ファニチャー・ライト・ランタン

【GOALZERO/ゴールゼロ】ランタン「使い方」「メリット・デメリット」想像以上!

こんにちはopoです(opo_85)

ゴールゼロランタンを購入することができたので使ってみたら想像以上でしたのでレビューをします

  • ゴールゼロランタンの使い方が知りたい
  • 特徴やメリットは?

購入してから使用するまでの使い方や、ランタンの特徴を解説しつつ、実際に使ってみた感想をお伝えします

何かみなさんの参考になれば嬉しいです

ゴールゼロ・充電式マイクロランタン:特徴

今回紹介するのは手のひらに収まるサイズの充電式マイクロランタンです

明るさは150ルーメン/3800ケルビン

このランタンの明るさは最大で150ルーメン/3800ケルビンです

ルーメン?ケルビン?ってなに?

単位ってわかりにくいですよね

lm(ルーメン)とは放出される光の量の単位

要するにルーメン数が大きいほど明るいということになります

明るさの単位ってW(ワット)じゃないの?

白熱電球や蛍光灯などではワット数が表記されていることもありますが、ワット数は消費電力なので、光の量とはちょっと違います

一般的な家庭における照明の話ですが、

LEDが普及する前は白熱電球が主流でしたので高い消費電力(W)の電球は光量(lm)も高いのが普通でしたが、LEDが普及した現在では光量(lm)が高くても消費電力(W)が低いものが多いです

LEDが普及してからは消費電力と光量が比例しなくなったのでルーメンで表記されることが多くなりました

ケルビンは光りの色を数値で表したもの 

ケルビンは光の色を表すための単位です

数値が高いほと青白い光の色になり、数値が低くなると赤みが強い色になります

ゴールゼロランタンの3800ケルビンはどちらかというと赤みの強い色の方になります

電球色っぽい色味です

サイトを照らすとこんな感じです

ロウソクの色は約2000ケルビン、満月の月は約4100ケルビン、正午の太陽で5000〜6000ケルビンだそうです

2段階に調整可能 

光の強さは二段階に調整することができます

中には4つのLEDが内蔵されていて、Highモードでは4つすべて点灯、

Lowモードでは半分の二つが点灯します

バッテリーフル充電で最大170時間点灯

フル充電後にLowモードで点灯した場合、なんと170時間も点灯させることができます

環境によって誤差はあると思いますが、170時間も点灯できるバッテリーは心強いですね

Highモードでも7時間点灯

ハイモードでの点灯でも連続7時間点灯可能なので、キャンプで日が暮れてから寝るまでつけたままにしていても問題はなさそうですね

IPX6:高い防水性能

「IPX」とは「IP」コードの中で、防滴・防水に対する保護等級のことです

???ってなりますよね

要するに

IPXの数値が高いほど防水性能が高い電子機器ということです

ちなみにIPX6はの防水程度は、

いかなる方向からの水の強い直接噴流によっても有害な影響を受けない

KDDIホームページより

防水規格についてより詳しく知りたい人はKDDIホームページをご覧ください

バッテリー内蔵で充電して繰り返し使える 

バッテリーが内蔵されていて、充電式なので繰り返し使うことができます

使い方

購入時はデモモードになっている 

実際に購入して、さっそくライトをつけてみてびっくり

少し経つと自動で消えるんです!

ですが、これは問題ありません

購入時はデモモードになってるために点灯後に自動で消えるようになっているんです

USBに差し込むことでデモモードは解除され、使用することができるようになります

後の操作は超簡単、ボタンを押すだけ 

ボタンは一つしかないので操作は簡単です

上部の黄色いボタンを一回押すとHighモード、

もう一度押すとLowモード

もう一回押すと消灯

これだけです

充電はUSBに直接差し込むだけ 

充電はUSBに差し込むだけです

下部にジャックがあるのでそれを起こしてUSBに差し込めばOK

上部にバッテリー残量の確認ができますフル充電で4つランプがつきます

実際に使ってみて感じたこと 

想像以上の明るさ!Lowモードでも十分!

