登山

【レビュー】パーゴワークス・バディ33はおもしろいだけじゃない・前編

こんにちは、opoです(opo_85)

バックパックの買い替えを考えている人でパーゴワークスのバディ33が気になっている人はいませんか

パーゴワークス・バディ33について、

  • 詳しく知りたい
  • 機能について知りたい
  • サイズ感しりたい
  • 多機能なバックパックをさがしている
  • 人と被らないバックパック探している

本日はパーゴワークス・バディ33の紹介です

私は釣りや登山、普段使いで使えるようなバックパックを探していて、バディ33に出会いました

ユニークで多機能すぎるバディ33が気になっている人は是非読んでみてください

多機能で、拡張性があり、万能さにきっと驚きますよ

かなりのボリュームになってしまったので前編と後編に分けて紹介します

前編ではバディ33の特徴・機能についての紹介です

何かみなさんのバックパック選びの参考になれば嬉しいです

特徴・機能 

パーゴワークスのバディ33は本当に驚くほど多機能です

パーゴワークスとは

opo

そもそもパーゴワークスって何?って思った人もいるはず

パーゴワークスは2011年にスタートした日本のアウトドアブランドです

震災でみんながアウトドアから遠ざかっていた時、Pack and Go!(荷物を詰め込んで出かけよう!)という意味を込めて、PAAGOWORKSと言うブランド名になったそうです

商品もバックパックだけでなく、テントやタープから焚き火台などのキャンプギアもあればジョギングからアドベンチャーレースに対応できるようなギアも扱っていたり、どれもすごくユニークなこだわりが詰まった商品になっていて、たくさんのラインナップがあります

opo

商品名に”ニンジャ”が付いているものも多いです

“ニンジャテント””ニンジャタープ”など日本発のアウトドアブランドらしいネーミングになっています

パーゴワークスについて詳しくはこちらから

パーゴワークス・BUDDY33(バディ33) 

サイズ:600x250x250 mm

容量:33L

重量:1100g

主素材:ナイロン 330D テフロンコーティング

カラー:ダークベージュ、アーバングレー

パーゴワークス PaaGO Works バディ33 BUDDY33

サイズ感 

登山 

山小屋泊の一泊なら十分対応可能です(暖かい時期)

テント泊でも夏ならギリギリってところです

私の場合、かなり荷物を絞っていけば一泊ならいけるかなってサイズ感です

ULハイカーなら十分な容量かもですね

私の場合、縦走で使うのは難しいでしょう

渓流釣り 

渓流釣りでも、日帰りであればウェーディングシューズをバックパックの中に入れていける十分な容量です

泊まりがけでは厳しいです

キャンプ 

キャンプを楽しむには少し小さいです

真夏であれば荷物は収まりますが、秋から冬は防寒着や寝袋で荷物も大きくなりますのでもう少し大きいバックパックが必要です

普段使い 

容量が33リットルなので普段使いには大きいくらいですが、私の場合、買い物の時にも背負っていくのでこの容量はありがたいです

特徴・機能の詳細

はじめに紹介した通り多機能なバディ33です

その機能の詳細を紹介します

ジッパーのない出し入れの用意なフロントポケット

外側に付いているジッパーのないポケットはフック一つで止めてあるだけなので出し入れが容易

容量も見た目以上で、脱ぎ着するウエアや雨具、行動食などガンガン詰めこめます

フックはカラビナのようになっているのですぐに外れてしまう、なんてことはありません

フックの取り付けベルトはループになっているので荷物によって位置を調整することができるのでバタつき防止になります

アクセスしやすいトップポケット 

ここも容量があるので雨具などすぐに取り出したい物を入れることができます

両側にあるボトルが2本入るサイドポケット

 

ボトルを2本差し込めるサイドポケットが両側についています

この容量は嬉しいですね

釣りの時には釣竿ホルダーを差し込んだりもできます

サーマレストのZシートを入れておけばちょっと休憩の時にサッと出せるので便利です

トップポケット裏にもあるポケット

 

トップポケットの裏側にもポケットがあり、使用頻度の低い小物などを入れておくのに便利

ボトムポケット 

背負ったままでも取り出しやすいボトムポケットにはザックカバーを入れたり、スパッツを入れたりできます

メイン収納 

 

上部から大きく開くメイン収納は出し入れがしやすい

メイン収納内のメッシュポケット・背面ポケット

脱着可能な背面パッド

背面パッドが容易に外せます

これは私の中では嬉しい機能でした

購入のきっかけになった機能とも言えます

背面パッドは釣りや登山をしていると汗で濡れてきます

特に暖かい時期は汗で濡れてそれが不快に思うことも多いですが、背面パッドが容易に外せる事で、休憩時などに乾かしたりする事が可能です

脱着可能なヒップベルト

ヒップベルトが外せるのも嬉しい機能です

日常的にも使用する場合、ヒップベルトって邪魔だったりしませんか?

そんな時は外しておく事で邪魔になりません

opo

ただし、ヒップベルトの脱着はちょっと面倒です

意外と大変でした

調整が簡単なチェストベルト

無段階で好きなところで調整できるチェストベルト

調整も用意なので便利です

しかもチェストベルトはゴムになっていてテンションがかかるので締め付けすぎず、程よい感じになっています

好きな位置に付け替えができるサイドストラップ 

バックパックの中に入れている荷物をずれにくくするためのサイドストラップですが、それだけではなく、ストックやポール、釣竿などをホールドするのにも便利です

そしてそのサイドストラップは簡単に好きなところに位置を変えることができるのも大きな特徴です

マットなどを挟み込むことができるスタビライザーベルト 

上部にはマットやテント・上着などの荷物を挟み込むことのできるベルトがついています

そしてそのベルトは背負うためのショルダーベルトに連結、荷物を背中に密着させるためのスタビライザーベルトとしても使えます

脱着は容易なので脱いだ上着などを丸めて収納できます

スリーピングマットなどを挟み込んでおくことも可能

ただし、挟み込めるのは限界があります

ちなみにサーマレストのフルサイズのスリーピングマットは無理でした

後編予告 

後編ではデザイン・設計についてや使ってみて気づく便利なところ・拡張性について紹介します

おわりに

いかがでしたでしょうか

前編の機能の紹介は以上になります

多機能で万能、拡張性もあるバックパックを探してるならおすすめです

最後まで読んでいただきありがとうございました

後編も是非お楽しみに

パーゴワークス PaaGO Works バディ33 BUDDY33


ABOUT ME
opo85
キャンプ、登山、釣り、ウインタースポーツなどアウトドアが大好きな30代。小さい頃から大好きだったキャンプを中心にアウトドアを楽しんでいます。