ノウハウ

暖房器具がなくても楽しめる【冬キャンプ】失敗しないための対策・5選

こんにちは、opoです。(opo_85)

私は冬もキャンプにいきます。

道具はバックパック1つにまとめ、電源のない状態でキャンプをする事がほとんどです。

薪ストーブも持っていません。(本音は薪ストーブは欲しいのですが、重いのと、ザック1つでキャンプに行くのが難しくなってしまうので手を出していません。)

“なんで寒い冬にわざわざキャンプなんか・・・”そう思う人も少なくありません。

ですが冬のキャンプは焚き火の暖かさを感じることができたり、人が少なかったり、空気が澄んでいるので星空が綺麗だったりと魅力も沢山あります。

私はこれまでマイナス10℃の環境でキャンプをしたり、冬の雨のキャンプで辛い思いをしたり、雪の中キャンプしたりしてきました。そんな私が実践している寒さ対策を紹介します。

  • 冬もキャンプしたい
  • 寒さ対策が不安だ
  • 持っていくと便利なものがしりたい

そんな悩みを持つ人には参考になるかと思います。

何かみなさんの寒さ対策の参考になれば嬉しいです。

対策1.インナーシュラフ・シュラフカバー 

インナーシュラフ

インナーシュラフを使用することで寝袋をパワーアップさせることができます。

より寒いところにキャンプに行く時などにはおすすめの対策です。またインナーシュラフは寝袋本体を汚れから守る効果もあります。

寝袋だけでは不安な時に頼りになる存在で、私も真冬には持っていく時もあります。

opo

注意点としては購入前にインナーのジッパーがどちらについているか確認しましょう。インナーが左ジッパーで寝袋が右ジッパーとかだと地味にめんどくさいです。

いっそのこと、ジッパーのないインナーを選ぶのも手です。

私はシートゥサミットのサーモリアクターを使用していますがジッパーはありません

ですがそんなに不便に感じることはないですよ。

シュラフカバー 

インナーに続き紹介するのはシュラフカバー、本来これは防水性を高めるもので、寝袋を結露などで濡れることから守ってくれるものだったりしますが、私は保温性も上がると思っています。

おすすめはSOLのエスケープヴィヴィです。非常用としても使えますし、価格もリーズナブルで、防災用としても使えます。

内側はアルミ蒸着加工で体熱を反射してくれるようになっているので保温性もあがります。

登山での縦走なども視野に入れるなら山岳用のカバーがオススメです。

ゴアテックス製なので高い防水性と透湿性の効果があります。カバーをつけることによる蒸れなどを少しでも軽減させたい人にはおすすめです。

opo

注意点は2つ。1つ目はインナーと同じでジッパーの向きに気をつけましょう。2つ目はサイズです。カバーが小さいと、寝袋本体のロフトを潰してしまい、保温性が損なわれてしまうことがあるので気をつけましょう。

 

opo

インナーシュラフやカバーは寒さ対策として使えるだけでなく、暑い時期に単体で使うのにも便利です。持っていると重宝しますよ。

対策2.ウエア

インナー(アンダーウエア) 

防寒といえばダウンやフリースが効果的で保温性も高いです。ですが私はインナーから見直すことも強くおすすめします。アウトドアブランドが作るインナーは正直感動するレベルですごいです。ダウンよりもコスパもいい防寒対策です。

メリノウールのインナーは着心地もよく特におすすめです。

ダウン・フリース

ダウンやフリースは必需品です。インナーウエアのおすすめをしましたが、ダウンは冬キャンプには必須アイテム。保温性が高く、コンパクトになるダウン製品は絶対に持って行きます。

ダウン 

焚き火の前で過ごす時だけではなく、寝る時に万が一寒い場合にはダウンを着て寝ることで寒さを凌げます。実際にマイナス10℃くらいの環境でキャンプした時にはダウンを着て寝ました。

私が使っているダウンはユニクロのウルトラライトダウンです。

高価なダウンでなくてもいいと思っています。

保温性の高い高価なダウンは最強だとは思いますが、焚き火をすると火の粉が飛んできて焦げたり穴が空く可能性があります。もし高価なダウンを着ていて穴が空いたらと考えるとキャンプを楽しむ所ではありません。

ユニクロのダウンでも十分に暖かいですし、コスパもいいので大満足・おすすめです。

640フィルパワーのダウンを使用していて高い保温性です。

コストと品質に大満足のダウンです。

フリース 

フリースも防寒におすすめです。ダウンだけで防寒しようとするのは危険です。

ダウンとフリースを併用するのがおすすめです。

手袋

指先が出ているウール手袋もおすすめです。指先がでているので設営・撤収の時にもつけたまま作業が可能ですので防寒できます。

焚き火をするので革手袋や軍手は必ず持っていくと思いますが、革手袋・軍手との併用がおすすめです。

created by Rinker
¥2,090 (2022/10/01 20:00:13時点 Amazon調べ-詳細)

バラクラバ(ネックウォーマー)

バラクラバというのをご存じですか?ネックウォーマーが頭まで繋がっていて目意外を覆えるものです。

映画で強盗団がつけてるようなやつです。

見た目はアレですが保温性は抜群です。アウトドアブランドから発売されているものはフリース素材で軽量・コンパクトなのでバックの隙間に入れることができます。私はスノーボードの時に使っているものを併用しています。

対策3.ウールブランケット

ウールブランケットも使い勝手がよく、地面に敷いて下からの冷えを防いだり、肩からかけてくるまったりすることで寒さを凌げます。

ウールブランケットは重いしかさばるのでコンパクトさや重量を気にする時には持って行きませんが雰囲気抜群の道具でもあると思っています。

私が使っているのは軍モノのレプリカです。それと大判のストール的なものを使っています。

対策4.湯たんぽ

湯たんぽも効果は抜群です。私はステンレスボトルを水筒兼、湯たんぽとして使っています。

熱湯を入れてそのままだと熱いのでタオルを巻いたりする必要があります。私はタオルを巻いてコットンの袋に入れて湯たんぽとして使っています。

シングルウォールのステンレスボトルは直火にもかけることができるので重宝します。氷点下になっている時はウォータータンクに入れている水も凍ってしまいます。ですがステンレスボトルがあればそのまま火にかけられるのもいいところ。

寝る時は湯たんぽとして使い、翌朝はそのままお湯を沸かしてコーヒーを飲めば一台二役です。

注意点として、キャップをしっかり締めたか確認しましょう。以前キャップがしっかり締まっておらず、シュラフが濡れてしまって辛い経験をした事があります。くれぐれも注意が必要です。

 

opo

注意点として、キャップをしっかり締めたか確認しましょう。以前キャップがしっかり締まっておらず、シュラフが濡れてしまって辛い経験をした事があります。くれぐれも注意が必要です。

対策5.カイロ

最後の対策は文明の利器”カイロ”です。

真冬には重宝すること間違いなしです。私がいつも使っているのは小林製薬から発売されているマグマといういかにも暖かそうなネーミングのカイロです。

実際に使っていますが、通常のカイロよりも熱いと思います。通常のカイロを使った時は寒すぎてなかなかカイロが発熱しない時がありますがマグマはしっかり発熱してくれます。

終わりに

いかがでしたでしょうか。

冬の寒さ対策5選でした。冬はどうしても荷物は多くなってしまいがちですが、対策をしっかりして冬キャンプをたのしみましょう。

何かみなさんの参考になれば嬉しいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

本日紹介した商品

created by Rinker
¥7,300 (2022/10/01 15:36:44時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥2,090 (2022/10/01 20:00:13時点 Amazon調べ-詳細)
ABOUT ME
opo85
キャンプ、登山、釣り、ウインタースポーツなどアウトドアが大好きな30代。小さい頃から大好きだったキャンプを中心にアウトドアを楽しんでいます。