ノウハウ

購入後の【鉄板・スキレット】シーズニング方法

こんにちは、opoです。(opo_85)

本日は鉄板やスキレットの使用前のシーズニング(下準備)の紹介です。

鉄板やスキレットなどは購入時は防錆塗装がされていることがほとんどで、使用前にその塗装をしっかりと落とし、油膜を形成させていくことで使える状態にする必要があります。

本日は私が実際にシーズニングをした手順を紹介します。

  • 鉄板やスキレッドを購入した
  • シーズニングの方法が知りたい 
  • シーズニングに必要なものが知りたい

何か皆さんの参考になればうれしいです。

用意するもの

用意するものは以下の通り

  • 鉄板
  • ガスバーナー
  • 野菜くず
  • 手袋

ガスバーナー

火力が強い方がいいのでガスバーナーがおすすめです。

アルコールストーブとかでも代用できると思いますが、火力が弱い分時間がかかると思います。

野菜くず

シーズニングの時に野菜くずを炒めることで鉄臭さが少なくなるのと、油膜形成を早くするためです。

用意する野菜は玉ねぎや人参など香りが強い方がいいようですが、私は何でも大丈夫だと思っています。

私が使用したのはキャベツです。

油膜を形成するためと、シーズニング後にサビ防止に使います。

使う油はなんでもいいです。サラダ油でもオリーブオイルでも。

私はオリーブオイルを使っていますが、サラダ油などなんでもOK

要は鉄板に膜をつくれればOKです。

油を均等になじませるためにコットンの布(Tシャツの切れ端など)があるとより便利です。

なければキッチンペーパーでもOKです

手袋

火傷に注意が必要なので必ず手袋をしましょう。加熱直後は手袋をしていても熱いので気をつけて下さい。

シーズニング手順・簡単6ステップ

  1. 鉄板の色が変わるまで空焚きする
  2. しっかり洗う
  3. 再加熱
  4. 野菜クズを炒める
  5. もう一度洗う
  6. 空焚きする 

鉄板の色が変わるまで空焚きする。

何もつけずに加熱します。空焚きすることで防錆材などを焼き切ります。

空焚きしてしばらくすると色が白っぽく変わってきます

加熱していくと煙が少し出ますが、だんだんと鉄板の色が変わっていきます。鉄板の色が変わりきるまで空焚きしてください。

しっかり洗う

鉄板が冷めたら中性洗剤でしっかり洗いましょう。今回シーズニングした鉄板は3.2ミリで、15分くらいで冷めました。もっと分厚い鉄板は冷めるのに時間がかかるので、時間に余裕のあるときにやるのがいいと思います。

くれぐれも火傷には注意です。

再加熱 

もう一度火にかけて、油を薄く塗り加熱します。

煙が出ますが、煙が出なくなるまで加熱します。

私は自宅のキッチンで行いましたが、独特の臭いがすごいので屋外でできる人は外でやることをおすすめします。自宅でやるときはしっかり換気しましょう。

opo

換気扇を回しながらやったけれど、部屋に臭いが充満してしまいました。自宅でやるときは窓も開けるなど対策しましょう。

野菜くずを炒める 

一度冷まして、今度は多めに油を塗り、加熱してから野菜クズを炒める。

野菜くずを炒めるのは油膜の形成を効率的に行うためらしく、油が劣化することで油膜になり、その油膜を重ねていくことを俗に”育てる”というようです。

また野菜くずを炒めることで初期の鉄臭さを少なくさせる効果もあるようです。

もし野菜くずが用意できない場合は油だけでもOKです。鉄板に油を塗り、加熱させてシーズニングしていきます。

もう一度洗う 

鉄板が冷めたらもう一度中性洗剤で洗います。

空焚き 

もう一度空焚きをして水分を完全にとばしたら冷ましてオリーブオイルを全体に塗ります。

裏面にも油を塗布しておきましょう。

最後に油を塗った後の状態です

これでシーズニングは終わりです。使える状態になったのでここからはガンガン使って油膜を形成して、鉄板を育てましょう。

初めて使用した時の写真です。

鉄板で焼くと柔らかく美味しく焼けます

メンテナンス方法 

使い込む中でのメンテナンスですが、基本的には洗剤で洗うのはNGとされています。形成した油膜が洗剤で洗うことで落ちてしまうためです。

私の場合、以下の順でメンテナンスしています

  1. 使用後は鉄のブラシや、ヘラで大きな汚れやコゲを落とす
  2. 火にかけて加熱
  3. 油を全体になじませる(オリーブオイルを使っていますが、なんでもいいと思います)
  4. 冷ましたらもう一度お油を塗る(裏面にも塗ります)

もっとしっかりメンテナンスする方法もあるようですが、面倒くさがりな私ができる方法は上記の簡単メンテナンスです。そんなに時間もかからないのでおすすめです。

終わりに 

いかがでしたでしょうか。

私が実際にやっているスキレットと鉄板のシーズニングの方法を紹介しました。

スキレットや鉄板はよく“育てる”と言ったりします。

これは油など劣化することで油膜を作り、その油膜が重なることで使いやすくなるからです。

シーズニングをしたらガンガン使い込んで鉄板を育ててみてはいかがでしょうか?

キャンプ道具の手入れって手間がかかり、面倒に思うこともあります。

ですが手間をかけて使いこむうちに愛着も増してきます。

そんな道具を持ってキャンプに行くのは楽しいですよね。

何かみなさんの参考になればうれしいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ABOUT ME
opo85
キャンプ、登山、釣り、ウインタースポーツなどアウトドアが大好きな30代。小さい頃から大好きだったキャンプを中心にアウトドアを楽しんでいます。