初めて使ってみて感じたのは

「明るい!」

でした

これまではスノーピークの「たねほおづき」を使っていたのですが、それに比べるとものすごく明るいです

Lowモードでも十分と感じるほどでした

私はヘッドライトと併用して使っています

手元を照らす時にはヘッドライトを使い、サイト全体を照らすのにゴールゼロを使いました

動画など撮影するならHighモード! 

動画や写真を撮影するときなどはヘッドライトを使ってしまうと明かりがチラついてしまったり、変に影になってしまうのでうまく撮影ができません

そんな時にはゴールゼロのHighモードなら明るいので動画撮影や写真撮影がしやすくなります

ヘッドライトなしで、調理をする時もHighモードなら十分可能です

過ごすだけならLowモードでも十分

撮影をしたり、ヘッドライトなしで調理をする時はHighモード

フル充電後、ソロキャンプ2回行ったけどバッテリー切れにはならなかった 

ゴールゼロを購入後にフル充電させてすでに2回キャンプに行きました

Low、Highモードを切り替えながら計18時間ほど使ってましたが、問題ありませんでした

2回キャンプに行った後のバッテリー残量は1でした

一回の充電で2回はキャンプに行ける(目安)

バッテリーの残量が確認できるのはありがたい 

私が使っている電池式のランプは電池の残量の確認ができません

ですのでいつも予備の電池を携帯しています

ゴールゼロのランタンはバッテリー残量が確認できるので残量の把握ができるのがありがたいポイントです

バッテリー残量の確認ができるので電池切れで暗いキャンプを過ごすリスクが減らせる

強いて言えばもう一段階暗く調整できたら完璧

ご飯を食べたりしている時はちょうどいい明るさなんですが、ご飯を一通り食べ終わってリラックスをする時にはLowモードでも明るく感じます

でも完全に消灯するとちょっと暗い

贅沢な悩みですが、もう一段階暗いモードがあるといいなと感じました

充電式のメリットデメリットを感じた 

充電式のライトは充電すれば繰り返し使えるメリットがある反面、フィールドでバッテリーがなくなった時に電池のように予備を持つことができないデメリットがあります

モバイルバッテリーを持っていれば問題はありませんが、新たにモバイルバッテリーを持っていく必要があったりすることを考えると装備が増えることになってしまいます

もともとキャンプや登山にはモバイルバッテリーを携帯するって人にはゴールゼロはおすすめです

まとめ

特徴・機能
  • 明るさは150ルーメン/3800ケルビン
  • 明るさは二段階に調整可能
  • バッテリーフル充電で170時間点灯可能(Lowモード)
  • IPX6で高い防水性能
  • バッテリー内蔵で充電式なので繰り返し使える
使ってみて感じたこと
  • Lowモードでも十分明るい
  • 撮影するならHighモードが便利
  • フル充電後2回キャンプに行ったけどバッテリーは切れなかった
  • バッテリー残量が把握できるのは便利
  • Lowモードでも明るすぎると感じる時があった
  • モバイルバッテリー携帯する人におすすめのライト

ヘッドライトを使わない人には懐中電灯機能がついているタイプがおすすめ

ヘッドライトを使わない人には懐中電灯機能がついているタイプがおすすめ!

夜にトイレに行く時などは懐中電灯として使えるので便利です!

今回私が紹介したランタンは懐中電灯機能のついていないタイプです

おわりに 

使い方が超簡単な充電式ライト、ゴールゼロマイクロランタンの紹介でした

実際に使ってみて、人気になった理由が納得できます

もし店頭で見かけたら絶対「買い」ってくらいおすすめです

最後まで読んでいただきありがとうございました

何かみなさんの参考になれば嬉しいです

ABOUT ME
opo85
キャンプ、登山、釣り、ウインタースポーツなどアウトドアが大好きな30代。小さい頃から大好きだったキャンプを中心にアウトドアを楽しんでいます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA