南関東・山梨 PR

神奈川県【城山・563m】相模湾が一望できる|絶景の山|気軽に行ける低山登山

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

こんにちは、opoです(opo_85)

神奈川県・湯河原町の城山(563m)に登ってきたのでレポートします

  • 登山に興味があるけどいきなり長時間歩くのに不安がある
  • さくっと登れる山ないかな
  • 山頂で綺麗な景色を見たい
  • 子供と気軽にハイキングできる場所ないかな

城山はそんな人におすすめの山でした

この記事では城山の私が登ったルート、ポイントや見どころを解説します

何かみなさんの登山計画のの役に立てば嬉しいです

神奈川県・湯河原町【城山・563m】

神奈川県足柄下郡、湯河原町にある「城山」に登ってきました

標高は563mでゆっくり登っても3時間とすこしで往復することができる山です

サクッと気軽に登山をするのにおすすめ!

(城山という名前の山はたくさんありますので混乱してしまいがちです)

コース概要

コース概要

幕山公園駐車場 → 幕山登山口 → ししどの窟(いわや) → 椿台 → 城山山頂 → 椿台 → 幕山登山口 → 幕山公園駐車場

城山 / opoさんの城山(神奈川県足柄下郡湯河原町)の活動データ | YAMAP / ヤマップ

実際はゴール地点とスタート地点は同じです(活動終了しないままコンビニまで車で走ってしまったのでスタート地点とゴール地点の場所が違うことになってしまいました)

駐車場情報 

駐車場は幕山公園の駐車場を利用する事ができます

全部で4つの駐車場がありますが1番近い駐車場は公園利用をする人たちが使っているので少し離れた駐車場に停車しましょう(第2、第3駐車場がおすすめ)

駐車場には自動販売機もあるので飲み物を買い忘れてしまった人はここで買いましょう

幕山公園にはクライミングが楽しめる岩場があったりするので、登山者よりもクライマーさんの方が多かったです

コース・ポイント紹介

駐車場からスタートして幕山公園内をしばらく歩くと山の神の祠(ほこら)があります

その祠とは反対方向に行くと椿台までの登山道です(そのまま行ってしまうと幕山方面です)

しばらく林道を歩くと登山道に入りますが、登山道は狭く、一人が歩くことができるくらいです

私は平日にいったので登山中は誰ともすれ違いませんでした

前半の登りはそこまでキツくはありません

静かな森の中を気持ちよく歩く事ができます

冬は枯れ葉がおおく、滑らないように注意しましょう

さらに行くと、道幅がさらに狭くなり、切り立った崖の近くを歩く場所では鎖が用意されているところもあります

ゆっくりと進みましょう

難所と言えるような場所はほとんどありませんが、2箇所ほど倒木が登山道にあり、避ける必要があります

道幅はそこまで広くないので慎重に

幕山登山口から50分ほどで分岐に差し掛かります

椿台方面(城山に行くならこっち)とししどの窟(いわや)方面です

ししどの窟までは50mほどなので休憩も兼ねてぜひ立ち寄ってみてください

ししどの窟はものすごく大きな岩の下にいくつものお地蔵様がありました

岩の大きさにはびっくりしますよ、迫力満点です

ししどの窟からは舗装路を歩きます

勾配は登山道よりもキツく、舗装路ですが登山道を歩くよりも息が上がりました

登りきると城山隧道があり、抜けると椿台です

城山隧道を抜けるとそこからは景色がひらけてきます

椿台には駐車場があります(10台くらい)

湯河原から箱根までのドライビングコース「椿ライン」の途中の駐車場で、椿ラインをそこからさらに進むと大観山にいきます

大観山は富士山と芦ノ湖が綺麗にみえる絶景スポットです

椿台にはトイレもあります

城山山頂にはトイレはないのでここで済ませておきましょう

トイレの裏手側に城山への登山道が続いています

車が一台通れるほどの幅があり、傾斜も緩やかで、日差しがたっぷりなので気持ちよく歩く事ができます

私が登ったのは1月だったので日差しは気持ちよかったですが、5月〜11月は気温も高く、日差しも強いので日焼けに注意が必要です

しばらく歩くと小さいですが広場があり、ベンチも設置されています(気があるため景色はよくない)

ベンチのある広場から緩やかな登山道を10〜15分ほどすすんでいくと城山の山頂に到着です

城山山頂からは相模湾を一望することができ、眼下には湯河原の街もみることができます

視界が良い日には初島、その奥に大島も見ることができます

屋根のある休憩所もあるので、日差しが強い時や天候が悪い時にはここで休憩することができます

今回のゴールは城山なので、ここから帰りは来た道を戻ります

山頂でのコーヒーはインスタントでも格別

平日だったこともあり、山頂は貸切でした

風が強い日などには山頂に長居しないこともあるのですが、この日は風もなく1月でもポカポカだったのでお湯を沸かしてコーヒーを飲みました

ハイキングの時は軽量で折り畳むとコンパクトになるウィルドゥ フォールダーカップを持っていく事が多いです

湯沸かしにはトランギアのアルコールバーナー

真冬の雪山などにはアルコールストーブは向きませんが低山ならこれで十分

調理するわけでもなく、湯沸かしだけならアルコールバーナーがおすすめです

トランギアのアルコールバーナーについてはこちらで詳しく解説していますのでご覧ください

椿台からの登山で子供に登山体験させるのもおすすめ! 

  • 子供に登山を体験させてみたいけど不安
  • 長い道のりで道中にグズったらどうしよう

子供と一緒に登山をしてみたいと思っている人にも城山はおすすめ!

椿台まで車で来てしまえば山頂までは30分です(子供の足だと45分くらい)

私自身、二人の子供がいますが、登山中のトラブルやグズってしまった時のことをかんがえるとなかなか登山に連れていくことができないでいます

45分くらいで登れる山ならたとえ途中で引き返したとしてもすぐに戻ってこれますし、お試しとしてはちょうどいい山です

見どころはししどの窟と城山山頂からの景色

湯河原・城山の見所は二つ、

ししどの窟と城山山頂からの景色です

椿台方面との分岐地点からししどの窟までにも大きな岩の下にお地蔵様が点在していてその存在感と迫力がすごい!

50m登るとししどの窟です

先述した通り、大迫力です

私が立ち寄った時には誰もいなかったこともあり、より迫力とパワーを感じました

もう一つの見所は城山山頂からの景色です

登山をスタートしてから前半は椿台までほとんどひらけた景色のいい場所はないので山頂からの景色は特に特別に感じるものがあります

そんなに難所もなく山頂までこれるのでナイトハイクをして朝日を見るのにもおすすめです

登山後の見どころはいっぱい!

城山のある湯河原町は登山後の見どころいっぱいです

  • 登山後に箱根観光
  • 湯河原で温泉を楽しむ
  • 南下して伊豆(熱海)を楽しむ 

湯河原は箱根や伊豆へのアクセスがいいため、サクッと登山をした後に箱根や伊豆に寄り道をすることもできます

湯河原の町も有名な温泉地なので登山後に温泉に入って帰るのもアリです

駐車場の幕山公園から1番近い温泉施設は「ゆとろ嵯峨沢の湯」です

(嵯峨沢はさがさわと読みます)

日帰り入浴の場合、入浴料は大人1255円、小人600円(税別)です

(入浴料金は2023年2月に調べたものです)

他にも湯河原にはたくさんの温泉施設があるので楽しんで帰るもいいですね

ちょっと残念なポイント

城山登山で残念だったポイントは

  • 街と近いこと
  • 走り屋、バイカーのエンジン音

これは低山あるあるなんですけど、

街と近いので思い切り自然を感じたい人には物足りなさがあります

また、ドライブコースとして有名な椿ラインは、「○文字D」のモデルにもなった峠道です

カスタムしたスポーツカーやバイクがドライブを楽しんでいるので走行音が聞こえてきます

頻度はそこまで多くは無いのですが、静かにゆったりと登山をしたい人には向いていません

ちょっと登山を体験させて、山頂での景色を楽しむにはちょうどいい山です

最寄りのコンビニ・スーパー

車で行く場合、幕山公園に行く途中にセブンイレブン湯河原鍛冶屋店があります

現地近くで食べ物や飲み物を購入する場合、ここのコンビニで買い出ししましょう

箱根方面、大観山経由で来る場合は注意!

箱根経由で箱根新道や大観山から来る場合にはコンビニやスーパーがないので注意が必要です

その場合は自宅近隣のコンビニやスーパーで買い出しを済ませてから出発しましょう!

おすすめの季節は11月〜3月

標高は563mと低いので夏などの暑い季節に行くのはおすすめできません

行くなら11月以降の季節がおすすめです

私が行ったのは1月でしたが、雪もなく、快適に登る事ができました

それでも晴れていて気温が10℃以上になっていたので山頂についたときにはかなりの汗をかいてしまいました

冬は低山でも登山道に雪がある場合があります。かならず軽アイゼンやチェーンスパイクなどは携帯しましょう

おわりに

神奈川県、湯河原町の城山に登ってきた記録でした

これからハイキングを始めてみたいと思っている人や、サクッとハイキングを楽しみたい人におすすめです!

何かみなさんのハイキングや登山の参考になれば嬉しいです

最後まで読んでいただきありがとうございました

ABOUT ME
opo85
キャンプ、登山、釣り、ウインタースポーツなどアウトドアが大好きな30代。小さい頃から大好きだったキャンプを中心にアウトドアを楽しんでいます。
パタゴニア

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA