マット PR

レビュー【エバニュー・FPマット100】寝心地よりも「軽さ・コンパクトさ」にこだわる人におすすめの超薄型マット!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

こんにちは、opoです(opo_85)

  • 装備を今よりも軽量化させたい
  • コンパクトなクローズドセルマットを探している
  • 今使っているスリーピングマットの断熱性に不安がある/断熱性をブーストさせたい

そんな人にはエバニューFPmatがおすすめです!

この記事ではエバニュースリーピングマットFP mat100を使ってみた感想をお伝えしつつ、特徴やメリットなどを解説します

Fp matをメインのスリーピングマットとして眠れる人は相当な強者!

薄いので寝心地はかなりハードですが、抜群の収納性とコンパクトさが魅力!

バックパックの背面に忍ばせることのできる形状なので装備をコンパクトにしたい人や、断熱性をブーストさせたい人におすすめ!

EVERNEW・エバニューFPマット

基本情報(スペック)

サイズ100:1,000mm x 500mm
125:1,250mm x 500mm
厚さ5mm
素材PE
重量100:144.3g(実測値)
125:200g(カタログ表記)
原産国日本
R値不明
レビューレビューを見る

fpmat100はカタログ表記では160gですが、実際に量ってみると144.3gでしたカタログ表記より軽かったのはタナボタですね!

(おそらくですが、125cmも実際はもっと軽いことが予想されます)

FPマットの魅力

  • 折り畳むとバックパックに入るサイズ感
  • 薄いながらも固めなのでデコボコを感じにくい
  • すでに持っているマットの断熱性のブーストとして活用できる
created by Rinker
¥2,716 (2024/06/19 23:48:56時点 Amazon調べ-詳細)

使用インプレッション 

それでは早速FPmatの特徴をお伝えしながら実際に使ってみて感じていることを紹介します

折り畳むとバックパックの中に収納可能なサイズ感

FPマット100の収納時は厚さが2cmなのでバックパックの背面に入れることができます
  • 装備はできるだけ軽く・コンパクトにしたい

FPマットが気になっている人の多くはこんな事を考えているはずです(私もその一人)

クローズドセルマットはエアマットなどと比べてコンパクトにならず、かさばるのがデメリットです

FPマットもクローズドセルマットなので例外ではありません

ですが、

FPmatは厚さが5mmと薄く、しかもジャバラ式なので折り畳んだ状態でも薄いのが特徴で、バックパックの背面側などにに収納可能です

(バックパックの中に入れる事ができる)

サーマレストZライトソルと比較するとこんな感じ(Zライトソルはフルサイズなので参考程度でお考えください)

(折り畳む回数も少ないので幅は広くなりますが薄くなり、バックパックの中に収納する事ができます)
(全身をカバーできるサーマレストZライトソルとの比較)

フルサイズのマットは全身をカバーできますが厚みもあるのでマットはその分大きくなりかさばります

FP matをフレームの代わりすることもできる

FP matをバックパックの背面側に収納することでフレームレスのバックパックに安定感をもたらすことができるようになります

私は普段、パーゴワークスのバディ33のバックパックを使っています

バディ33はアルミフレームが入っていますが、取り外しできるので、FPmatを使う時はアルミフレームを外し、FPmatをフレーム代わりにしています

焚き火の前で座布団として使用!雪の上でも冷えは感じない!

FPマット100を二つ折りにした状態だとちょうど50cm x 50cmになります

この半分に折り畳んだ状態が座布団代わりにするのにちょうどよく、焚き火の前で座るときはいつもこうしています

(雪中キャンプの時・足先までマットにのせられるので冷えを感じにくく快適)

決して壊れない「頑丈さ」

クローズドセルマットのいいところは「頑丈さ」です

焚火の火の粉が飛ぼうが、硬い石に引っ掛けようが、ナイフが刺さろうが問題なく使用できます(傷はつきますが)

登山でもキャンプでもギアの「頑丈さ」は重要になってきます

エアマットではこうはいきません

エアマットの保護にもおすすめ

FPマットはエアマットと違いパンクのリスクがありません

パンクしたら使い物にならなくなってしまうエアマットを保護する役割もこなしてくれます

収納時も薄いから外付けしても邪魔になりにくい

FPマットは厚さが薄いため、バックパックの外にくくり付けても邪魔になりません

大きいマットをバックパックの外にくくりつけると大きく張り出すので歩行時に木の枝に引っかかったりすることがありますが、FPマットは薄いのでくくり付けても引っかかることが少ないです

バックパックの外にくくりつける事に対してのリスクが無くなるわけではないので注意は必要!

シートのように荷物を置いたりできて便利

休憩中にサッと広げれば座布団代わり、硬い地面でも快適に座れます

テント場での撤収時にはシートとして代用するのにも便利です!

重ねて使用することで断熱性をブーストできる

冬キャンプでは地面からの冷えを防ぐためにスリーピングマットを断熱性の高ものを使う必要があります

使っているスリーピングマットの断熱性に不安のある人はFPマットをプラスすることで断熱性を高めることができます

複数のスリーピングマットを重ねて使う事で断熱性を高めてくれるのでより寒い環境でも対応ができるようになります

(単体での使用では寒さを感じるような環境でも重ねることで断熱性を高める事ができる!)

単体での使用で感じる断熱性の限界について

エバニューのマットはR値の表記がされておらず、断熱性の高さを判別する事ができません

スリーピングマットとしてやっぱり気になるのは

「断熱性の高さ」と「寝心地」

ですよね

断熱性の限界ですが、上半身は厚さ9mmのマットでカバー、下半身にFPマット5mm)で寝た時に、外気温がおよそ5℃の環境で下半身に寒さを感じました

9月に八ヶ岳で使用した時、寝る前の気温が5℃ほどで、寝ていて寒さを感じました

下半身での使用で5℃くらいで寒さを感じたので、単体での使用時は5〜10℃くらいが限界かなと感じます

ちなみに、私の寒さへの耐性はそんなに高くないと思います(結構寒がりです)

created by Rinker
¥2,716 (2024/06/19 23:48:56時点 Amazon調べ-詳細)
R値とは

R値とは断熱性の高さを数値で表したもので、数値が高いマットほどより低温環境であっても使う事ができる断熱性能の高いマットと言えます
2020年に発足したR値測定規格「ASTM 3340」によって統一の測定・数値化されるようになりました
要するに、R値が算出されているマットは断熱性能の高さの判断がしやすいよってことです

統一の測定・数値化されたR値ですが、寒さへの耐性や感じ方は人によって違うので、参考程度に考えておいた方がいいです

R値についての考え方や、マットの選び方についてはこちらの記事で詳しく解説をしています

必要な長さにカットできる

FPマットに関わらず、必要に応じてカットして使うことができます(エアマットだとこうはいかない)

100cmのFPマットを購入し、下半身用として使うのであればよほど高身長の人でない限り、75cmにカットしても問題ないでしょう

created by Rinker
¥2,716 (2024/06/19 23:48:56時点 Amazon調べ-詳細)

ざんねんなところ

いいところばかりではありません

単体での使用時は寝心地がいいとは言えない

FPmatは厚さが5mmと薄く、コンパクトになるのはメリットですが、

単体での使用時は寝心地がいいとはいえません(個人差あり)

Fpmatは結構硬めのPEフォーム(ポリエチレンフォーム)でデコボコを感じにくいようになってはいますが、単体で使用するにはかなりハードで、これ単体で眠れる人はかなりの強者です

実際に寝てみるとデコボコは感じるし、薄くて硬いので寝心地を重視する人にはおすすめできません

フラットな土の地面で寝た時には畳の上で寝ているような感覚です(畳よりはちょっと暖かい)

FPマット単体で眠れるのは達人か侍くらい

FPmatを単体で使うならコンパクトさ重視にふりきったミニマリストか、畳のような硬いところで寝ることに慣れている侍のような人です

(侍のこと知らんけどイメージで)

全身がカバーできないので対策が必要 

(テントの裾の部分からは外が見える・機密性ゼロ)

そもそも単体での使用はハードなFPmatなわけですが、サイズは100cm(125cm

真夏などの気温が高い場合を除き、別のマットと組み合わせて使うのが基本になってきます

山と道・ミニマリストパッドと迷っている人へ

FPマット購入の検討をしている人は「山と道」のミニマリストパットとどっちにするかで迷っている人が多いと思います

私もその一人で、気になったのでどっちも使ってみました

ざっくり特徴を比べてみるとこんな感じ

FPマット100ミニマリストパッド
サイズ:100cm x 50cm x 5mm
質感:硬め
収納:ジャバラ式
重量144g(実測)
サイズ:100cm x 50cm x 5mm
質感:柔らかい
収納:ロール式
重量58.1g(実測)

選ぶ要素としては「重量」と「タフさ」になると思います

ミニマリストパッドは同じサイズですが実測値で58.1gとFPマットの半分以下で驚異的な軽さです

FPマットは質感は固く、頑丈でタフです(手荒に使ってますが傷無し)

断熱性についてはどちらも厚さ5ミリで大差はないです

どちらのマットも単体使用するには薄くてハードですが、どっちか一つを持って行くのであればFPマットを選びます(軽さも重要だけど壊れないタフさも重要)

created by Rinker
¥2,716 (2024/06/19 23:48:56時点 Amazon調べ-詳細)

終わりに 

FPマットはこんな人におすすめ
  • 装備を軽量化させたい人
  • 冬キャンプ・雪山登山で保温力をブーストさせたい人
  • 硬い地面でも問題なく眠れる強者

エバニューのFPマットを紹介しました

薄くて使い勝手のいいマットですが薄さゆえに寝心地が良くなかったりちょっとクセの強いマットですが、私はいつも装備の中にFPmatがいます

用途に合わせて最適なマットを選んで快適にキャンプをしましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました

created by Rinker
¥2,716 (2024/06/19 23:48:56時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥2,913 (2024/06/19 14:47:30時点 Amazon調べ-詳細)
ABOUT ME
opo85
キャンプ、登山、釣り、ウインタースポーツなどアウトドアが大好きな30代。小さい頃から大好きだったキャンプを中心にアウトドアを楽しんでいます。
パタゴニア

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA