめ

  • 装備を1gでも軽くしたいULハイカー・キャンパー
  • できるだけ省スペースで荷物をコンパクトにしたい人
  • 作る料理は最低限、コーヒーやスープ、カップ麺が食べられればOKな人
created by Rinker
¥1,289 (2024/02/27 15:13:29時点 Amazon調べ-詳細)

おわりに 

超軽量五徳、T0.3 triveTiの紹介でした

今までは固形燃料はあまり使ってこなかった私ですが、T0.3 triveTiを使ってみた事で新しいキッチンシステムの形を発見する事ができました!

荷物が軽くなればそれだけ負担も少なく済みます

身軽になってアウトドアにでかけましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました

created by Rinker
¥1,289 (2024/02/27 15:13:29時点 Amazon調べ-詳細)
ABOUT ME
opo85
キャンプ、登山、釣り、ウインタースポーツなどアウトドアが大好きな30代。小さい頃から大好きだったキャンプを中心にアウトドアを楽しんでいます。
パタゴニア

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA