スリーピング

【NEMO】ニーモ・ロングボウのエアマットを選んだ理由

こんにちは、opoです。

本日はエアマットの紹介です。

選び方のポイントとNEMOのエアマットにした理由を紹介します。

  • エアマットを探している
  • サーマレストと迷っている
  • ニーモのエアマットがどうか知りたい 

そんな人はぜひ読んでみてください

何かみなさんの道具選びの参考になれば嬉しいです。

選ぶときのポイント 

スリーピングマットはR値という断熱性を表す数値があり、高ければ高いほど断熱性が高く、地面からの冷気を遮断してくれます。真冬などは地面からの冷気をしっかり遮断しないと、寝袋に入っていても寒くて眠れない。なんてことがあるので冬にキャンプや登山するときはすごく重要です。

こちらはサーマレストのホームページから抜粋した表です。R値に対して適した環境の図。

目安にするといいと思います。

https://www.e-mot.co.jp/therm-a-rest/product.asp?id=620

行く場所にもよるとは思うのですが、冬にキャンプをするならR値が4以上のものを選んだほうが安心ですね。

なぜNEMOにしたか

私はNEMOのロングボウアルパインというエアマットを使っています。

ロングボウアルパインはR値が4.8と高く、厳冬期の登山で使うにも十分に対応が可能です。

使った感想ですが、マイナス10度近い環境でのキャンプでも全く寒くありませんでした。しっかり断熱してくれます。もっと寒くても全然いけると思います。

私がNEMOのエアマットにした理由は4つあります。

コンパクトさ

コンパクトさを重視しました。

サーマレストのネオエアーXライト、ネオエアーXサーモと悩んでいましたが、レギュラーサイズの中で収納サイズが一番コンパクトでした。

収納サイズは20×Φ8㎝で重さは515g。

最軽量ではありませんがコンパクトさは一番。

ちなみにR値はサーマレストのネオエアーXサーモの方が高いです。

ガサガサ音の少なさ

断熱するための素材が入っているのでそれが擦れる時にガサガサと音がなります。

サーマレストと比べてそのガサガサ音が少なかったように感じたのでNEMOにしました。

opo

ちなみに、買う前に気になっていたガサガサ音ですが、実際に寝袋に入ってエアマットで寝るとガサガサ音はほとんど気にならなかったです。

値段

サーマレストのネオエアーXサーモと比べてNEMOの方が安かったのもポイントでした。

もちろんサーマレストの方がハイスペックで、R値も高いのですが、厳冬期のアルプスに行ったりはしないのでそこまでハイスペックなものは私には必要なかったし、NEMOのマットでも十分でオーバースペックすぎるくらいなので値段の安い方にしました。

しかしいつかは厳冬期のアルプスにチャレンジしてみたいとう夢は捨てていません。

コンセプトに魅力を感じた

ロングボウアルパインはハンターとアングラーのためにデザインされたマットだそうです。

ハンターとアングラーのためってなんかカッコよくないですか?

ちなみに現在はロングボウシリーズはなくなってしまったようで、一番近いスペックはテンサーアルパインというエアマットです。

こんな人におすすめ

  • コンパクトさを重視する人
  • 冬もソロキャンプ行く人
  • クローズドセルマットで寒いと感じたことのある人
  • バックパックでキャンプに行く人
  • 登山もやる人 
  • 釣り行く人

終わりに 

いかがでしたでしょうか。

探せばアマゾンなんかでもっと安価で手にはいるエアマットがたくさんあったりしますが、私は登山メーカーのエアマットに信頼と安心を感じているので買ってよかったと思っています。

冬は寒さが厳しく、キャンプに行く人は少ないかもしれませんが、キャンプ場も空いているし、空気は澄んで星空は綺麗だし、魅力はたくさんです。

防寒対策をしっかりすれば冬でも楽しくキャンプできます。

何かみなさんの道具選びの参考になれば嬉しいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

他にも私が使っているスリーピングマットの紹介をしているのでよかったら読んでみてください。

ABOUT ME
opo85
キャンプ、登山、釣り、ウインタースポーツなどアウトドアが大好きな30代。小さい頃から大好きだったキャンプを中心にアウトドアを楽しんでいます。